悪女の定義

悪女の定義ネタバレ8話最新話と感想!侍女が付かない

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」8話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリーンに身分違いの侍女が付いたことに動揺する芙美。

自分には誰かが付く気配もなく、行動を起こすことにします。

悪女の定義8話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ8話最新話と感想!侍女が付かない

侍女問題

侍女とは女中とは違い、雑用などではなく仕事の補佐を行う人であり、高貴な家柄特有の存在です。

プランチェット伯爵夫人は、アイリーンの侍女として宮廷に招かれました。

 

問題なのは、アイリーンよりもプランチェット伯爵夫人の方が、家柄が上であるということです。

レジーナとはいえども、身分制度が厳しい時代に、上の身分の人が下の身分の人の侍女として付くことはあり得ません。

芙美と乳母は、何が起こっているのかと動揺します。

 

乳母が言うには、侍女が付く過程は、まず家が侍女候補をリストアップし、そこから皇太子の承認を得る流れとなっているそうです。

それを聞いた芙美は、アイリーンの家が候補として挙げたのではなく、皇太子の指示によってこのような事態になったのだろうと推測しました。

そして、シャルティアナにはまだ侍女が付けられていないことは、一つの大きな問題でした。

じっとしていられない!

プランチェット伯爵夫人に会ってから一週間が経ちましたが、まだ芙美には侍女が付きません。

レジーナは侍女がいないと行動が制限されるため、部屋の中で静かに過ごすしかありませんでした。

 

そんな一週間の中で、芙美は1つのことに気付きます。

それは、侍女が付くということは、侍女の家がそのレジーナの家を支持するという意味を持つことです。

 

アイリーンのステナ家自体はあまり力を持っていませんが、プランチェット家は身分の高い家です。

このようなことが何度も続けば、シャルティアナのカイロン家がいかに良家であろうと、厳しい立場に追い込まれてしまう可能性があります。

 

そうと気付いた芙美はじっとなんてしていられません。

自分の宮廷での立場は、大切な家族の立場にも影響を与えてしまうのです。

なんとか状況を打破するため、単独行動をとることを決めます。

単独行動

芙美は1人部屋を出て、庭園へ向かいます。

その途中、ある召使いがなぜ1人なのかと声をかけてくれました。

 

芙美はここぞとばかりに、自分にまだ侍女が付いていないことを嘆きます。

この会話こそが芙美の目的の一つでした。

敢えて単独行動をとることで、宮廷の人々の目に留まり、侍女問題を明るみに出そうとしたのです。

 

単独行動の目的はもう一つありました。

それは、図書館へ向かい、父に偶然会うことです。

無事に再会し、久々の再会を喜びますが、あまり長居もできません。

 

さっそく自分の侍女はどうなっているのかを尋ねると、皇太子が承認をしないがために、話が進んでいないとのことでした。

単独行動の意図を話し、これ以上無視はできないはずだと伝えると、父は賢いやり方だと褒めてはくれましたが、問題に巻き込まれている娘を心配し抱きしめます。

もう一度申請すると言う父に対し、皇太子は何人かスパイを忍ばせたいはずだから、皇太子自身に選ばせれば良いと答えます。

 

また、カイロン家が冷遇されているのは理由があるのかを尋ねると、この場では話せないと言われてしまいました。

そして父は複雑な表情を浮かべ、まだ皇太子のことが好きなのかと尋ねます。

悪女の定義8話感想

話が濃くなってきましたね!

ただの惚れた腫れたの問題から、家の問題が絡んでいたことがわかりました。

シャルティアナが悪女だったから冷遇されているのではなく、他に理由があったとは驚きです。

どんな理由かはまだわかりませんが、皇太子が子供で意地悪していただけではなさそうだとわかり、良くはないですが納得しました。

 

また、前話でも感じましたが、芙美の性格が少し変わってきましたね。

頭を使って考え、大胆でしたたかな行動をとる姿はとってもかっこいいです!

誰かを傷つける訳でもなく、どうしたら目的を達成することが出来るのか考え動くことが出来る芙美は、非常に逞しいです。

 

中身もシャルティアナのままだったら、カイロン家はとんでもないことになっていただろうと思います。

不穏な展開になってしまってはいますが、芙美ならこのままのし上がっていけるのではないでしょうか!

展開が楽しみです!

悪女の定義ネタバレ8話最新話と感想!侍女が付かないまとめ

今回は、「悪女の定義」8話のネタバレと感想を紹介しました!

侍女問題、どのように解決するのでしょうか。

スパイが送り込まれるとしたら、どうやって撃退するのかが楽しみです。

まだまだ平穏にはいかなさそうですが、なんとか芙美には戦い抜いて勝ってほしいですね!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!