悪女の定義

悪女の定義ネタバレ82話最新話と感想!紅葉狩りでのハプニング

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」82話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇太子がとても楽しみにしていた紅葉狩りの日がやってきました。

初めての乗馬体験に、芙美は大興奮です!

悪女の定義82話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ82話最新話と感想!紅葉狩りでのハプニング

初めての乗馬

初めての乗馬で二人乗りということもあり、皇太子は少し速度を落とすかと聞きますが、芙美は即断ります。

怖がりながらも楽しそうに悲鳴を上げる芙美に、皇太子は困惑顔です。

目的地に着き、皇太子が先に降りると、手を貸してくれました。

 

二人が乗ってきた馬はダロンと言い、最も力が強くとても大きい馬だと説明されます。

そんなに重たいと思っているのかと少し怒る芙美に、二人乗りで気を使っただけだと返されます。

 

静かで紅葉に囲まれたその場所は、確かにとても良い場所でした。

用意された木の椅子に座った芙美は、その柔らかさに驚きます。

皇太子はそんな芙美を見て、魔法を知らないような反応だと呆れ気味です。

紅葉狩り

サンドイッチやお菓子、紅茶を皇太子が黙々と並べ用意していきます。

上手だと褒めると、見ていたのなら手伝ってくれればよいのにと不満そうですが、芙美は権力者をこき使う快感に酔いしれていました。

 

準備を整えた二人は、紅葉を楽しみます。

これまで紅葉狩りはどこへ行っていたのかと聞かれますが、前世ではそんな暇はなかったため、あまり行ったことが無いと答えました。

会話が途切れ、皇太子は静かに紅葉を見つめています。

 

その横顔に見惚れていると、ふと振り向き微笑まれ、芙美の心臓は大きく高鳴りました。

普段は顔のせいだと思えばすぐに収まりますが、今回はなかなか収まらず、そんな自分に芙美は困惑します。

まさかのハプニング

帰り道も乗馬を楽しんでいると、すぐに馬車の元へ着いてしまいました。

残念そうな芙美に、皇太子はまた今度乗ろうと言い、降りるために手を貸してくれます。

事件が起こったのはその時です。

 

手を取る前に降りてしまった芙美と、支えようとした皇太子の唇が重なります。

前世でドラマを見ることが好きだった芙美は、その事件はよく見ていましたが、絶対にありえないと思っていました。

 

まさかのハプニングに固まっていると、皇太子はそのまま腰に手を回し、唇を舐めます。

護衛たちが無事かと駆け付けるまで、固まったまま動けませんでした。

あまりの出来事に顔を真っ赤にした芙美は、何が起こったか訳が分かりません。

悪女の定義82話感想

芙美と皇太子は乗馬から紅葉狩りまでとても楽しみました!

その帰り道に怒ったハプニングに、芙美は動揺を隠しきれません。

 

初めて乗馬をする芙美はとても楽しそうでしたね!

自分もしたことはありませんが、紅葉の中馬で駆け回るのを想像すれば、絶対に楽しいことがわかります。

怖がってるのか楽しんでるのかわからず困惑する皇太子は、“彼女に振り回される彼氏感“があって良かったです!

 

微笑まれただけで鼓動が高鳴って落ち着かないなんて、芙美は皇太子にベタ惚れですね。

皇太子の顔が良い事もあり、完全にアイドルにファンサービスされたヲタクのようです。

そこまで好きなのになぜまだ自覚できていないのかわかりません!

 

そんな気持ちのままの初めてのキスなので、芙美の心臓は持たないでしょう!

芙美も嫌じゃなさそうなので良いのですが、腰を撫でて唇を舐めるのは破廉恥すぎます。

仮にも野外なのに、皇太子は気にしないのか歯止めがきかなかったのか、こっちが恥ずかしくなりました!

悪女の定義ネタバレ82話最新話と感想!紅葉狩りでのハプニングまとめ

今回は、「悪女の定義」82話のネタバレと感想を紹介しました!

紅葉狩りに行き、芙美と皇太子は久しぶりに二人の時間を楽しみました。

ハプニングでキスをしてしまった二人の関係は進展するのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!