悪女の定義

悪女の定義ネタバレ84話最新話と感想!皇太子の懐古

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」84話のネタバレと感想をまとめてみました!

紅葉狩りの帰り道、ひとり過去を振り返る皇太子。

これまでの自分の人生を整理していきます。

悪女の定義84話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ84話最新話と感想!皇太子の懐古

過去の振り返り

1人馬に乗って帰る皇太子は、複雑な表情を浮かべ、この数カ月の間に起こった出来事を振り返ります。

驚きの出来事が立て続けに起こり、皇太子の人生で初めての混乱でしたが、それは皇太子にとって悪いものではありませんでした。

 

記憶は幼少期にさかのぼります。

皇太子の父は公邸で、母は皇后だったため、生まれた時から次期皇帝になることは決まったようなものでした。

才能の面でも他の兄弟たちと比べて秀でており、未来の皇太子と言われることも、幼い皇太子にとっては自然なことだったのです。

急な逆境

しかしその状況は、カイロン公爵がストラヴィン皇子を次期皇太子に推進したことで一変します。

皇太子にとっては、一緒に後継者授業を受ける人が出来たという程度の認識でしたが、母親である皇后は怒り狂っていました。

 

ストラヴィン皇子は徐々に実力を見せ始め、皇太子が9歳になった時には、父もストラヴィンを次期皇太子として支持し始めます。

父に見捨てられた皇太子は、母からも恐ろしい形相で責められ、心の拠り所をなくしていきました。

心の痛みを訴えても、母は皇太子になる為の勉強のことしか言わず、徐々に自分の気持ちを押し殺すようになったのです。

無の心

ストラヴィンが事故で命を落とすと、次期皇太子の座はまた自分に戻りましたが、皇太子はその頃にはもう何も感じません。

バタバタと変わる環境の中、心はずっと平坦なままでした。

 

数年の時を経て、皇太子は17歳になります。

高位貴族が全員集まるパーティがあり、皇太子はそこに参加しなくてはなりませんでした。

付き人から少しは愛想よく笑ったらどうかと言われますが、そうしなくてはならない理由がわかりません。

 

面倒なイベントから離れ、別の部屋で休憩していると、ある女性が部屋に入ってきます。

間違えたのだろうと思い特に気も留めませんでしたが、彼女はそのまま近づき、声をかけてきます。

それがアイリーンとの出会いでした。

悪女の定義84話感想

皇太子が過去を振り返り始めました。

皇太子の視点から見る皇太子の人生は、あまり楽しいものではなかったようです。

 

ストラヴィンとの間にあったことは、これまでの物語で知っていました。

しかし改めて皇太子の視点から見ると、大人たちに振り回され心を失う皇太子は、とても可哀想でした!

その優秀さから、普通の子ども扱いもしてもらえず、なにもわからないまま深く傷つけられてしまったようです。

 

父はやはり恨まれても文句は言えない気がします!

父が皇帝ではなく、1人の父親として皇太子と向き合っていれば、皇太子の傷はそこまで深くなく、感情を押し殺して生きることもなかったでしょう。

 

絶望の中、ずっと傍にいてくれたカイラードとの仲が良いのも納得しました。

上に立つものの辛さを、生まれた時から背負って生きてきた辛さを感じます。

 

そしてパーティではアイリーンと出会いましたね!

アイリーンは何を考えて皇太子に近づいたのでしょうか。

偶然出会い恋に落ちて、という経緯ではなさそうですが、2人がなぜ恋人になったのか気になります!

悪女の定義ネタバレ84話最新話と感想!皇太子の懐古まとめ

今回は、「悪女の定義」84話のネタバレと感想を紹介しました!

芙美に置いていかれた帰り道、1人過去を振り返る皇太子。

まだまだ懐古は現在に追いついていません。

シャルティアナと出会いどう変わったのか、分かるのが楽しみです!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!