悪女の定義

悪女の定義ネタバレ95話最新話と感想!勝敗の決まった勝負

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」95話のネタバレと感想をまとめてみました!

すれ違ってしまった芙美と皇太子。

溝が埋まらぬまま、狩猟祭の日がやってきました。

悪女の定義95話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ95話最新話と感想!勝敗の決まった勝負

狩猟祭当日

帝国は冬を迎えます。

転生して初めての冬でしたが、魔法のおかげで暖かく過ごすことが出来ています。

この日は狩猟祭の日でした。

 

毎年冬に開かれる祭りで、男性は森に入り魔獣を狩り、女性は小屋を守って狩りの後に祭儀を執り行うことが主な内容です

先代の皇帝皇后を称える行事でもあり、男女がペアで参加します。

 

例年はより強い魔獣を狩った人が勝者になりますが、皇太子が参加する年は必然的に皇太子が勝者になるので、今年この祭りで勝者になるのはアイリーンです。

負けが決まっている行事でしたが、芙美はただ黙って負けるつもりはありませんでした。

カップルが沢山

会場の森に着くと、沢山のカップルがおり、その中にはエスターもいました。

彼らを見ていたエディスは、ドレスではなく男性服を着ている女性が多く、それも救貧祭で芙美が着ていたスタイルが多いことに気が付きました。

芙美が流行を作った自分の美しさを鼻高々に語っていると、パートナーの第七皇子が現れます。

 

2人で会場を歩きながら、芙美は魔獣狩りで怪我をしてしまうのではないかと心配します。

会場の森は管理されているから安心だと返す第七皇子に、雪のせいで滑りやすいことも心配し、大切な体なのだから気を付けてと伝えました。

優しい言葉に第七皇子は頬を赤らめます。

気合を入れたアイリーン

ふたりの元に、アイリーンがやってきました。

勝利が決まっている祭りに気合を入れてきたアイリーンは、いつもとは全く違う白いドレスを着ています。

にこやかにあいさつを交わす2人を見た周りの人々の頭の中は、どちらが優勢で自分はどちら側に着くべきなのかを考えているようです。

 

視線が集まる中、芙美は皇太子と来るかと思ったと切り出しました。

アイリーンは微笑み、皇太子は狩猟祭の準備が忙しく、その状況に配慮することも自分の務めだと余裕たっぷりに返します。

その言葉を聞いた芙美は第七皇子に寄り添い、自分も大丈夫と断ろうとしたが、エスコートを受けることもレディーの役目だと挑発します。

 

アイリーンは表情を引きつらせ、男性との駆け引きになれているのですねと微笑みました。

芙美は満面の笑みを浮かべ、人と接するときは計算せずに真心を込めれば、性別年齢問わず親密になれますよと肩を叩いてアドバイスしてあげます。

 

空気が固まったところで、皇太子の登場です。

自分のために来てくれたのかと大げさに喜んで見せるアイリーンですが、芙美の目には皇太子の様子がいつもと違うように映りました。

皇太子は何かを我慢させられているような、罠にかかった猛獣のような目をしています。

悪女の定義95話感想

狩猟祭はアイリーンの勝利が確定している祭りのようです!

それでも芙美は大人しく過ごす気はないようですね。

 

狩猟祭は冬に行われるカップルの行事のようで、クリスマスのようなものなのかなと思いました。

人々は浮足立っているようですが、魔獣を狩る行事など、負傷者が出てしまいそうで心配になります!

芙美や第七皇子が無事に帰宅できるといいですね。

 

価値が決まっているアイリーンは堂々とした登場です。

自分の力による勝利ではないにもかかわらず、とても嬉しそうですね。

救貧祭は皇后の業務が絡んでいたので、狩猟祭でアイリーンが勝っても対等とは思えませんが、そこらへんのバランスはどうなっているのでしょうか。

 

内心嫌がる皇太子の様子に、芙美は気づきました!

芙美の心はつらいでしょうが、皇太子の事情を予想し待っていてあげてほしいです!

悪女の定義ネタバレ95話最新話と感想!勝敗の決まった勝負まとめ

今回は、「悪女の定義」95話のネタバレと感想を紹介しました!

勝敗の決まった救貧祭が始まります。

大人しくする気のない芙美が何を企んでいるのか、今後の展開が気になります。

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!