悪女の定義

悪女の定義ネタバレ97話最新話と感想!気まずい空気

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」97話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリーンへの注目を奪う作戦に成功した芙美。

第五皇子だけでなく、皇太子からも熱い視線が注がれます。

悪女の定義97話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ97話最新話と感想!気まずい空気

皇太子からの視線

騎士の弓にハンカチを結ぶ、最も注目を浴びるタイミングで上着を脱いだ芙美は、会場の視線を独り占めすることに成功しました。

頬を赤くし自分を見つめる第五皇子にどうしたのか聞くと、驚いたと返されます。

殿下の安全が最も重要だと伝えると、第五皇子は手を取り、あなたの名誉のために戦うことが光栄だと口づけをしました。

 

ふと視線を感じ顔をあげると、頬を赤くした皇太子と目が合いました。

目の前でアイリーンが自分の弓にハンカチを結んでいるにもかかわらず、視線は芙美から離れません。

アイリーンから注目を奪うことが目的でしたが、あまりのその効果に少し胸が痛むくらいでした。

孫が楽しみ

レジーナの儀礼が終わり、会場のカップルたちがいちゃいちゃし終わると、騎士たちは森に向かって出発しました。

その光景を眺めながら、皇帝は芙美の格好に驚いたと言います。

皇后にも同意を求め、皇后の期待通りカイロン公女が流行を作りそうだと挑発が止まりません。

 

皇后は最も大切なのは皇太子との相性だと言い、二人が一緒にいる姿はとても印象的だったとアイリーンに伝えます。

ふたりが幸せに暮らす日も遠くはない、孫が楽しみだとまで言う皇后に、アイリーンは頬を赤らめます。

皇帝もそれに負けず、カイロン公女と皇太子の子供なら、賢く愛らしい子だろうと芙美に伝えました。

 

ふたりの互いに一方的な会話に挟まれ、芙美はとても気まずさを感じます。

 

騎士たちがみな森へ入り、会場のテントに向かうタイミングで、皇帝は先に帰ってしまいました。

元々狩猟祭も皇后が主導する祭りで、皇后がレジーナと会話し評価する場だとは聞いていましたが、ぴりついた空気の中置いていかれた芙美は真っ青です。

皇后からの言葉

皇后を間に挟み、三人は並んで座ります。

令嬢たちが息子の良い配偶者になることを願うと言い、厳しい視線を芙美に向け、人を欺くような行為は絶対に許されないと言いました。

欺いているのはアイリーンだと思いながらも、今は折れるべき状況だと考えた芙美は、肝に銘じておくと答えます。

 

皇后は薄く笑い、体調がすぐれないから自分も先に帰ると言って席を立ちます。

アイリーンは心配するような言葉をかけますが、自分の強力な味方がいなくなったことへの焦りが隠せません。

 

皇后派二人で仲良く楽しんでと言い、本当にさっさと帰ってしまいました。

アイリーンとふたりきりになった芙美は、この状況をどうしてあげようかとまた企み始めます。

悪女の定義97話感想

芙美の作戦は大成功し、皇太子の視線も奪ってしまいました!

ふたりの間だけでなく、皇帝と皇后の間にも火花が散っています。

 

作戦の効果は絶大でしたね!

皇太子はアイリーンを全く見ておらず、いつもなら嫉妬するような状況でしたがそれもなく、ただ見惚れてしまうだけでした。

そんな皇太子を見て罪悪感を抱く芙美もまた人間らしく、本当に悪女ですね!

 

皇帝と皇后の関係は思ったよりも悪いようです!

ふたりはなぜ夫婦になったのかと疑ってしまうくらい、火花が散っていました。

アイリーンが皇太子を想う気持ちが伝わって来たと褒める皇后は、あまりにも無理があるでしょう!

 

なぜ皇后が早く帰ったのかは気になりますが、これは芙美にとって有利な状況です。

せっかくの待ち時間、なにを企むのか楽しみですね!

悪女の定義ネタバレ97話最新話と感想!気まずい空気まとめ

今回は、「悪女の定義」97話のネタバレと感想を紹介しました!

作戦は成功し、アイリーンへの注目を奪った芙美。

この後の時間で、さらに何をするつもりなのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!