悪女の定義

悪女の定義ネタバレ98話最新話と感想!話題の中心

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」98話のネタバレと感想をまとめてみました!

予想よりも早く皇后が帰り、良い状況に置かれた芙美。

準備してきた話題を出し、場の中心を独占します!

悪女の定義98話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ98話最新話と感想!話題の中心

用意した話題

皇后が先に帰り、芙美はもう一度パーティーの主導権を握る機会を手に入れます。

今日の主役は皇太子とアイリーンのため、簡単ではありませんが、芙美は準備してきていました。

 

会場のレオナ夫人が芙美に話しかけ、自然な流れで兄の話題を出します。

もうすぐ帝都に戻ってくるため、卒業記念のパーティーを開きたいのだと言ってみました。

一緒に卒業した人も集めたいが、大規模なため難しいかもしれないと話していると、周りで聞き耳を立てていた夫人や令嬢たちが集まってきます。

 

大勢の人に囲まれパーティーの計画を立てながら、芙美は計画通りだと心の中で微笑みます。

皇帝はパーティーをあまり開いていなかったので、前途有望な独身男性が大勢集まるパーティーは、滅多にない大規模な婚活パーティーのようなものです。

事前に参加者を確認し、独身の娘を持つ夫人や、相手のいない令嬢たちが食いつく話題を考え、エディスの友人であるレオナ夫人に協力を依頼していたのでした。

お世辞の効果

会場はレオナ夫人のエリク別荘に決めており、芙美との仲を示すことが出来たことは、レオナ夫人にとっても利益です。

話が盛り上がっていくのを聞きながら、芙美はレジーナお披露目パーティーでは独りぼっちだったことや、前世でもここまで人に囲まれたことはなかったと思い返します。

 

昔の芙美ははっきりとした性格で、自分の基準に合わないものは切り捨てていました。

転生しレジーナとして生きる中で、自分が表面的なことしか見ていなかったことに気が付いたのです。

例えばお世辞は、今の芙美にとっては礼儀であり、互いの気分を良くして関係を深めるための手段になっています。

 

周りに集まる令嬢たちの服装を褒めると、頬を赤くして喜んでくれました。

その内の一人が自分のドレスはどうかと話しかけてきたので褒めると、救貧祭や今日の芙美の服装に感動したのだと言ってくれました。

少女だけでなく夫人たちにも、気分の良くなる誉め言葉を伝え、芙美の周りにはどんどん人が集まります。

突如現れた魔獣

人々と話をしていると、切り裂くような悲鳴が聞こえてきました。

テントの外を見ると、恐ろしい魔獣が近くを横切ります。

大量の棘と鋭い歯を持っており、映画の中でしか見たことが無いような恐ろしい姿の魔獣が、会場を暴れまわっています。

 

逃げ惑う人々の中、芙美は恐怖からうまく体を動かせません。

魔獣の位置を確認しようと思い振り返ったその時、魔獣と目が合ってしまいました。

芙美めがけてものすごいスピードで迫る魔獣に、芙美は恐怖に凍り付いてしまい、動くことが出来ません。

悪女の定義98話感想

皇后が帰った後、芙美は準備してきた話題を使って再び輪の中心となりました。

アイリーンは輪に入れず、悔しそうに外側で聞いています!

 

芙美の用意周到さには驚かされるばかりです!

チャンスがあるかもわからないのに、分析し計画を立て、協力者まで確保しておくだなんて、どれだけ考えて動いているのでしょう。

したたかさや計算高いを超えているように思います!

 

そんな芙美に再び注目を奪われてしまったアイリーンは悔しそうでしたね。

あんなにおしゃれしたのに、本当にかわいそうです!

個人的にはアイリーンの衣装はとても好きなので、自信を持ってと伝えてあげたくなりました。

 

急に現れた魔獣はどこから来たのでしょうか。

森からやってきて、騎士たちが全滅なんてことが無いといいのですが、とにかく今は芙美の命が危ないです!

誰か助けに戻ってくるか、父からもらったお守りを付けていることを願います!

悪女の定義ネタバレ98話最新話と感想!話題の中心まとめ

今回は、「悪女の定義」98話のネタバレと感想を紹介しました!

話題の中心でパーティーを楽しむ芙美。

突然魔獣が現れて芙美に襲い掛かるなんて、いったい何が起こっているのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!