悪党の母になりました

悪党の母になりましたネタバレ32話最新話と感想!不穏な予感

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪党の母になりました」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

ロゼリアは、小説にあった「事件」が気になり、アインのことが心配でたまりません。

食事の時間になり、庭園で遊んでいるはずのアインを迎えに行ったロゼリアが見たのは…。

悪党の母になりました32話のネタバレをしていきます!

悪党の母になりましたネタバレ32話最新話と感想!不穏な予感

パーティ会場

ロゼリアたちの乗った馬車は、パーティの行われる屋敷に到着しました。

豪華な屋敷ではあるものの、チェイド家に比べると素朴で小さいと感じます。

 

屋敷からイベルン伯爵が出てきてロゼリアたちを歓迎しました。

小説では、チェイド家の利益に縋りつくと描かれていた人物です。

イベルン伯爵の笑顔は貪欲さを感じさせ、ロゼリアはとても嫌な感じがしました。

 

屋敷に入ると、ロゼリアは婦人たちの不穏な空気に気圧されそうになります。

しかし小説とは違い、今のロゼリアはアインを守らなければなりません。

ロゼリアは、笑顔でがけから突き落とそうとする人たちを前に、しっかりしなければと思いました。

 

ロゼリアを歓談に誘った婦人たちは、ロゼリアがアインを一人にするわけにはいかないと言ったので目を丸くして慌てます。

一人の婦人が、他の子供たちは庭園で遊んでいるので、そこでアインが友達と遊ぶことを勧めました。

 

ロゼリアがアインにどうしたいかと聞くと、アインは庭園に行くと答えます。

同じくらいの年の子供たちとはあまり遊んだことがないので、母上と一緒にいたいと言うかと思っていたロゼリアは意外に思いました。

 

少し不安を感じながらも、アインが心配いらないというので行かせることにします。

アインは、ロゼリアと別れて部屋を出ると、ため息をつき暗い顔になりました。

婦人たちとの歓談

小説でロゼリアが婦人たちの中心にいられたのは、見栄を張るために沢山のお金を使っていたからです。

婦人たちは、ロゼリアに援助の話などをもちかけ、ロゼリアはだんだん会話に疲れてきました。

 

食事の時間になってもなかなか戻ってこないアインが心配になり、ロゼリアは周りが止めるのも聞かず庭園に迎えにいくことにします。

すると、カシウスが一緒に行くと言うので、仲のいい二人の様子にみな驚いてポカンとしました。

 

庭園に行ってみると、何か雰囲気が変です。

子供たちは、ロゼリアとカシウスを見てビクッとしました。

ロゼリアが慌ててアインを探すと、アインは傷ついて横たわっています。

悪党の母になりましたネタバレ32話感想

小説の中であった事件とは何だったのでしょうか。

それがあるから、ロゼリアはアインを庭園に行かせることに躊躇したのですよね。

 

ロゼリアが仲良くなれそうにない婦人たちの子供たちなので、アインもそうなのかも。

庭園に行く前から、アインが暗い顔をしていたところをみると、この子供たちから何かの理由で嫌われているか、苛められているのでしょう。

 

アインは、ロゼリアには素直に甘えられるようになりましたが、他人に対しては今まで通り弱みを見せないようにしなければいけないでしょうから、辛いところですね。

カシウスも、こうなった場合は息子を心配する様子は見せられないのではないでしょうか。

 

このパーティに出席している他の貴族たちは、チェイド家の財力だけが目当てで意地悪な人が多いようですから、お付き合いを制限するのがいいのではないかしら。

パーティ好きな原作のロゼリアだったら難しいでしょうが、奈希にこんな不毛なパーティは不要だろうと思いますが…。

悪党の母になりましたネタバレ32話最新話まとめ!不穏な予感

パーティに行ったロゼリアは、その不穏な空気に疲れてしまいます。

アインが食事の時間になってもなかなか戻ってこないので、カシウスと一緒に庭園に行ってみると、傷ついて横たわっているアインの姿がありました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!