悪党の母になりました

悪党の母になりましたネタバレ33話最新話と感想!子供たちのイジメ?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪党の母になりました」33話のネタバレと感想をまとめてみました!

アインが他の子供たちに苛められたと思ったロゼリアは憤慨。

子供たちはマズイことになったと震えていますが…。

悪党の母になりました33話のネタバレをしていきます!

悪党の母になりましたネタバレ33話最新話と感想!子供たちのイジメ?

アインの怪我

小説の中では、ロゼリアがわざと落としたワイングラスでアインが怪我をします。

それはロゼリアの悪事のせいでしたから、今回は大丈夫だと奈希は安心していました。

 

倒れているアインは、大したことはないと言いますが痛そうです。

小説で起きたことをなかったことにしても、また違う形で起きてしまうのか、とロゼリアは不安を覚えました。

イジメの経緯

原因は、天才とよばれるアインに対する、子供たちの嫉妬です。

同年代の子供たちは、アインにとって面倒な存在でした。

子供たちは、自分たちよりはるかに優れているアインに対して劣等感を感じています。

 

甘やかされた傲慢な貴族の子供たちは、親の愛情を知らないアインを無視してうっぷんを解消していました。

その度にアインも、その子供のうちの一人を見せしめにしてやります。

 

しかし子供たちは反省することなく、何かとアインにちょっかいを出しました。

もちろんアインには歯が立ちません。

 

今日も、アインは子供たちを避け、庭園で昼寝をしようと思っていたのですが、子供たちがゲームをしようと近づいて来ます。

アインは、またか、とウンザリしました。

 

しかし、後できっとロゼリアが、友達とどんな遊びをしたのかと聞くでしょう。

ロゼリアを喜ばせるため、アインは彼らと遊ぶことに同意しました。

鬼ごっこ

一緒にゲームすることにアインがあっさり同意したので、いつも通り無視されると思っていた子供たちはびっくりしました。

彼らは「鬼ごっこ」をすると言います。

 

鬼はアインがするようにと子供たちが言いました。

アインは、その代わり自分が勝ったらもう二度とからんでこないようにと要求します。

 

ルールは子供たちが一方的に決めたものでしたが、アインは勝つ自信があるので承諾しました。

目隠しをして100数えると、アインは一人ずつ捕まえていきます。

 

残りがあと一人となったとき、一人の子供が目隠しをしたアインの背後から、アインを突き飛ばしました。

倒れたアインをみて笑っている子供たち。

 

アインがやり返そうと思った時、ロゼリアとカシウスがアインを探してやって来るのが見えました。

これは都合がいい、とアインはニヤリとします。

 

子供たちの親たちも駆けつけました。

遊びの中で起きた事故、という婦人たちに対し、ロゼリアは憤然として反論します。

 

そんなロゼリアを見て、目をうるませるアイン。

子供たちはヤバいと思って震えています。

悪党の母になりましたネタバレ33話感想

アインがそんなに弱いはずはないと思っていましたが、やはりです…。

ロゼリアたちが来たのを見て、倒れたままのアインもなかなかやりますね~。

 

子供たちも、その親たちも、まさかロゼリアがアインのためにあんなに怒るなんて思わなかったんでしょうね。

アインを苛めても、小説のロゼリアならせせら笑っていたんでしょうから。

 

まあ、アインが優秀すぎて妬ましいのは分かりますし、イジメってそんなものでしょうけど、敵にしないほうがいいよ~、って教えてあげたいですね。

相手が悪いよ~、って。

 

イジメは結局どちらにも何の得にもならないこと。

でもこの子たちの親たちも愚かそうだから、それを教えてあげられないでしょうね…。

悪党の母になりましたネタバレ33話最新話まとめ!子供たちのイジメ?

アインの才覚を妬む子供たちの嫌がらせで、突き飛ばされ倒れたアイン。

ちょうどそこに現れたロゼリアは、子供たちが集団でアインを苛めたと思い激怒します。

ロゼリアの剣幕に、子供たちやその親たちは慌てますが…。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!