悪党の母になりました

悪党の母になりましたネタバレ38話最新話と感想!カシウスの任務

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪党の母になりました」38話のネタバレと感想をまとめてみました!

カシウスは、皇帝からの暗殺指示を受けて気が重くなります。

一方ロゼリアは、お詫びのパーティに参加するかどうか迷っていました。

悪党の母になりました38話のネタバレと感想を紹介します!

悪党の母になりましたネタバレ38話最新話と感想!カシウスの任務

皇帝からの手紙

皇帝からの手紙は、帝国の機密を他国に渡そうとしたエンデル伯爵の暗殺指示です。

カシウスはこれまで皇帝の忠臣として、自分の手を汚して任務を果たしてきました。

ですから皇帝が聖君とよばれるたびに、チェイド家の悪名は轟くことになります。

 

カシウスは、ロゼリアのことを考えるとこのような任務を引き受けたくはありませんでした。

このことをロゼリアが知れば、また以前のようにカシウスを怖がるようになるでしょう。

そうすれば、また前のように2人の距離が開いてしまいます。

 

本当の悪人は皇帝の方だ、とカシウスは思いました。

アインが必死に本性を隠すわけが、今はカシウスにもよく分かります。

 

カシウスは、絶対に今回のことをロゼリアに感づかれてはいけない、と思いました。

世界中の人に悪党と思われることは何ともないけれども、ロゼリアの冷たい視線だけは耐えられそうにないからです。

お詫びの招待状

ロゼリアに謝罪のような招待状が届きました。

この前の件でアインへのお詫びのパーティを開催するというのです。

 

ロゼリアは気が進みませんが、アインに聞くと、参加したいと答えました。

アインは笑顔で、誤解があっただけだから会って話がしたいと言います。

 

ロゼリアは驚きながらも、アインの優しさに感動しました。

しかし、またアインが苛められたら次は絶対に許さない、と思います。

 

ロゼリアは、パーティに参加することをカシウスに報告しました。

この間傷つけられたのに、みんなに気を使ってパーティに参加するというアインに感動し、「天使」のような子供だとカシウスに同意を求めます。

 

カシウスには、どうしてもアインが「天使」とは思えないので、つい視線をそらしました。

しかし、ロゼリアの夢を壊さないほうがいいだろうと思います。

 

親バカがすぎるというカシウスに、ロゼリアはまだカシウスがアインのことを誤解しているのかと不満気です。

アインはみんなと仲良くしようとしているし、とても優しい子供なのだと強調しました。

忙しくなったカシウス

その後カシウスは忙しくなり、食事を一緒にとれないことが増えます。

何かうまくいかないことがあるのか、眉間にシワを寄せていることも多くなりました。

また、ロゼリアの部屋に来れない日も多いです。

 

ロゼリアは何かあったのかと心配ですが、気軽に聞けるような雰囲気ではありません。

悪党とよばれるカシウスのことが、ちらりと頭をよぎりました。

 

そしていよいよ、パーティの日です。

笑顔のアインとは対照的に、ロゼリアはとても緊張しています。

悪党の母になりましたネタバレ38話感想

皇帝からの指示で暗殺を繰り返していたのですね。

やはりそうですか。

自分の利益のためにそのようなことをする人ではないと思っていましたが…。

 

でも、辛いですね。

この任務は、いずれアインが担うことになるわけですから、それをロゼリアが知ったら何と思うでしょう。

これはもう、ロゼリアが愛情を注ぐとかいう話ではないわけで、カシウスとアインがロゼリアに絶対に知られないようにと思うのは、当然のことです。

 

パーティでは、アインは前回のけりをつけるつもりなのでしょうね。

大人同士なら丸くおさめるところですが、なんといっても子供同士だから、また何か問題が起こりそうな気がします…。

悪党の母になりましたネタバレ38話最新話まとめ!カシウスの任務

皇帝からの暗殺指令が届き、暗い気持ちになるカシウス。

自分の任務を、ロゼリアには絶対知られたくないと思いました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!