悪党の母になりました

悪党の母になりましたネタバレ39話最新話と感想!お詫びのパーティ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪党の母になりました」39話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回のパーティのお詫びにと招かれたロゼリアとアイン。

そこではまたロゼリアとアインが不快になる出来事が…。

悪党の母になりました39話のネタバレと感想を紹介します!

悪党の母になりましたネタバレ39話最新話と感想!お詫びのパーティ

謝罪パーティ

ロゼリアとアインがパーティに行くと、婦人たちが一斉にこの前のことで謝罪してきます。

アインを突き飛ばした男の子の母親が、グレッグと息子の名前を呼び、厳しい調子で謝罪を強要する様子を見て、アインはニッコリしながら、もう気にしないようにと答えました。

 

アインは、子供たちと一緒に外で遊ぶことにします。

ロゼリアは、アインを心配しながら見送りました。

すっかり安心した婦人たちは、ロゼリアを交えて歓談を始めます。

婦人たちの歓談

再来月に出産を控えていると言う婦人が、自分が生んだ子供は特別で、よその子供と較べることはできない、と言います。

同意を求められたロゼリアは固まりました。

 

周りの婦人たちが慌てて、子供ができればその意味が分かる、と言っています。

アインはロゼリアの実の子供ではないと皆知っているはずなのに、わざと言ったのか、それともうっかりなのか、とロゼリアはもやもやしました。

 

アインの母親が生きていたらアインはもっと幸せだったかもしれない、とロゼリアは考えます。

そして、アインがどう思っているのかが気になりました。

庭園の子供たち

アインは、今回は鬼ごっこで子供たちが全員鬼になって、自分一人を捕まえるように言います。

この鬼ごっこは、アイン以外の子供たちにとってとても過酷でした。

鬼たちは目隠しをしたままアインを探すので、お互いにぶつかって右往左往。

アインがどこにいるのか、みな見当もつきませんでした。

 

もうやめてほしいと頼む子供たちですが、アインはやめようとしません。

グレッグは、母親の前ではいい子ぶり、自分たちには陰湿な仕打ちをするアインに腹が立ってきました。

 

グレッグは、アインのせいで母親に怒られたのに、と思います。

しかも、ロゼリアとアインは本当の親子ではないのにも関わらず、自分と母親よりも仲良く見えたのが気に入りません。

 

グレッグは、ロゼリアに子供が生まれたらアインはすぐに捨てられる、と言い放ちました。

下の子が生まれたら上の子に興味がなくなるものだし、その上アインはロゼリアの本当の子供でもないのだから、邪魔者扱いされるようになる、とも言います。

 

婦人たちが歓談しているところに使用人が慌てて飛び込んできて、庭園で事故が起きたことを告げました。

悪党の母になりましたネタバレ39話感想

うーん、この手のイジメや嫌味は、大人も子供もよくある話かなあ。

相手が鈍感で全く悪気がないという場合もありますし、イジメる気満々の場合もありますね。

 

イジメる人というのは、アインに余計なことを言う子供のように、相手が妬ましいとか、自分の不満やうっぷんがある場合に、人を苛めることで解消するわけです。

だから、基本的にはスルー、でいいと個人的には思います。

 

イジメられた側としては、何が悪かったのか、と自分を省みることが多いと思いますが、多くの場合、イジメてくる相手の個人的な事情なので、対処の仕様がありません。

実害が及ぶ場合には、距離を置くか、相手から手の届かない所に逃げるが勝ち。

関わる価値はないですからね。

悪党の母になりましたネタバレ39話最新話まとめ!お詫びのパーティ

お詫びのパーティに参加したロゼリアとアイン。

アインの本当の母親ではないロゼリアは、子供の話がでて複雑な気持ちになります。

アインも、他の子供からロゼリアの本当の息子ではないことを指摘されて…。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!