悪党の母になりました

悪党の母になりましたネタバレ44話最新話と感想!拭えない不安

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪党の母になりました」44話のネタバレと感想をまとめてみました!

アインを絶対守ると心に決めているロゼリアは、アインが望まない限り兄弟はできないと話し、アインを安心させようとします。

しかしアインの心にある不安はどうしても消えませんでした…。

悪党の母になりました44話のネタバレと感想を書いていきます!

悪党の母になりましたネタバレ44話最新話と感想!拭えない不安

アインの悩みを気にするロゼリア

カシウスに言われたようにアインときちんと話をしようと決めたロゼリア。

自分に何か聞きたいことはないかと尋ねてみました。

 

何でも話して欲しいというロゼリアに、アインは先日のパーティのことを言いかけます。

ロゼリアはアインの手に自分の手を重ね、もしもアインが不安であれば兄弟はできないから心配しないようにと話しました。

アインは、ロゼリアが自分を裏切るはずはないと思っているのに、どうしても不安が消せないことに自分でも悩んでいます。

アインの不安を指摘するカシウス

数日後、いつもの明るい様子に戻ったアインでしたが、カシウスはアインが以前と違うことに気付いていました。

今のアインはロゼリアの様子をうかがい、ロゼリアの関心を引くために笑顔を見せています。

 

カシウスはアインが訓練しているところに行き、不安なのかと聞いてみました。

兄弟がいることで自分の立場が危うくなるのではと動揺するほど弱いのなら、兄弟がいなくてもアインの居場所はないとカシウスは言います。

 

アインは、自分は黙って奪われるようなことはないし、奪われたとしたら奪い返すとカシウスに言い返しました。

それを聞いたカシウスは大笑いして、それほど自信があるのに何を心配しているのかと尋ねます。

 

ロゼリアはアインに兄弟はできないと言っただろうが、自分はその約束はできない、とカシウスは言いました。

それを聞いてビクリとするアイン。

 

カシウスは、ロゼリアとの間にできる子供を見てみたくなったのだと話します。

といってもカシウスとロゼリアは、今のところまだやっとくっついて寝るくらいなのですが…。

 

ここにきてアインは、カシウスに何人子供がいても構わないが、ロゼリアの子供は嫌だと正直に話しました。

するとカシウスは、ロゼリアに似た妹ならどう思うかと尋ねます。

思ってもみなかったことを言われてきょとんとしているアインに、カシウスはクスリと笑いながらロゼリアに似た妹ができても嫌かと畳みかけました…。

悪党の母になりましたネタバレ44話感想

アインの不安は無理もないことですね。

ロゼリアは初めて自分を無邪気な子供として受け入れて、愛してくれた人ですから、絶対に今の関係を失いたくないでしょう。

ロゼリアは兄弟で差をつけるつもりはなくても、どうしても小さい子供には手がかかってしまいますから、そうなるとアインは自分が捨てられたと考えてしまうかもしれません。

 

こればかりはロゼリアがどれほど説明しても、アインの不安を完全に取り除くのは不可能な気がするのですが、さすがカシウス、妹となると、話は少し違うかもしれません。

妹であれば、後継ぎとしてのアインの立場を脅かすこともないですし、何より可愛いだろうな~、って想像しちゃいますよね。

 

ただ、男と女の産み分けはそんなにうまくいかないと思うのですが、カシウスには何か秘法でもあるのでしょうか?

悪党の母になりましたネタバレ44話最新話まとめ!拭えない不安

今回は悪党の母になりました44話のネタバレと感想を紹介しました!

アインの不安を見透かしたカシウスは、ロゼリアとの間にできる子供がロゼリアに似た妹だったらどうかと尋ねてみます。

思ってもみなかったことを言われたアインは返事に詰まりました…。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!