悪役が施す美徳

悪役が施す美徳ネタバレ32話最新話と感想!調べるジンジャー

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役が施す美徳」32話のネタバレと感想をまとめてみました

イザナの呪いを解く方法を調べるジンジャーの物語です。

イザナからの話とは!?

悪役が施す美徳32話のネタバレと感想を書いていきます!

悪役が施す美徳ネタバレ32話最新話と感想!調べるジンジャー

呪いを解く方法をハメルに聞いてみる

一生解けない呪いはなく解くこともできるとは予想し、ジンジャーはレラジエがその方法を知っているから自信満々だったのかと答えました。

イザナが長年苦しめられた呪いを解いてあげられたらレラジエの好感度は上がるに違いないとジンジャーは考えます。

しかもその呪いをかけた孫のレラジエを愛することなどできるのかと思うのでした。

 

ジンジャーはハメルにゲシュトの弟子なのだから呪いを解く方法を知らないのか尋ねます。

ハメルは妙な間をあけてないと答えました。

ツッコミを入れるジンジャーに冷静に考えていただけと答え、分かるならばすでに解いていると話します。

図書館で調べるジンジャー

ジンジャーはそれから呪いを解く方法のヒントを得られないかと図書館に閉じこもり魔法に関する本を読みあさりました。

イザナに会えていないジンジャーはレラジエが呪いを解く方法を教えていないか不安になります。

イザナが呼んでくれないということはもう自分に用がないということかとため息をつきました。

 

その時やっと見つけたと声をかけてきたのはハメルでイザナの命令で迎えに来たと立っています。

ジンジャーは嬉しくて思わず本音が漏れると、ハメルにそんなにイザナが好きかと笑われてしまいました。

慌てて宮殿が好きと否定するジンジャーにハメルは馬車に移動するよう促します。

馬車の中でハメルと話す

馬車の中でジンジャーはハメルに呪いを解く方法が何かわかったか尋ねました。

ハメルはその方法は魔法をかけた本人しかわからないことだと答えます。

念のためゲシュトの残した記録を確認したが、そういった記載はなかったといい、ただし一つだけ分かったことがあるといいました。

 

何かを尋ねるジンジャーにハメルはイザナから話があると意味深に答えました。

考えているジンジャーにプランBは考えたか尋ねるハメルに思わずむせます。

ジンジャーはもちろんと取り繕うとハメルはさすがと褒めました。

宮殿でイザナを発見する

宮殿につくとハメルはジンジャーにまたあのブレスレットをつけます。

ハメルがイザナを呼ぼうと扉をノックしますが、返事がありません。

何度か試すも返事がないため、ハメルはジンジャーにその場で待つように伝えイザナを探しに行きました。

 

ジンジャーもどこだろうとキョロキョロあたりを見渡すと、以前に泊った部屋が目に留まります。

その時のことを思い出しながら、部屋の扉に手をかけると扉が開きました。

 

室内に入ったジンジャーは昼だと雰囲気が違うと思っていると目の前にイザナが寝ています。

イザナに会えたことと天使のような寝顔にテンションが上がったジンジャーは思わず頬に触れるとイザナがジンジャーの手を取り目覚めるのでした。

悪役が施す美徳ネタバレ32話感想

呪いを解く方法はハメルは知らないのですね。

一体どんな方法なのでしょうか。

 

そして、呪いをかけた孫のレラジエを愛すことができるのかとジンジャーは思っていますが、私も同じように考えます。

イザナは呪いでかなり苦しんでいるので、そんな呪いをかけた孫でしかも呪いを解く方法を知っているなんてなったら、もっと早く解いて欲しかったと思うだろうなと思いました。

 

ハメルとジンジャーのやり取りはなんだか漫才を見ているようで面白いです。

絶妙な間を開けて方法はわからないと答えるハメルにツッコミを入れるジンジャーに対して、冷静に答えるハメル。

そして馬車の中でプランBについて真剣に待っていたハメル、どれも面白く印象に残りました。

 

イザナに呼ばれないかと考えていたタイミングで呼ばれたジンジャーはどうして呼ばれたのか今回はわかりませんでした。

しかも、部屋にいると思ったらジンジャーが泊ったときの部屋で寝ているとは・・・

本当に寝ていたのかは不明ですが、触った瞬間起きて、一体これから何が起こるのでしょうか。

悪役が施す美徳ネタバレ32話最新話と感想!調べるジンジャーまとめ

今回は漫画「悪役が施す美徳」32話のネタバレ、感想をご紹介しました。

呪いを解く方法を調べたジンジャーは特にヒントになるようなものを見つけられません。

ハメルも探しては見たものの見つけることは出来ませんでした。

イザナに呼ばれたジンジャーはイザナからどんな話をされるのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!