悪役が施す美徳

悪役が施す美徳ネタバレ48話最新話と感想!明らかになるペンダントのヒミツ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役が施す美徳」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

ハメルがジンジャーをデートに誘い、イザナはレラジエのペンダントをつけてみる物語です。

ペンダントをつけたイザナに変化が!?

悪役が施す美徳48話のネタバレと感想を書いていきます!

悪役が施す美徳ネタバレ48話最新話と感想!明らかになるペンダントのヒミツ

ジンジャーに会いに来たハメル

イザナが気づき始めたことを心配し、ハメルがどうしているか考えているジンジャーにお客様が来たとメイドが伝えます。

心当たりのないジンジャーはキースではないかと警戒していると、ラキシャンだとメイドがつ答えました。

休暇中のハメルがバラの花束をもって挨拶をしてくるのでジンジャーは驚きます。

 

ハメルは個人的にデートの申し込みに来たとジンジャーを誘いました。

どうしてかというジンジャーにハメルは自分も幸せを見つけたくなったと答えます。

これまでは人の幸せを願ってきたが、これからは自分の幸せを少しくらい願いたいと話すハメルにジンジャーはその通りと頷きました。

 

そして今まで一度も女性とデートをしたことがないので、練習に付き合ってほしいと願い出ます。

ジンジャーはそういうことならと了承しました。

レラジエが差し出した手紙

一方、レラジエはイザナに額縁を確認すると手紙が挟まっていたと差し出します。

内容はヘンドリックがどうか兄を恨まないでといった内容のゲシュトに宛てた手紙でした。

イザナはそれを読み、兄とは自分の父の事でゲシュトがヘンドリックが命を落としたことで父を恨んだ理由は何かと考えています。

 

そして、これまで知らなかった叔父とゲシュトの関係そして父は何かを握っているのではないかと予想しました。

もう少し調べたら何か掴めるはずと、レラジエにペンダントを見せてほしいと頼みます。

ペンダントを見つめなぜ身につけるとその人の心が読めなくなるのだろうかと思いを巡らせ、小説ではレラジエがこれを身につけ不幸になるとおもむろに自分の首にペンダントをつけました。

イザナがペンダントをつけると!?

するとペンダントが光り、イザナを呼ぶ声がします

反応を見せるイザナはレラジエが不思議そうにしていることで、この声が自分にだけ聞こえていると思いました。

そしてその声はアトランタ邸にいくように指示をします。

 

イザナはその声の通りにゲシュトが呼んでいるからレラジエの家に行こうといいました。

声は続いていて、今は使われていない書斎があり、出入口を背に右側の壁にヘンドリックの肖像画がかかっていて、その裏に見せたいものがあると聞こえます。

周りに人がいないことを確認したイザナは肖像画を動かすと金庫が隠されていました。

 

金庫を開くと中には1冊の本があります。

本をめくると誰かの日記なのでした。

悪役が施す美徳ネタバレ48話感想

ハメルはジンジャーをデートに誘いましたね。

練習とかプランBとかうまいことを言っていましたが、本当はジンジャーと純粋にデートしたかったのだろうと思います。

確かにハメルも幸せになってほしいと思いました。

 

レラジエが持ってきた手紙は意味深な内容のヘンドリックがゲシュトに宛てたものでしたね。

この手紙に込められた意味がとても気になりました。

 

そしてペンダントにはまだ秘密が隠されていましたね。

イザナが付けることでその威力が発揮されるようになっていたとは驚きました。

イザナにだけ聞き取れる声がその秘密とは・・・

 

それに導かれてレラジエの家に行ったイザナが発見したのが日記でしたが一体誰の日記なのでしょうか。

やはりゲシュトのもので、そこにはイザナの呪いを解く鍵が隠されているのかとても気になります。

悪役が施す美徳ネタバレ48話最新話と感想!明らかになるペンダントのヒミツまとめ

今回は漫画「悪役が施す美徳」48話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ハメルはジンジャーをデートに誘います。

レラジエのペンダントをイザナがつけるとイザナにだけ声が聞こえてアトランタ邸で日記を発見しました。

この日記にイザナの呪いを解く鍵があるのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!