悪役が施す美徳

悪役が施す美徳ネタバレ63話最新話と感想!新しい物語が今始まる

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役が施す美徳」63話のネタバレと感想をまとめてみました!

イザナの呪いが解けて新たな物語をスタートさせる二人の物語です。

ハメルも自分の幸せを見つける旅に出る!?

悪役が施す美徳63話のネタバレと感想を書いていきます!

悪役が施す美徳ネタバレ63話最新話と感想!新しい物語が今始まる

それぞれに言葉を残し去るゲシュト

ゲシュトはレラジエにもしイザナと無理に結ばれていたらハメルの小説と同じ結末を迎えていただろうと肩をたたきます。

そんな未来を望んでいないとゲシュトは罪を償いまっとうに生きることをレラジエに願いました。

イザナに謝罪するゲシュトにイザナは人を信じることを学びよかったと思っていると答えます。

 

そのおかげでジンジャーとも出会えたと話すイザナに、ゲシュトはすばらしい国王になるだろうと告げました。

ハメルにも謝罪して、思っていたよりも優秀な魔法使いで誇りに思うと伝えます。

そして自分のための人生を歩んで幸せになってほしいと最後に伝えゲシュトは去っていきました。

イザナとジンジャーは幸せになる

ゲシュトが去るとペンダントは砕け散ります。

レラジエは投獄を命じられ連れていかれました。

 

ジンジャーはライバルがいなくなったはずなのに気持ちが晴れず落ち込みます。

全てが終わり力が抜けてその場に座り込んでしまいました。

そしてこれまで起きたことを思い返します。

 

歴代初のハッピーエンドなのではと自慢気な顔で話すジンジャー。

イザナはこれからが物語のスタートとジンジャーのあごに手をやります。

期待に満ちたジンジャーの顔を見てイザナは心が読めなくてもはっきりと考えていることがわかるのでした。

旅に出るハメル

自分も同じことを考えているとジンジャーに口づけをするイザナ。

ハメルがいることも忘れすっかり二人の世界です。

 

そんな二人を残してハメルはそっと部屋を出るのでした。

外に出たハメルはゲシュトにいわれたことを思い出して歩きます。

早くに両親がなく、弟子入りをして、せわしなく生きてきた自分を思い返しました。

 

恋をしたけれど、自分のことは見てもらえず、これからは自分の人生を歩んでみようと考えます。

そして、そのために自分探しの旅に出る決意をして、そこで新たな道を見つけられるかもしれないとハメルは去っていくのでした。

悪役が施す美徳ネタバレ63話感想

レラジエはゲシュトに怒られるというか諭された感じでしたね。

自分の孫があんなにも悪女のような行動をとってしまうとはゲシュトは悲しかったと思います。

ゲシュトもイザナに呪いをかけているので、申し訳なさでいっぱいだったのではないかと思いました。

 

しかし、イザナとジンジャーが本当の意味でハッピーエンドになって本当に良かったと思いました。

これからまた新しい物語が始まるとイザナの言葉にまだ、この二人が見られるのかと思うと楽しみですよね。

 

自分探しの旅に出たハメルのことも気になります。

ハメルにとっていい出会いがあるといいなと思いますよね。

 

そして、捕まったレラジエは牢獄で何を思い、どう反省をするのでしょうか。

レラジエは諦めが悪いので素直に反省をするとは思えませんが、今は反省すると信じたいと思います。

今後の4人の未来をもっともっと覗いてみたいですね。

悪役が施す美徳ネタバレ63話最新話と感想!新しい物語が今始まるまとめ

今回は漫画「悪役が施す美徳」63話のネタバレ、感想をご紹介しました。

レラジエは投獄されて、ジンジャーとイザナはめでたく結ばれました。

しかし、ハッピーエンドで終わるのではなくこれから新しい物語が始まります。

ハメルは自分探しの旅に出て、新しい物語がどんなものになっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!