ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ102話最新話と感想!ドラゴンの予言に怒るアン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」102話のネタバレと感想をまとめてみました!

ドラゴンの予言を聞いたアンが怒り、エステルは冷静に対応をする物語です。

エメルが出した決断は騎士団を去ることだった・・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になった102話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ102話最新話と感想!ドラゴンの予言に怒るアン

エステルを気に入るドラゴン

アンの叫び声が響き渡り、ドラゴンは予言を取り消すことは出来ないと答えます。

さらに予言は当たると話すドラゴンに魔法で攻撃をするアン。

 

エステルは冷静に予言といっても今すぐに訪れる事ではないとアンを落ち着かせようとしました。

そして、大切な人のためなら自分の命を犠牲にできると話すとアンは逆上してしまい部屋を飛び出してしまいます。

 

2人になり、ドラゴンが恨むかを尋ねるとエステルは嫌いな人のために命を落とすよりはましだと答えました。

そんなエステルの考えが初代魔導士のアンニタに似ているからドラゴンは気に食わないと話します。

アンニタは人間の善意を信じる魔導士だったようで、エステルはそのことを聞き、自分は善意を信じないと反論しました。

 

エステルは自分が残されて傷つくよりも、自分が命を落として楽になる方を選ぶ自分勝手な考えを持っていると主張します。

するとドラゴンはそんな考えのエステルを気に入り、「アスラウドデロール」と滅多に人には教えない自分の名前を教えてくるのでした。

アンを慰めるエステル

落ち込んでいるアンの元に向かったエステルは自分勝手なことを謝罪します。

アンは自覚がある分たちが悪いといいながらも、エステルが自分のせいで命を落とすようなことがあるのではないかと心配しているのでした。

そんなアンにエステルは自分は生まれ変わることができると秘密を打ち明けます。

 

かすかに残る前世の記憶を思い出しながらエステルが優しく話をするとアンは記憶がないからあってもわからないと子供のようにポカポカエステルを叩くのでした。

そしてエステルにエメルに告白をして結婚して子供を産めばいいのにと皮肉をいいます。

真っ赤な顔になるエステルにアンはそうすればこんなことはいえないと言葉を続けるのでした。

エメルの決断は爵位を継ぐことだった

公爵の書斎ではエメルが騎士団をやめたいと伝えています。

パパは侯爵家に戻るという決断をしたことで命を落としエステルが悲しんだりしないかを心配しました。

エメルの決断が揺るがないことを確認し、騎士団の契約を解くこと告げるパパ。

 

エメルが書斎から出るとカルルが廊下に立っていました。

カルルはエメルの父と兄の命を奪いましたが、恨んだりする気持ちにはならないエメル。

カルルもそのことはわかっているので謝罪をするつもりもなく、エステルがエメルを選んだのがどうしてなのか尋ねます。

 

エメルもそのことは疑問だと答えるとその場を後にして二人は別れました。

カスティージョ家には大きな弱点があり、そのことで命の危機ともいえる危険な目に遭ったエステル。

もう二度とそんなことをさせたくないとエメルはレイモンド侯爵になりその穴を埋めようと考えたのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ102話感想

アンがドラゴンにすごい勢いで怒っていましたね。

それに対してエステルはいたって冷静で思わず、吹き出しそうになりました。

確かにエステルのいうことも一理ありますよね。

 

今すぐとは限らないわけですし、年を取ってからのことかもしれないですから・・・

そんなエステルの考えを気に入ったドラゴンは滅多に教えない自分の名前を教えるとは相当エステルのことを気に入ったみたいですね。

アンとのすれ違いもすぐに修復出来て、二人の仲がまた近づいた気がします。

 

エメルは騎士団をやめて侯爵家に戻ることを決断したのですね。

その真意がエステルを危険な目に遭わせないように守るためということも明らかになりました。

 

エステルやその周りの人たちはそこまでの真意を知らないわけですから、しばらくはすれ違いになってしまうのでしょうか。

エメルが去ることでエステルが悲しまないといいなと思います。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ102話最新話と感想!ドラゴンの予言に怒るアンまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」102話のネタバレ、感想をご紹介しました。

絶対に当たるというドラゴンの予言にアンは取り消すように怒りをあらわにします。

エステルはそんなに気にしていない様子で、ドラゴンはエステルの考えを気に入り自分の名前を教えました。

エメルはエステルを守るために騎士団をやめレイモンド侯爵家に戻る決断をするのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!