ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ101話最新話と感想!揺れ動く二人の恋心

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」101話のネタバレと感想をまとめてみました!

エメルへの気持ちをアンに相談するエステルと、エステルへの気持ちに苦悩するエメルの物語です。

ドラゴンがエステルに告げた予言とは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった101話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ101話最新話と感想!揺れ動く二人の恋心

エメルにとってのエステルの存在

エステルの部屋へ向かいながらエメルはエステルの体調を気遣います。

そんなエメルの横顔を見ながらエステルは自分自身に怒っているのではないかを問いかけました。

エメルは自分がエステルにどんな存在なのか質問し、自分がどんな人間なのかを知らないから知った時には軽蔑するだろうと告げます。

 

そんなエメルにエステルは同じ質問を投げかけました。

エメルは自分にとっての一番星であるとエステルに答えます。

ちょうどその時エステルの部屋の前に着き二人は別れました。

 

部屋に入ったエステルはエメルのことをどのくらい知っているのだろうかと考えを巡らせます。

これまでのエメルが本当の姿なのかだんだんわからなくなってきたエステルは突き放されたようで悲しくなります。

そしてエステルがエメルを好きな気持ちに気づいて距離を置こうとしているのではないかと考えるのでした。

エメルへの想いを相談するエステル

夜になり、アンの元をエステルが尋ねると、その瞳の充血を見てアンは驚きます。

その理由をドラゴンは的確に言い当て、多くの精霊士がそうして命を落としてきたと話しました。

アンは詳しくエステルにこれまでの経緯を聞いて、ロイを助けるためとはいえ、代償を考えずに行動したエステルは間違っていると強い口調で告げます。

 

万が一エステルに何かあったときに残された愛する人の気持ちも考えて欲しいと頼むのでした。

ドラゴンは目が充血する程度で済んだのは魔族の血が流れているからかもしれないと話します。

エステルはアンにエメルはそのことで怒っていたのかもしれないと相談することにしました。

 

アンはエステルのことが好きなエメルならそんなことは謝ればすぐに許してくれるはずと気楽に答えます。

しかし、口ごもるエステルはアンにエメルのことを好きになったかもしれないと告白するのでした。

アンは嬉しそうにエステルにも遅い春が来た喜びます。

ドラゴンの予言

そうして、話はアンとドラゴンが普段何をしているのかということに話が変わりました。

魔法はドラゴンから生まれ、人間に伝わったとされていますが、人間が使っているものは完全ではないのです。

アンはその未伝授の魔法を教わっているのでした。

 

エステルはドラゴンがなんの代償もなしに教えるはずがないと疑います。

するとドラゴンは、対価として逆に人間が発展させた魔法を教えてもらい、イリアルの体質をサンプルとしてもらっていると教えてくれました。

 

アンに変なことをしていないかと心配するエステルにドラゴンは予言をしようとエステルの額に指をさします。

そしていつか愛する人のために命を落とすことになると恐ろしい予言をするのでした。

エメルのエステルに対する想い

一方、エメルは自分の部屋でエステルのことを考えていました。

自分に向けられるエステルの瞳から伝わる愛情がいつからか変わり始めたことに気づいたのです。

しかし、エステルの感情は初心なものに対して自分は嵐のような激しい気持ちでした。

 

まったく別のものだからこそ突き放してきましたがそれももう限界です。

幼いころから見てきた大切なエステルにこんな感情を抱いてしまうのは自分にもレイモンド家の血が流れているからなのかと苦悩するエメル。

 

このまま護衛騎士として傍にいる事が正しい選択とも思うことができません。

苦悩の末、自分に爵位があればとつぶやいたエメルは何かを決意したようにこれだとつぶやくのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ101話感想

エステルのまっすぐな恋心とは違ってエメルの激しい想いがわかりましたね。

お互いに好きな気持ちはあってもその想いの激しさが違うことがよくわかりました。

このまま二人の想いが通じたとしてもすれ違いそうな危ない感じがします。

 

誰に相談しようか悩んだエステルはアンに相談していましたね。

アンは嬉しそうでしたが、あまり参考になるような話は聞けませんでした。

 

ドラゴンとアンの契約はそれぞれに足りない魔法を補うことだったのがわかりましたね。

しかし、さすが長年生きるドラゴンです。

エステルの様子を一目見ただけで、精霊の力をたくさん使ったことそして、命を救ったことを見破りました。

 

恐ろしい予言まで出てきましたが、エステルがこれ以上悲しむのはあまり見たくはない気がします。

そしてエメルの決断の内容もとても気になりますね。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ101話最新話と感想!揺れ動く二人の恋心まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」101話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エステルはアンにエメルのことが好きなことを告白します。

ドラゴンとアンはそれぞれ、足りない部分の魔法をお互いに教え合う関係になっていました。

エステルに対する気持ちに苦悩するエメルは何か思いついたようにつぶやくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!