公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ96話最新話と感想!エレオノラが見せた覚悟

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」96話のネタバレと感想をまとめてみた!

帝国軍が城から離れている隙に、皇帝たちを襲撃したラファエレ。

彼はディエゴをアンブロセティに連れていこうと剣を向けました。

公爵家のメイドに憑依しました96話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ一覧へ

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ96話ネタバレ最新話と感想!エレオノラが見せた覚悟

侵入者の再来

ディエゴはアンブロセティへ来いと言われたものの返事ができずにいると、剣を向けたラファエレが近づいてきます。

指を切り落とすと言われ、帝国を去ることを了承したディエゴ。

ラファエレは帝国軍が引き返してきたら面倒だと思いながらも、ある作戦を考えていたのでした。

 

その頃イベリナは、南部に行ったリアンドロを想いながらベッドに寝ています。

なぜ知らせが無いのかと不安に思っていると、窓から侵入者が入ってきたことに気付きました。

リリアナの名前を呼び助けを求めますが、侵入者に捕まってしまいます。

 

イベリナに剣を向けられてしまい、身動きのとれなくなったリリアナ。

侵入者たちはベラビティ家の騎士に手を出すのは面倒になると言って、目隠しをして縛り上げておくことに。

イベリナはまたも皇帝の命令なのかそれとも別の差し金なのかと、剣を向けながらも冷静に考えるのでした。

妹のような存在

城では、エレオノラが足を切りつけられたディエゴに謝っています。

そんなエレオノラを睨みつけると、ラファエレの計画を知っていたのかと問うディエゴ。

すると狩猟祭での落馬事故も、自分の仕業だと泣きながらも素直に言いました。

 

皇后になる者がなぜそんなことをしたのかと責めるディエゴでしたが、貴方の命を助けたかったと言うエレオノラ。

もし協力をしなければ皇太子の命を奪うとラファエレに脅されていたのでした。

 

どうしたら良いのかわからないと泣くばかりのエレオノラに対し、縄を解いて欲しいと言うディエゴ。

アンブロセティがどうなったとしても、妹同然のエレオノラを害することは無いと優しく言います。

女に見られることは無いのかと落ち込みながらも、ディエゴに恨まれたくないエレオノラは縄をほどこうとしました。

強い思い

そこへやってきたラファエレは、逃がすつもりなのかとエレオノラに問いかけます。

もうやめて欲しいと訴えるエレオノラでしたが、止まる様子のないラファエレ。

それどころか、大人しく連れて行くためには腕を切り落とす必要があると剣を抜きました。

 

するとディエゴの前に守るように立ったエレオノラは、彼に手をかけるなら自分の命が無くなっても良いと言います。

これまで人質として城で惨めな思いをしてきた彼女を救ってきたのは、ディエゴただ1人。

自分の思いが叶わなかったとしても、彼を捨てることはできないと涙を流しながら言いました。

 

そんなエレオノラの思いを聞き、自分は彼女のことを妹もしくは政略結婚の相手としか見ていなかったのにと感動するディエゴ。

しかしラファエレはエレオノラの思いを聞いても心が動かされることはなく、実の妹に剣を向けました。

 

そのとき、帝国軍が城に戻ってきたと知らせが入ります。

ラファエレは、ディエゴだけでなくエレオノラも縛らせ、監視しておくようにと命令したのでした。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ96話感想

無理やりディエゴを従わせたラファエレでしたが、帝国軍が戻っても良いよう作戦がまだ残っているようでしたね。

そんなとき、ベラビティ邸宅へ再び現れた侵入者。

皇帝が仕向けた侵入者よりも慎重な様子から、プロの暗殺者かもしれません。

 

夜中にこっそりと入ってくるあたりや、その後のことを考えているあたり前回とは様子が違います。

イベリナは察していたようでしたが、ラファエレが切り札として用意している作戦なのかなと思いました。

 

そして城ではエレオノラが涙を流しながらディエゴに謝罪していたものの、彼自身は怒りを見せていませんでしたね。

きっと、気弱な彼女のことだからラファエレに脅されていたのだとわかっていたのでしょう。

 

どうしたら良いのかと泣いてばかりのエレオノラには、少しイライラしてしまいました。

自分の意思で行動したことがないので決めることができないのかなと思います。

 

しかしディエゴを見捨てることはできないと覚悟を決めたエレオノラは、かっこよく感じました。

彼女にとって、ディエゴという存在が原動力になっているのでしょう。

そんなエレオノラの思いを聞いたディエゴの心も動かされていたので、これから両思いになる展開も考えられます。

 

それでも非道なラファエレは、妹だからと容赦することはない様子。

さすがに命を奪うまではしないと思っていましたが、彼の様子を見るとエレオノラを処分することもありえますね。

ようやく帝国軍が戻ってきたようなので、リアンドロとラファエレの対決が楽しみです。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ96話最新話と感想!エレオノラが見せた覚悟まとめ

ディエゴを傷つけるなら命を失っても良いと、覚悟を見せるエレオノラ。

言うことを聞かない妹に対してラファエレが剣を向けたそのとき、帝国軍が戻ってきたと知らせが入りました。

⇒公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!