公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ95話最新話と感想!仕組まれた城への襲撃

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」95話のネタバレと感想をまとめてみた!

リアンドロは総司令官として、帝国南部へと出征しましたがそこで違和感を感じます。

帝国軍が城を離れている間、皇帝たちに起きていたこととは…?

公爵家のメイドに憑依しました95話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ一覧へ

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ95話ネタバレ最新話と感想!仕組まれた城への襲撃

不吉な予感

明日出征してしまうリアンドロを気遣いながらも、幸せな夜を過ごす2人。

誰にも手出しができないようにとイベリナの首元にキスマークをつけるリアンドロ。

 

翌朝、予定通り南部へと出征する彼をイベリナは不安そうに見送ります。

彼女の不安な様子を心配したリリアナは、すぐに戻ってくるからと慰めました。

イベリナが気になるのは、戦争よりもそのあとのことです。

 

公爵家の人間に手を出したのだから、イオラ子爵家は滅亡させることのなるだろうと真剣な表情で言うリリアナ。

少し怯えたイベリナに対し、皇帝の動向は気になるがリアンドロがついているから大丈夫だと再び励まします。

それでも不吉な予感を拭えないイベリナは、彼の無事を願うことしかできないのでした。

違和感

一方、南部公爵邸が焼け野原になったいる状況を見てイベリナが男爵領にいなくて本当に良かったと考えるリアンドロ。

そこへ制圧報告が入り、あまりにもあっけなく戦いが終わったことに違和感を感じます。

 

捕らえた連合軍の頭の前に行くとなぜか余裕な様子をみせ、挑発するかのようにつばを吐く始末。

兵士に体中叩かれても態度を変えない男を見て、リアンドロの違和感は大きくなっていきます。

 

なにか策があるのでは、と考え込んでいたところに伝令が。

その手紙を読んだリアンドロは、急ぎ城へ戻ることにしたのでした。

卑怯な作戦

その頃、監禁状態で過ごしていたエレオノラのもとに現れたのは兄ラファエレ。

無理やり入ってきた彼を見たエレオノラの顔は青ざめたのです。

 

ラファエレは皇帝やディエゴたち皇室の者を捕らえ、皇帝の椅子に座り彼らを見下ろしていました。

帝国軍が城から離れている隙を狙って襲撃したのです。

捕まってもなお口答えをする皇帝を見て、ディエゴの足を剣で切りつけさせたラファエレ。

 

その行動に驚いたエレオノラは、必死にやめさせるよう訴えます。

皇帝は悔しさを滲ませながらもこの場をおさめるために、ラファエレの要望を一旦聞くことに決めました。

 

彼の要望は、アンブロセティ王国の独立とディエゴを自国に連れて帰ること。

独立に関してはすぐに認めた皇帝でしたが、後継者を連れて行かせることはできないと慌てて言います。

ラファエレは皇帝の意見を無視し、ディエゴにどう思うかと聞くのでした。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ95話感想

嫌な予感が的中したかのように、城が襲撃されるという出来事が起きてしまいましたね。

戦力のあるベラビティ家が帝国にいないときを狙えば、簡単に制圧できるとラファエレは考えたのでしょう。

 

リアンドロ自身は怪我もなく戦闘もすぐに終わったようですが、囮だったことがわかります。

囮としての役割を果たしたからこそ、連合軍の頭は余裕を見せていたのだと思いました。

城に戻るまでどのくらい距離があるのかわかりませんが、早く帰還しないと皇帝の命も危ぶまれます。

 

皇帝たちを縛り上げ喜ぶラファエレとは対象的に、終始青ざめた様子のエレオノラ。

まさかディエゴにまで怪我を負わせるとは思っていなかったのかもしれません。

もはやラファエレを止めるものは誰もおらず、エレオノラにもどうしようもできないのでしょう。

 

そして彼の要求は、ディエゴをアンブロセティに迎え独立することでした。

となるとアンブロセティでエレオノラと婚約することになりますが、彼女はそれを喜ぶのでしょうか。

ディエゴの返答次第では、さらに暴力を振るいそうなラファエレですね。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ95話最新話と感想!仕組まれた城への襲撃まとめ

今回は、「公爵家のメイドに憑依しました」ネタバレ95話最新話と感想を紹介しました。

あっけなく連合軍を制圧したリアンドロでしたが、伝令があり急ぎ城へと戻ることになります。

帝国軍がいない隙を狙って皇帝たちを襲撃したラファエレは、自身の要望を伝えたのでした。

⇒公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!