ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ104話最新話と感想!エメルを引き留めるエステル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」104話のネタバレと感想をまとめてみました!

出ていくエメルを引き留めずにはいられないエステルの物語です。

エステル決死の告白・・・エメルの答えは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった104話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ104話最新話と感想!エメルを引き留めるエステル

ジンに理由を問いただす

ジンにエメルが出ていくことを聞いたエステルは驚き理由を問いただします。

しかし、ジンはエメルが自ら伝えるといっていたのでその理由を話しませんでした。

 

そんなジンの態度に思わず声を荒げるエステル。

2人の問題だからといわれ、我に返り謝るのでした。

エメルを引き留めるエステル

夜になり、自室で一人悩むエステルは、なかなか寝付くことができず、散歩に出ることにします。

エメルに言われた通りきちんと服を来て月を見ながら歩いているとどこからか悲しい精霊の鳴き声が聞こえてきました。

その暗い鳴き声に導かれるように歩いていくとそこには剣を見つめるエメルが立っていたのです。

 

エステルはエメルに稽古をしていたのか尋ねると、エメルは最後の修行と答えました。

そして、エステルに翌日出ていくことを告げます。

エステルはエメルに会ったら聞きたいことがたくさんありましたが、行かないでというのが精一杯でした。

 

好きと告白をするエステルにエメルは自分も好きだと答えます。

しかし、その瞬間エステルにははっきりと自分の好きとは別のものであることが理解できたのでした。

自分はフラれたのだと感じながらもエステルは必死でエメルを引き留めようとします。

 

そんなエステルと目を合わせようともせず、エメルは冷えるから部屋に戻るようにと冷たくあしらいました。

エステルは理由だけでも教えて欲しいとエメルに泣きすがります。

 

エメルはその質問には答えずにエステルをお嬢様として扱い額にキスをするのでした。

エメルの態度に膝から崩れ落ちたエステルは嫌いになると泣き叫びます。

一瞬立ち止まるエメルに、行かないでと願うのでした。

エメルが去った翌日

翌朝、エメルは本当に屋敷を出て行ったのです。

エステルはエメルのことを忘れるため仕事に没頭していました。

ロイはそんなエステルに気を遣おうともせずにエメルにフラれたことをからかいます。

 

エメルが出て行った理由を知っていたのかをエステルに聞かれたロイ。

エメルが最後まで隠したかったことだから自分の口からはいえないと質問には答えません。

エステルは怒りがおさまらず、ロイにエメルの話はしないように指示をします。

 

話題を変えてロイとエレンは結婚をしないのかを尋ねるエステル。

その時エステルの元をアンが訪ねてくるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ104話感想

エメルが去る理由はエステルには一切明かされることはありませんでしたね。

エステルの立場からしたら自分だけのけ者のようで切なく、見ているこちらは歯がゆい気持ちになります。

ジンやロイは知っていてもエメルの問題として詳しくは教えてくれないのもエステルが可哀想になってきました。

 

そして、必死に引き留めるエステルのシーンはこちらも悲しくなりましたね。

エメルは気持ちを悟られないように冷たくあしらい、エステルはフラれたと傷つきました。

自分がレイモンド侯爵家の人間だとエステルには知られたくなかったエメルのつらい気持ちもよくわかります。

 

エメルもつらかったとは思いますが、エステルを守るためとはいえエステルを悲しませる結果となり、悲しい別れになりました。

2人に幸せが訪れる時は来るのでしょうか。

 

そして、ロイはいつものようにエステルをからかっていましたが、これはロイなりの優しさなのではないかと思います。

エステルの元をアンが訪ねてきましたが今度は何が待っているのでしょうか。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ104話最新話と感想!エメルを引き留めるエステルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」104話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エメルが出ていくことを知ったエステルは寝付くことができず散歩に出ます。

そこでエメルに会い、必死に引き留めますが、その願い虚しくエメルは出て行ってしまいました。

翌朝、ロイと話をしているとアンが訪ねてくるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!