ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ103話最新話と感想!エステル、伯爵になる

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話のネタバレと感想をまとめてみました!

忠誠を誓ったロイにプレゼントを贈るエステルの物語です。

伯爵の仕事を任されることになったエステル・・・

ある日、私は冷血公爵の娘になった103話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ103話最新話と感想!エステル、伯爵になる

忠誠を誓ったロイへのプレゼント

ロイが忠誠を誓ったことの重大さを理解していないエステルはそのままにしていて、それをケルソンが驚いています。

忠誠を誓うということはロイの人生すべてがエステルのものになるということで滅多にあることではないとケルソンが説明をしてくれました。

その事の重大さにようやく気付いたエステルはどうしたらいいのかをケルソンに尋ねます。

 

ケルソンは騎士に武器など意味のあるものをプレゼントするのが一般的だと教えてくれました。

それを聞きエステルは宝石やお金では意味がないと考えてあることをひらめきます

ドラゴンに鱗の鎧づくりを依頼する

ドラゴンのところを尋ねたエステルはおもむろに剣や鎧を作りたいので鱗が欲しいとお願いしました。

突拍子もないエステルの提案にドラゴンは呆れています。

しかし、その発想の面白さに興味を持ったろドラゴンは鱗の鎧を作ってくれることになりました。

 

もちろんタダでは作ってもらえないことを知っているエステルはその代償を尋ねます。

ドラゴンはエステルを味わわせることを条件に提示するとアンは激怒しました。

しかし、エステルはあっさりとその条件をのみ、味わうのは血だけと答えます。

 

ドラゴンとアンはエステルの発言に少し驚きますが、ドラゴンは交渉を成立させました。

そしてエステルの腕に噛みつき味わうと早速鎧を作ってくれます。

 

出来上がったドラゴンの鎧をロイに渡したエステル。

ロイは騎士団の所属ではなくなり、エステルの所属となり、部屋もエステルの隣に移りました。

エメルは忙しくて護衛につくことができないとエレンに教えられましたが、エステルは少しホッとした気持ちになりつつも寂しさを感じています。

伯爵になったエステルと板挟みで悩むゼオン

場面が変わり、エステルはパパにソリード伯爵領を任されることになりました。

エステルが精霊士として浄化した土地のようでパパは自分の仕事を減らしたいというのもあったようです。

任されたたくさんの書類の山を抱えてエステルは自分の仕事部屋へ向かっていると廊下でゼオンが声をかけてきました。

 

ゼオンに事情を説明して伯爵になったことを話すエステル。

思い切ってゼオンに自分が可愛いかを聞いてみることにしました。

ストレートな質問に照れながらもゼオンは可愛いと答えてくれます。

 

そして告白されたら男の人はどう思うかを聞くエステル。

ゼオンは人を惹きつける魅力がエステルにはあるからみんな喜ぶと思うと答えてくれました。

そんな会話をしていたエステルはゼオンの顔色が悪いのが気になり尋ねます。

 

ゼオンはこの前の戦争の一件でリドルとカルルの板挟みになっていて悩んでいることをあかしました。

カルルはリドルのことをもう友達と思っていないという話をしているところに慌てた様子でジンがやってきます。

そしてエメルが公爵家を去ることを知っているかをエステルに聞くのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ103話感想

ロイへのプレゼントを考えてエステルが思いついたのはドラゴンの鱗で作ったものでしたね。

しかし、ドラゴンの言うように人間の皮膚で剣や鎧を作ることはしないからドラゴンにとっては奇天烈な発想だったようです。

それでも、そんな天然な考えのエステルを気に入っているドラゴンはしっかりとした鎧を作ってくれました。

 

そんなドラゴンとエステルのやり取りは少しずつ考えのズレみたいなところがあり面白いですよね。

そしてロイのことをしっかりとしたところで、エステルはパパに仕事を任されることになりました。

パパの仕事量が多いこともあるとは思いますが、エステルの成長も感じられ、今回伯爵となりましたね。

 

ゼオンはカルルとリドルの板挟みとなって心身ともに疲れている感じでした。

エステルの一般男性の質問を紳士的に答えて本当にゼオンはいい人なのだと思いました。

 

そんな中、ジンが慌てて報告に来たないようにエステルは驚愕した様子でしたね。

忙しさの中、会えずにいたエメルが公爵家を去ることを聞かされて、どうなってしまうのでしょうか。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ103話最新話と感想!エステル、伯爵になるまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話のネタバレ、感想をご紹介しました。

忠誠を誓ったロイにエステルはドラゴンに頼み鱗で鎧を作ってもらいプレゼントをします。

パパの仕事量が多いこともありソリード伯爵領を任され、エステルは伯爵となりました。

廊下でゼオンと話をしているとジンがエメルが公爵家を去ることを伝えてくるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!