ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった11話最新話と感想!カルルの友達は皇族?

ある日、私は冷血公爵の娘になった11話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

混ざった子のエステルは、自分が皇帝になる器であるカスティージョ家のカードだったことを知りました。

また、剣を習得しようと試みるエステルの心理が気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった11話のネタバレをお届けします。

 

また、ある日、私は冷血公爵の娘になった11話の感想としては、エメルやカルルとさらに仲が深まり、カルルの友達のことも明らかになります。

ある日、私は冷血公爵の娘になった11話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ11話最新話!カルルの友達は皇族?

公爵との距離

エメルが突然エステルに、お嬢様は公爵には会いに行かないのかと聞きました。

その質問をされてエステルは少し気まずい気持ちになり、公爵に嫌われたくないから会えないと心の中で思いました。

話を聞いていたカルルは、エステルに好きな時にお父様に会いにいけばいいと言い、お菓子をくれました。

 

とても可愛くて、おいしいお菓子で、エステルはとても幸せな気持ちになります。

エステルがお菓子を食べているとエメルも食べたそうにしましたが、カルルからの視線が怖く、結局お菓子は貰いませんでした。

エステルを妹と認めたカルル

エステルが躊躇なくカルルから貰ったお菓子を食べたのを見て、カルルはエステルに注意をします。

人から貰った物には睡眠薬とか入っているかもしれないから気をつけろと。

エステルはその言葉に対し、お兄様からもらった物だから信用していると反論しました。

そして、突然、エステルはカルルを抱きしめます。

 

エステルは甘えたようにカルルに対し、アカデミーに戻らないとだめですかと聞きました。

するとカルルは即答で、妹が言うなら戻らないと言いました。

その言葉を聞いてエステルは正気に戻り、お友達もいるだろうし、アカデミーに戻ってくださいと言います。

 

そして、カルルがアカデミーに行きたくなるようにカルルの友達について聞きました。

カルルの仲の良い友達は2人でゼオン・エンカストとリドル・ルステ・アルキナというおしゃべりな子と静かな子と教えてくれます。

カルルの友達の話を聞いて、エステルはなんとなく嬉しくなりました。

カルルの友達とアカデミー

エステルとの会話を終えて、剣の稽古に取り組むカルル。

カルルの素振りから、エステルは精霊石の音が聞こえました。

その音は歌っているみたいでエステルにとって、とても心地の良い音。

 

カルルとエステルの様子を見て、エメルは、エステルといるとカルルは丸くなると話し始めます。

エメルはカルルの友達のことも教えてくれて、静かな友達は公爵よりも位が高い皇族とのことも教えてくれました。

エステルは、カルルの友達の話を聞き、お兄様が失礼なことをしたらどうしようと焦り始めます。

やっぱり公爵に会いたい!

後日、エステルは公爵とやはり会いたいと思い、公爵の部屋に一人でやってきました。

公爵の仕事部屋をエステルが覗いていると、エメルがエステルに何をしているか話しかけます。

エステルは驚いて、頭をぶつけました。

それに気づいた公爵がエステルとエメルのところへやってきます。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ11話感想

カルルがエステルのことを初めて妹と認めましたね。

カルルにとってエステルはとても大切な存在であることが、エメルの発言からもわかります。

確かにカルルは初めて会ったときは、どことなく怖い少年でした。

そんなカルルが今ではエステルにお菓子をあげたり、妹の要望を聞いたり、良いお兄ちゃんとなっているのは、ほっこりします。

 

また、エステルは公爵に怯えている部分があるらしく、なかなか距離を縮めることができません。

公爵がエステルを大切にしていることはわかっているとは思うのですが、嫌われたくないという気持ちが先行してしまうようですね。

でも、やはり公爵のことは気になるようで、部屋に向かうことにしました。

 

また、カルルの友達の話が出てきました。

カルルはなんとなく友達の前でもツンデレな態度でいるような気がします。

また、友達の一人が皇族であることがわかり、どのような人物か気になります。

 

エステルはこれからカルルの皇族の友達と会うことになるのでしょうか。

あと少しでカルルはアカデミーに戻ってしまうので、少し寂しいですね。

カルルがいなくなったら、エステルの生活はどのように変化するのでしょうか。

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった11話のネタバレと感想をお届けしました。

エステルが公爵に遠慮していることや、本当は公爵と会いたい気持ちがあることがわかりました。

そして、エステルは公爵の部屋に行きましたが、これから公爵とエステルは距離を縮めることはできるのでしょうか。

 

また、カルルの友達のことも明らかになってきましたね。

カルルの友達の一人は皇族ということもわかり、これからの展開が楽しみですね。

次回、公爵との距離も縮まりそうな、ある日、私は冷血公爵の娘になった11話の感想、ネタバレでした。

-ある日、私は冷血公爵の娘になった