ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった12話最新話と感想!エステルを狙う魔塔とは?

ある日、私は冷血公爵の娘になった12話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

カルルの友人のことや精霊石のことなど、カスティージョ家のことを徐々に知るエステル。

そんな中、公爵に遠慮がちなエステルが公爵に会いに行くことにした、ある日、私は冷血公爵の娘になった12話のネタバレをお届けします。

 

また、ある日、私は冷血公爵の娘になった12話の感想としては、公爵がエステルをとても可愛がっていることがわかります。

ある日、私は冷血公爵の娘になった12話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ12話最新話!エステルを狙う魔塔とは?

公爵の見張りをすることに

エステルとエメルが公爵の部屋の前で話していると公爵がやってきました。

エステルの姿を確認した公爵はエステルを抱きかかえ、入れと命令します。

公爵の部屋には執事のケルソンもおり、公爵の仕事の付き添いで睡眠もまともにとれていなかったケルソンはとてもやつれていました。

 

エステルを抱きかかえる公爵の姿を見たケルソンは、エステルに公爵の見張りを託し、休憩に入りました。

大量の書類に驚くエステルですが、公爵が書類に落書きをしているのを見つけて、親近感が湧きました。

エステルは公爵に早く仕事を終わらせて遊ぼうと誘い、公爵の見張りをすることにしました。

エメルの決意

公爵の名前はアイン・カスティージョというらしく、初めてエステルは公爵の名前を知ります。

そして、いつの間にか眠りについてしまいました。

公爵はエステルが公爵の膝の上で眠っている間に仕事を全て終えました。

休憩から戻ったケルソンは、公爵が一人で仕事を終えたことに感激します。

 

眠っているエステルを見て、ケルソンは大人になったらエステルは美しい人になるだろうと言いました。

公爵は、エステルが混ざった子であることに加え、美しい容姿であることから、魔塔の連中がエステルの存在を知ったらどうなるかと心配しました。

その話を聞いたエメルは、僕がエステルを守ると強く決心します。

その言葉を聞き、公爵は安心し、エメルにエステルを託すことを決めました。

人間不信のカスティージョ家

エステルが眠りから目覚めると、あまりに無防備に寝てしまったことにギョッとしました。

エステルは恥ずかしさを隠すために公爵にペラペラと話しかけてしまいます。

そして、カルルと3人でお茶をしようと提案をしました。

カルルが公爵の部屋にやってきて、3人でお茶をすることになり、公爵は父親らしく、カルルにアカデミーのことを聞きました。

 

少し深刻そうな話をしていたので、何かあったのかとエステルが聞くとカルルは、人が多すぎると答えました。

エステルは、そんなことが悩みなの?と思いましたが、公爵がカスティージョ家は本能的に人間を嫌うと答えました。

 

そして、人間もカスティージョに不快感を覚えるということも教えてくれます。

ただ、公爵は、エステルは混ざった子であるため人間に不快感を感じないとエステルに伝え、カルルにもお前もいつか人間に不快感を覚えない日が来るだろうと諭しました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ12話感想

エステルが勇気を出し、公爵の部屋へ行きましたね。

公爵は表情には出しませんが、エステルのことをとても可愛がっており、微笑ましかったです。

また、公爵が仕事中に落書きをしてしまうのは意外でした。

 

エステルはとても美しく、これから取り合いになることを公爵やケルソン、エメルも懸念しています。

特に魔塔と呼ばれる組織に狙われる可能性があるとのことで、エステルをむやみに外に出すことは難しそうです。

しかし、エメルがエステルを守ってくれるので、安心かなとも思いました。

 

公爵とカルルとエステルでお茶をすることになりますが、親子水入らずで普通の家庭のようでした。

公爵は表情を変えないので、子どもに興味がなさそうに見えますが、エステルのこともカルルのこともとても可愛がっていますよね。

カスティージョ家は人間を苦手としていて、また人間もカスティージョ家に不快感を感じることもわかりました。

 

不快感を持たれてしまうということは、やはりカスティージョ家は皇帝になれないということは、間違いなさそうです。

しかし、エステルはカスティージョ家とは違うので、ここもエステルが皇帝になれると言われる理由なのかもしれません。

エステルがカスティージョ家にいるうちは幸せかもしれませんが、エステルがどんどん成長し、外に出ることになった時は、どうなるのでしょうか。

これからの展開も見逃せませんね。

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった12話のネタバレと感想をお届けしました。

公爵はエステルのことをとても可愛がっており、エステルのために好きではない仕事をすぐに片付けていました。

カスティージョ家と魔塔との関係が気になりますが、エメルがエステルを守ってくれるので安心できると思いました。

 

カスティージョ家と人間はあまり相性が良くないようで、心配なことがいくつか出てきました。

カスティージョ家と人間との関係はこれからどうなっていくのか気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった12話の感想、ネタバレでした。

-ある日、私は冷血公爵の娘になった