ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ117話最新話と感想!エメルの告白

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」117話のネタバレと感想をまとめてみました!

社交界で対抗するアイリスとエステルの物語です。

エステルに告白するエメル・・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になった117話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ117話最新話と感想!エメルの告白

その後の社交界でのエステル

唖然とするエメルをよそにエステルはアイリスに今度呼んでくれるときは離れた席でお願いしますと捨て台詞を残し出ていきました。

それからエステルは社交界でカスティージョらしい振る舞いをします。

驚くことにエステルの人気はこれまで以上に高くなりました

 

エステルは味方には手厚くもてなし、敵には容赦なく振舞うのです。

それに対してアイリスは常におしとやかな皇族を演じていました。

そうすることで人気が出て皮肉なものとエステルは思っていたのです。

リドルとの駆け引き

エステルはとある夜会に参加していて、ここでもいつものようにふるまっていました。

するとレイモンド侯爵とアイリス皇女が婚約したという、うわさ話で盛り上がり、エステルは全く気にしていません。

そこへリドルがダンスに誘ってきます。

 

ダンスをしながら、リドルは最近のエステルはらしくないと話します。

しかし、エステルはむしろこっちの方がカスティージョらしいのではと反論しますが、リドルはエステルは違っていたと更に返しました。

エステルは、答えをはぐらかし、リドルに王笏を見たことがあるかを聞きます。

 

リドルは見たことはあるが、王が管理しているため、手を出すことができないと答えました。

その時、レイモンド侯爵の入場を知らせる声を聞き表情が変わるエステル。

それに気づきリドルは指摘します。

 

エステルは護衛騎士だった人物がある日突然侯爵になって現れれば気にもなると答えました。

そこでちょうど曲も終わり、エステルは風に当たってくるとその場を去ろうとします。

咄嗟にエステルの手を掴んだリドルでしたが、すぐに我に返り、エステルを見送りました。

エメルの告白

テラスでワインを飲み考え込むエステル。

そこへエメルがやってきます。

エステルは皇女と婚約したことにお祝いを言いました。

 

エメルはそれを聞き誰とも婚約をした覚えがないと答えます。

それを聞いたエステルは内心喜んでいる自分に嫌気がさしていました。

すると突然、エメルは自分が好きなのはエステルであると告白します。

 

その瞬間エステルの感情は崩壊し、持っていたワイングラスを落とし、エメルに分かれた時のことをぶつけました。

エメルはあくまでも冷静にエステルが好きになったのはエメル・アストラーダであり、エメル・レイモンドではないと答えます。

そして、エステルにゆっくりと近づき目を見つめて、本当の自分を知っても好きといえるだろうかと問いかけるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ117話感想

カスティージョらしい振る舞いをするエステルの人気が高くなって、アイリス皇女は益々エステルに敵対するような気がしますね。

しかし、エステルの途方もない魅力にみんなは惹かれてしまうのではないでしょうか。

それを皮肉なものととらえるエステルですが、無理をしていないのなら、エステルはこのままでもいいような気がします。

 

リドルはエステルのことが好きなような気がしますね。

気にかけているのが場面場面で見えてきます。

今回もダンスに誘い、後ろ髪を引かれる思いでエステルと別れていました。

 

そして、エメルとの再会はすぐに訪れましたね。

まさか、ここでエメルがはっきりと告白するとは思っていなかったので驚きました。

 

エステルも思わず感情が表に出てしまいエメルにいいたいことを言ってしまいましたね。

ここでエメルに本当の自分を知っても好きといえるか聞かれましたが、どう答えるのでしょうか。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ117話最新話と感想!エメルの告白まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」117話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アイリスに宣戦布告し、社交界で、カスティージョらしい振る舞いをするようになったエステル。

皮肉なことにそっちの方が人気が上がり、ある日の夜会で、エメルと再会します。

そこでエメルはエステルに本当の自分を知っても好きといえるのだろうかと問いかけるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!