ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ119話最新話と感想!かりそめ婚約計画

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」119話のネタバレと感想をまとめてみました!

ゼオンにかりそめ婚約を断られたエステルが次なるターゲットを決める物語です。

パパに承諾を得るために計画を話しに行くと・・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になった119話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ119話最新話と感想!かりそめ婚約計画

貴族らしい考えのゼオン

エステルは詳しい内容を話さずに唐突にゼオンに婚約して欲しいと申し出ます。

ゼオンはあまりにも唐突なため、冗談だと思い大笑いしました。

冗談ではないと訂正をしてエステルは皇室と結婚をさせられるかもしれないため、かりそめの婚約をして欲しいと理由を説明します。

 

それを聞いたゼオンはカルルとリドルが仲たがいしていなければこんな話も出なかったのにと非難しつつ、エステルの提案を断りました。

理由はかりそめとはいえ婚約破棄をすることは両家の名に傷がつくからです。

ただ、その代わりに恋人のフリをして婚約を匂わす噂を流す協力はすることができると新たな提案をしてくれました。

 

しかし、エステルはそのことで皇室が先手を打ってきたらどうしようと悩みます。

するとゼオンは少し考えて、本当に結婚をしたらどうだろうかと新たな提案をしました。

一瞬固まったエステルは思いがけないプロポーズに顔を真っ赤にしてゼオンに自分のことが好きなのか慌てて尋ねます。

 

ゼオンは涼し気に、貴族の結婚は元々政略結婚だからそんなことは関係ないと答えました。

更にはカスティージョ家との結婚ならエンカスト伯爵家にとって願ってもない話だと話します。

ゼオンの貴族的な発言にエステルは驚きながら、リドルともゼオンとも結婚をする気はないと断るのでした。

カルルをからかうエステル

ゼオンが部屋を出た後、エステルは本当に好きな人としか結婚をしたくないと改めて考えているとカルルが入ってきます。

カルルはゼオンと遭遇したようで、何の用だったのかを聞いてきました。

エステルは婚約を申し込んで断られたことや、逆にプロポーズされたことを話したのです。

 

怒りに震えるカルルに、もちろんプロポーズは断ったと伝えるエステル。

そして、カルルをからかったことを謝罪するのでした。

パパに計画を相談

夜遅くなってパパを尋ねるエステル。

昼間の出来事を話すと、パパはカルルから聞いて知っていました。

パパはリドルとのことは心配しなくてもいいと話しますが、エステルは誓約の石のことがあるから心配なのだと不安を打ち明けます。

 

そして、エメルに頼んでみようと思っていることを伝えました。

エステルはエメルが自分のことを好きといっていたので婚約破棄をして家名に傷がついても許してくれるかもしれないと理由も話します。

パパは護衛騎士を選ばせた時も迷わずエメルを選んだエステルを思い出しながら、あっさりとその提案を受け入れました。

 

反対されると考えていたエステルは少し拍子抜けした様子です。

部屋に戻り、エステルは明日の朝、エメルに手紙を出してみようと考えるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ119話感想

エステルの突拍子もない発想に対してなんとも貴族らしい対応のゼオンでしたね。

まさか、かりそめの婚約だと破棄をしたときに家名に傷がつくからと本当に結婚を提案するとは驚きました。

エステルはさらりと断っていましたが、やはり、女の子としては好きな人と結婚したいものですよね。

 

カルルは相変わらずのシスコンぶりで面白かったです。

それを知っていて、からかうエステルは悪戯好きだなと思いました。

 

そして話は急に進んで、かりそめの婚約をエメルに頼むことになりましたね。

それをパパに相談したのも驚きましたが、さすがパパ、エステルの性格をわかっていてあっさりと承諾しました。

 

エメルに会いたいと手紙を書くことを決めたエステルですが、エメルはどんな反応をするのでしょうか。

この展開、かりそめの婚約で終わるのかとても気になる展開になってきましたね。

両想いの2人のかりそめの婚約と複雑な内容ですが、続きが気になります。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ119話最新話と感想!かりそめ婚約計画まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」119話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ゼオンに婚約をして欲しいと提案したエステルはあっさりと破棄したときに家名に傷がつくと断られます。

そして、逆にプロポーズされますが、エステルはそれを断りました。

かりそめの婚約の次の相手としてエステルが選んだのはエメルだったのです。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!