外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第125話最新話と感想!肺塞栓症の手術

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第125話のネタバレと感想をまとめてみました!

手術の事を相談する為、リンデンを呼び出したエリーゼ。

彼女の診断は正しいのでしょうか?

「外科医エリーゼ」第125話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第125話最新話と感想!肺塞栓症の手術

リンデンの答え

エリーゼに呼び出されたリンデンは、驚いた様子で説明を求めました。

手術をすれば皇帝が助かる可能性がある事を説明するエリーゼ。

医者としては手術を行いたいものの、家族の意見を聞く必要があると考えたのです。

 

エリーゼの説明を聞いたリンデンは手術をするよう促します。

驚くエリーゼに、助かる可能性があるならどんな方法でも試すべきだと。

 

そして何よりエリーゼを信じていると伝えます。

彼の言葉に胸打たれたエリーゼは、最善を尽くす事を約束するのでした。

肺塞栓症の手術

早速手術に取り掛かるエリーゼ。

完璧な技術で胸骨を切断すると、肺の中の血栓を探します。

しかし、いくら探しても血栓は見つかりません。

 

ここで諦めるわけにはいかないエリーゼは、他の血管も確認する事に。

いくつかの血管を確認した結果、ついに血栓を見つけたエリーゼ。

ピンセットを準備するよう指示すると、取り除く準備を始めるのでした。

皇帝の症状の原因

エリーゼが取り除いた血栓は、長く太いものでした。

こんなものが肺動脈を塞いでいれば、何度もショック状態を起こした事の説明が付きます。

無事手術が終わり安堵したエリーゼは、縫合に取り掛かりました。

 

縫合の最中にある腫瘍に気付いたエリーゼ。

取り出した腫瘍は、リンパ性のものにそっくりでした。

以前からリンパ性の腫瘍があったのなら、皇帝の症状には全て説明が付くのです。

 

体重の減少や気力の低下など、全てがリンパ腫の症状に間違いありません。

これでフレミングが残した薬物での治療ができると意気込むエリーゼ。

 

皇帝の今の状態では以前のように政治を行うのは難しく、皇位継承は引き続き行われる事になります。

それでも時間が経ち元気になれば、また皇帝はあの優しい笑顔を見せてくれるだろうと胸躍らせるエリーゼでした。

外科医エリーゼネタバレ第125話感想

リンデンの同意を得て手術に取り掛かるエリーゼ。

もし彼女の診断が間違っていれば取り返しのつかない事になります。

それでも彼女を信じ手術を任せるリンデンは素敵ですね!

 

エリーゼの完璧な技術に、助手として参加したグレアムやベン子爵は目を見張るばかりです。

帝国一の名医の噂通り、エリーゼの技術は素晴らしいですね!

彼女が諦めずに探した結果、無事血栓を取り除く事ができて安心しました。

 

しかも、同時にリンパ腫まで見つけた事で、皇帝は新たな治療に取り組む事ができるように。

肺塞栓症の手術にしても、リンパ腫の発見にしても、またもエリーゼが帝国の医療に新しい変化をもたらす事になりそうです。

 

これも全て皇帝を助けたいというエリーゼの想いの強さのおかげですね!

エリーゼが望むように、皇帝が元気になったらまたあの優しい笑顔を見せて欲しいと思います!

外科医エリーゼネタバレ第125話最新話と感想!肺塞栓症の手術まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」125話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼを信じ、皇帝の手術を任せたリンデン。

彼の想いに応えるように、エリーゼは無事手術を成功させ、皇帝の不調の原因であるリンパ腫まで取り除く事に成功したのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!