外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第126話最新話と感想!エリーゼへの褒美

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第126話のネタバレと感想をまとめてみました!

無事皇帝の手術を成功させたエリーゼ。

数々の功績を認められた彼女は、驚くべき褒美を賜る事に!

「外科医エリーゼ」第126話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第126話最新話と感想!エリーゼへの褒美

皇帝の容態

エリーゼが見事手術を成功させたおかげで、皇帝の容態はみるみる回復。

肺塞栓症は手術しない限り治る事はありませんが、原因である血栓を取り除いてしまえばすぐに容態が良くなる可能性があるのです。

それでも皇帝の意識は未だ戻りません。

 

皇帝の容態を案ずるリンデンに、今後の治療方針を説明するエリーゼ。

意識が戻り次第、薬物を用いてリンパ性腫瘍の治療を行うと言います。

治療を行っても以前のように政治活動をする事は難しいものの、無理さえしなければ普通の生活を送れるようになると微笑みました。

 

感謝の気持ちを伝えるリンデンの手を握り、愛し合う二人の間ではお礼などいらないと言うエリーゼ。

その言葉を聞いた彼は、場所もわきまえずエリーゼを抱きしめました。

 

病院の廊下で抱きしめられ混乱するエリーゼに、誰かに見られても構わないと言うリンデン。

感謝の言葉は言わない代わりに褒美を与えると言います。

褒美はケーキで十分だと言うエリーゼの口をキスで塞ぐと、それとは別の褒美を用意するから絶対に断らないようにと微笑むのでした。

病室を訪れたミハイル

その夜、人知れず皇帝の病室を訪れていたミハイルに声を掛けるエリーゼ。

ミハイルは彼女にどうしても感謝の気持ちを伝えたかったのだと言います。

 

ミハイルが毎晩皇帝の様子を見に来ていた事。

そして優しい彼が母親を裏切る事ができず苦しんでいる事も理解していたエリーゼ。

そんな彼女に、ミハイルは話があると切り出しました。

 

不思議そうな顔をするエリーゼに、なんでもないと誤魔化すミハイル。

そのまま彼女に別れを告げ、病室を後にするのでした。

エリーゼへの褒美

数日後、皇室からエリーゼに伯爵の位が授けられる事に。

驚くエリーゼでしたが、皇帝の命を救った事を始め数々の功績が認められたのです。

 

無事無実が証明されたリンデンは、皇帝の代わりに政治を主導。

貴族派も反論する事が出来ず、実質の皇帝となっていました。

 

まだ若いエリーゼが伯爵の位を授かる事、そして皇室から直々に授かる事自体が異例です。

発案者はリンデンですが、誰一人反対する者はおらず、全員が快く認めたとの事。

こんな褒美などいらないのにと困惑するエリーゼでした。

外科医エリーゼネタバレ第126話感想

体調不良の原因である肺の血栓を取り除いた事で、皇帝はみるみる回復。

一時は助からないかと心配しましたが、無事回復して本当に良かったです。

普通の生活に戻れるなら、またあの笑顔を見せてくれる日も近そうですね!

 

皇帝の命を救ったエリーゼへの褒美とは、伯爵の位でした!

エリーゼはこんな事は望んでおらず混乱していましたが、皇帝の命を救った事や数々の功績を考えれば当然ですね。

貴族派も誰も反対せず、リンデンも実質上の皇帝になっていて安心しました!

 

心優しいミハイルは、貴族派と皇帝派の間で板挟みに。

こんな時でも皇帝の身を案じ、毎日様子を見に行くなんて本当に優しいですね。

 

優しすぎるが故に母親を見捨てる事もできず気の毒に思います。

最後に彼が言いかけた言葉が気になりますが、これから起こる出来事への伏線のような気がして心配です…。

外科医エリーゼネタバレ第126話最新話と感想!エリーゼへの褒美まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」126話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼの手術のおかげで皇帝の容態が回復し、無事リンデンの容疑も晴れる事に。

皇帝の命を救った事や、これまでの功績が認められた彼女は、皇室直々に伯爵の位を授かるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!