ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった18話最新話と感想!首都の公爵邸での生活とは?

ある日、私は冷血公爵の娘になった18話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

公爵と首都へ向かうため、大きな馬車へ乗り込んだエステル。

初めての首都と社交界デビューに緊張するエステルですが、公爵が緊張をほぐしてくれました。

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった18話の感想としては、首都の公爵邸で新しい出会いと新しい生活が始まるという印象です。

ある日、私は冷血公爵の娘になった18話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ18話最新話!首都の公爵邸での生活とは?

首都の公爵邸

真っ黒な首都の公爵邸に着いたエステルと公爵。

エステルが興奮していると、公爵がもっと近くで見てみろと言いました。

よく見ると壁一面に、精霊石のかけらが、ちりばめられており、夜空のように輝いています。

 

首都の皇帝の執事がエステルを青金石の間に案内をしました。

案内された部屋は、もちろんエステルのために作られており、まるでキャンディでできたように真っ赤で可愛い部屋でした。

そして、首都でのお世話係であるステファニーとジェーンを紹介されます。

 

2人とも若い女性で、エステルはすぐに打ち解けられそうと感じました。

エメルも青金石の間に入り、可愛い部屋ですねとエステルに声をかけます。

エステルは嬉しそうに返事をしましたが、青金石の間という名前なのに壁紙がなぜ真っ赤なのかとエメルに質問しました。

 

エメルはエステルに天井を見てくださいと言い、シャンデリアの上にある青金石の模様を見せました。

エステルは、青金石の模様を見て、豪華で素敵な部屋に圧倒されてしまいます。

正反対のジェーンとステファニー

エステルが驚いているのを見て、ジェーンは公爵がこの部屋を用意するように言ったとエステルに言います。

それを横で聞いていたステファニーが、聞かれてもないことを勝手に話すなとジェーンに怒りました。

そして、エステルにも下の者に敬語を使わない方が良いと注意します。

 

エステルはルールは守らないといけないと、ステファニーの注意を受け入れました。

そして、その代わり2人に積極的に話しかけてくれて欲しいと伝えました。

ジェーンは嬉しそうに、ステファニーはかしこまってエステルの言葉を受け取ります。

 

早速、ジェーンはエステルの持っている、うさぎのぬいぐるみについて質問をしました。

そして、たくさんのお友達がいますよと他のぬいぐるみも出してきます。

エステルは子ども扱いされているようで、とても複雑な気持ちになりました。

ドラゴンはいない?

エステルはジェーンに図書館があることを教えてもらいます。

そして、早速、エステルは首都の公爵邸の図書館へ行くと、ハーデル先生が声をかけてきました。

 

エステルが本を探していることを知ると、ハーデル先生はエステルに、おすすめの本を渡してくれました。

ハーデル先生が渡してくれた本は童話で、エステルは、また子ども扱いされたとむくれます。

 

しかし、せっかく選んでもらったので、読んでみることにしました。

エステルは自室へ戻り、エステルが眠そうにしていると、早めにご飯を食べてお休みになりますかと、声をかけるアニー。

 

エステルは公爵と一緒に食べたいと拒否をし、先ほど借りた本を読むことにしました。

本にはドラゴンが出てきたので、エメルにドラゴンは本当にいるのかとエステルは聞きました。

 

エメルは大昔はドラゴンがいたようですと答え、エステルは今はドラゴンがいないことに安心をします。

本を読んでいるとアニーが夕食ができたとエステルに声をかけてきました。

公爵がエステルとご飯を食べるために、夕食の時間を早めたようです。

 

夕食中も眠くてしょうがないエステルは、公爵に早く寝なさいと言われます。

エステルは自室へ戻ることにしましたが、その前にと公爵の頬にキスをしました。

そして、公爵にかわいい部屋を用意してくれてありがとうと、お礼を言うのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ18話感想

首都の皇帝邸は、とても素敵でしたね。

外観も精霊石のかけらを使用し、とても豪華でした。

そして、エステルのために用意された青金石の間は、キャンディーのように可愛らしく、天井には美しい青金石で模様が描かれています。

公爵がエステルのために準備した部屋は、エステルがびっくりするほど豪華でしたね。

 

また、首都ではステファニーとジェーンという2人のお世話係がつくことになりました。

2人は対照的でステファニーはクールでルールを重んじるタイプ。

一方、ジェーンは陽気でフランクな印象でした。

この2人がエステルと、どのような物語を描くのか、とても楽しみです。

 

また、エステルは首都の公爵邸の図書館で、ドラゴンの出てくる童話を借ります。

もしかしたら、このドラゴンも何か、これから始まる展開の手がかりになるかもしれません。

そしてハーデル先生も首都へ来ていたことを知り、驚きました。

 

エステルと普段関わる人たちが全員いるので、今までの生活と変わりなく過ごせそうです。

首都では、どのような出会いがあり、この世界のことがどのように明らかになっていくのでしょうか。

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった18話のネタバレと感想をお届けしました。

エステルと公爵が首都へ着き、エステルは初めての首都の公爵邸に圧倒されていましたね。

公爵はエステルのために、とても豪華な部屋を用意していました。

 

そして、2人のお世話係と共に生活をすることになったエステルは、子ども扱いをされ、お姉さんができたようですね。

寝る前には素敵な部屋を用意してくれた公爵にキスをしたエステルは、すっかり公爵に懐いています。

以上、ある日、私は冷血公爵の娘になった18話の感想、ネタバレでした。

-ある日、私は冷血公爵の娘になった