ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった23話最新話と感想!新しい護衛騎士ジンとは?

スポンサーリンク

ある日、私は冷血公爵の娘になった23話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

新しい護衛騎士のロイに、意地悪なことを言われたエステルは、うまくかわし、ロイを圧倒させます。

ロイからはエステルは、カスティージョ家の星と言われますが、ピンとこないエステル。

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった23話の感想としては、騎士団の稽古場へ出向き、騎士団のことや新しい護衛騎士のジンについて知っていくという印象です。

ある日、私は冷血公爵の娘になった23話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ23話最新話!新しい護衛騎士ジンとは?

護衛騎士らしいジン

新しい護衛騎士ジン・セーガンがエステルのところへやってきました。

ジンは背が高く、表情もしっかりとしています。

その為、少しふざけているロイやエステルを子ども扱いしすぎるエレンとは異なります。

 

エステルは、ジンに今日は騎士団の稽古を見に行くと話しかけました。

エステルとジェーンがこっそり騎士団の稽古を見に行った時に、出会った団長にエステルは誘われたようです。

その前にエステルはキッチンに立ち寄ります。

 

キッチンではシェフが可愛いバゲットを渡してくれました。

ジンが、何が入っているのかと聞くと、エステルは騎士団に差し入れのパイを焼いてもらったと言いました。

エステルが喜ぶかなと聞くと、ジンはエステルが渡した物なら喜ぶと、教科書通りの答えを言います。

騎士団の稽古

稽古場へ行くと、団長や騎士団の人たちがエステルを迎え入れてくれました。

エステルは早速ミートパイを団長に渡します。

団長は嬉しそうに受け取りました。

 

そして、団長からエステルに団長ではなく、アスターと呼んでくださいと申し入れがありました。

エステルは、一度遠慮しましたが、立場を考え受け入れることにします。

アスターはエステルに稽古場について説明をしてくれました。

稽古場にある木剣の保管庫を訪れた時に、エステルは小さな木剣をみつけました。

 

アスターは、カルルが5歳の頃に使っていた木剣だと教えてくれます。

エステルが持ってみると、木剣は思っていたよりも重く、エステルは驚きました。

 

木剣は軽すぎるので、中に鉄が入っているとアスターは説明してくれます。

エステルが、カルルの才能を羨むと、アスターがエステルはそのままでいいですよと言いました。

 

アスターの優しい言葉に剣についている精霊石から嬉しそうな笑い声が、エステルに聞こえました。

精霊石の声を聞いたエステルは、アスターもいい人だろうなと嬉しくなりました。

アスターは、エメルと同じマスターで信頼もできます。

口下手なジンの気持ち

アスターが一通り説明を終えると、騎士団の人たちが稽古を終えて休憩をしていました。

そして、騎士団の一人がジンに悪がらみをします。

ジンはエステルの護衛騎士に志願をしなかったのですが、クジ引きで運良く当たったようです。

 

さらに他の護衛騎士は、ジンがエステルの護衛騎士になるつもりないと言っていたと愚痴をこぼしました。

その話を聞いたエステルは、ショックを受けます。

ジンは、すぐにエステルに皆がやりたいと言うから譲っていただけだと話しました。

稽古場を離れ、ジンとエステルは2人きりになります。

 

エステルが、いつもあんなに愉快なのかと聞くと、ジンは愉快ではないと答えました。

エステルは、自分が行くことで、いつもと違う稽古になってしまうと思い、頻繁に稽古場に行くのは辞めようと決めました。

エステルはジンに、護衛が嫌なら辞めてもいいと伝えます。

 

ジンは、エステルからの提案に焦り、口下手でうまく伝えられないことがあると言いました。

そして、最後にジンは、護衛は好きでやっているとハッキリ答えました。

その言葉を聞いてエステルは嬉しくなります。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ23話感想

護衛騎士のジンは、しっかりとしていて護衛騎士らしいですね。

しかし、実は口下手でエステルの護衛騎士も志願できなかったようです。

本当はエステルの護衛騎士をやりたかったようで、照れている姿は可愛かったです。

新しい騎士の中で一番ジンとの関係が進んで行きそうですね。

 

また、騎士団の稽古を見に行ったエステルは、カルルが5歳の頃に振り回していた木剣を前に力の差を見せつけられてしまいました。

剣術を習いたいと言っていたエステルですが、木剣を持った瞬間に向いていないと感じてしまったようです。

騎士団のことも少しずつわかりましたが、騎士団の稽古にエメルはいませんでした。

 

久しぶりにエメルが出てくると思っていたので、少し残念です。

これから3人の護衛騎士との展開が楽しみですね。

エステルの気遣いも良く、騎士団が喜んでいることがわかりました。

 

シェフもほっこりしていましたね。

エステルがカスティージョ家の星なのは、間違いなさそうだと感じました。

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった23話のネタバレと感想をお届けしました。

新しい護衛騎士ジンは、背が高く、騎士らしい人でしたね。

しかし、ジンは口下手で照れ屋なことがわかりました。

 

エステルは騎士団の稽古を見に行き、騎士団のことやカルルの剣術の才能について知りました。

以前から剣術に興味があったエステルは、今後どのように騎士団や剣術と関わっていくのでしょうか。

今後の展開が気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった23話の感想、ネタバレでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!