ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ33話最新話と感想!初めてのお友達

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」33話のネタバレと感想をまとめてみました!

狩猟大会が終わり、公爵が優勝しました。

締めくくりのパーティーに参加する為、エステル達は皇宮に向かいます。

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」33話のネタバレと感想をご紹介します!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ33話最新話と感想!初めてのお友達

兄からの手紙

馬車の中でエステルは、父に兄から手紙が来たことを話します。

兄は、星座祭があるのだからと、狩猟パーティーには参加してほしくないようでした。

星座祭りとは何かを尋ねると、冬のイベントだと教えられます。

 

兄が冬休みの頃に行われると聞いて、エステルは冬の訪れが楽しみになりました。

早く兄に会いたいエステルは、兄の友人にも会ってみたいと思い、父に近々アカデミーにも行ってもいいかを尋ねます。

一度くらいはいいと許してもらえて、喜ぶエステルでした。

皇宮に到着

皇宮に到着し中に入ると、広くて華やかな広間に驚きます。

セルヴァン伯爵に出会い、手紙のお礼を伝えると、今日は伯爵の孫娘も来ていることを知らされました。

ダンスパーティにまだ出られないエステルは、是非会いたいと伝えます。

 

喜び、案内してくれると言う伯爵に、父に行ってもよいかを確認します。

承諾する公爵は、エメルに後を任せて用心を怠りません。

エメルも気を引き締めて、命を受けるのでした。

初めての友人

初めて顔を合わせたエステルは、伯爵令嬢達に自己紹介してもらいます。

部屋にいたのは、セルヴァン伯爵の令嬢リリアと、リリアの友人のバルジェ男爵の令嬢アレクサンドラ(通称・シャシャ)の二人でした。

エステルも自己紹介をし、三人はすぐに打ち解けます。

 

様付けで呼ばれるエステルは、呼び捨てで呼んでほしいと笑顔で伝えます。

恐縮しながら二人も同じように呼び捨てをお願いし、三人は気さくにお互いの名前を呼び合いました。

 

なぜかエメルが注ぐ紅茶を飲みながら、三人は話に花を咲かせます。

リリアは社交界の楽しい裏話を沢山知っていました。

あっという間に時間が経ち、エステルは遅くならないように席を立ちます。

 

別れの挨拶をして手を振ると、二人もまたねと言って手を振ってくれます。

そしてそのまま、遅くならない約束をした(世話係の)アニーの言いつけ通り、早めにパーティーから帰るのでした。

数日後

狩猟大会以降、国ではエステルの噂で持ちきりになっていました。

〝混ざった子〟について、ハーデル先生のところに質問の手紙が殺到しているようです。

護衛騎士のロイは、対抗してラブレターならよく貰っていると豪語していました。

 

エステルは、〝ハーデル先生とアカデミー〟の話を耳にします。

アカデミーはハーデル先生を追い出している過去があって、カスティージョが先生をお抱えに迎えたのでアカデミーは焦っているとの事でした。

どうして追い出されたのかは教えてもらえません。

 

護衛の交代の時間になり、女性騎士のエレンに会ったので、ロイのラブレターの話は本当かを尋ねました。

それを聞いたエレンは、途端に怖い笑いを浮かべます。

エステルはこれ以上聞いてはいけないと悟りました。

 

これは恋愛沙汰だと思ったエステルは、もう一人の護衛騎士ジンの番が回って

きた時、思い切ってロイとエレンは付き合っているのかを聞きました。

ジンは吹き出し、慌てます。

 

ジンが誰がそんな事を…と言うと、後ろから同意する声が聞こえてきました。

エステルが振り返ると、そこには会いたかった兄が立っていました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ33話感想

エステルに初めての、同じ年頃の友達が出来ました!

リリアもシャシャもいい子そうです。

因みに、リリアは明るく朗らかな雰囲気で、シャシャは少し奥手で照れ屋な感じの子でした。

 

この作品はシリアスな時もありますが、出てくる登場人物がお茶目な人や、コミカルなやり取りが多いところがいいと改めて思いました。

騎士団も、セルヴァン伯爵も、皆一癖あって楽しいです。

 

エステルの天真爛漫さや、幼いが故のなんでもズバッと聞けるところ、難しい言葉をひらがなオンパレードでしゃべる姿もほんとに可愛くて癒されます。

どんどん人の輪が広がっていって、皆に愛されるエステルですが、この先はどのような展開になっていくのでしょうか!?

逆に、人の輪が広がったことで何か事件も起きてしまうのでしょうか…。

 

最後は、お兄様が帰ってきました。

まだ冬休みではなさそうですが、一体どうしたのでしょうか!?

手紙に書いてあった星座祭に関係があるのかもしれません。

 

帰郷がトラブルがあっての事ではないとよいのですが、久しぶりに兄妹の仲睦まじい姿が拝めそうで、とても楽しみです。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ33話最新話と感想!初めてのお友達まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」33話のネタバレ・感想をご紹介しました。

皇宮に到着したエステルは、ダンスパーティには参加できない為、セルヴァン伯爵のご令嬢達と別室で過ごします。

そして、同じ年頃のリリア、シャシャと仲良くなりました。

数日後、護衛の騎士団と話していると兄が帰ってきたのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!