ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ34話最新話と感想!兄の帰郷と茶会のお誘い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」34話のネタバレと感想をまとめてみました!

狩猟大会後のパーティーで、エステルは初めての友達が出来ます。

後日、聞き覚えのある声が聞こえてきて、振り返ると兄のカルルが立っていました。

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」34話のネタバレと感想をご紹介します!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ34話最新話と感想!兄の帰郷と茶会のお誘い

皇后からの招待状

兄に驚くエステルは、もう冬休みなのかと尋ねます。

カルルは、外出許可をもらって一時帰郷してきたのでした。

そこへ侍女が、皇宮から招待状が届いたことを伝えにやってきます。

 

手紙の送り主は皇后様からでした。

内容は、明日青の間で開かれる、ティーパーティーへの招待でした。

是非を連呼して誘われたエステルは、いかないわけにはいかないと汗をかきました。

帰ってきたカルル

カルルは、エステルにパーティーでダンスを踊ったかを確認をします。

踊っていないと分かると、自分とダンスの練習とする事をfy提案します。

狩りや昼寝でもいいと話すカルルに、アカデミーがつまらないのだと察するエステル。

 

お友達は元気かとエステルが尋ねると、カルルは聞く必要がないと嫉妬深く怒ります。

エステルは、カルルと馬に乗って散歩に行き、おやつを食べて、一緒にダンスをしました。

そしてお昼寝をして、夕食の時間までたっぷりと兄との時間を楽しみました。

 

夕食では父が兄に、校長から連絡が来たことを伝えます。

カルルは、頭にきてつい…とばつの悪そうな顔をします。

父から、冬休みまでの間、面会・外泊の禁止を言い渡されました。

 

そして父はエステルに、皇后からの招待状について話を振ります。

内容を聞いた公爵は、明日行くときの護衛はエメルにするように伝えます。

父から言われたことはその一言だけでした。

その夜の悪夢

昼間お昼寝をしたエステルは、なかなか寝付けませんでした。

ベットの中で、色々な事が浮かんできます。

皇后様が父を好きだったと聞いた話や、兄の母はどんな人かと気になったり、恋愛結婚だったのかも気になりました。

 

途中から家族になったエステルには、それを聞いたり入り込むことは出来ない、家族だけの過去だと感じます。

混ざった自分を、中途半端で不完全な家族の一員だと思うエステル。

だから、自分には秘密ばかりなのだと思って少し寂しくなりました。

 

そのまま眠りについたエステルは、夢を見ます。

父に、なぜ騙したのかと言われます。

兄にも、妹じゃなかったのかとうそつき呼ばわりされました。

 

エメルにも、侍女たちにも、屋敷の皆からうそつきと言われて、エステルは何度も謝りながら泣きじゃくりました。

そこでパッと目が覚めました。

乳母代わりのアニーが、怖い夢を見たエステルをギュッと抱きしめてくれます。

 

安心したエステルはアニーに感謝を伝えて、兄の様子を聞きました。

ですが兄は、夕べの内にアカデミーに出発していました。

エステルを気遣って起こさないように帰ったカルルでしたが、見送りも出来なかったエステルは残念がります。

 

父の様子も尋ねると、父も出かけていました。

今日も一人だと寂しくなりますが、自分を律して大人になる決意をします。

キリッと顔をあげて皇后へ行く準備を始めるエステルは、自分はれっきとしたこの家の娘だと胸を張りました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ34話感想

カルルが帰ってきた理由は、外出許可ではなく自宅謹慎だったのですね。

何をやらかしたのでしょうか(笑)

父にしっかりと謹慎処罰を言いつけられていましたが、すぐに冬休みになる為、素直に受け入れていました。

 

一日エステルと遊び倒していたのも、その日だけの一時帰郷だったからだったのですね。

自分といる時に他人の話を嫌がるほどの溺愛っぷりなので、エステルが不安になる必要は皆無だと思います(笑)

父の秘密主義も、エステルを思ってのことでしょう。

 

エステルが皇后に会いに行く時に多くを語らなかったのも、断れない相手だったり、苦手であまり話題にしたくなかったのだと思います。

ですが、一番信頼のおける実力あるエメルを護衛に付けて、警戒は怠っていないようでした。

 

皇后は、どうしてエステルを招待したのでしょうか。

皇后なので何か裏がありそうですが、無事にお茶会が終わるか少し心配です。

果たして、どんなお茶会になるのでしょうか!?

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ34話最新話と感想!兄の帰郷と茶会のお誘い

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」34話のネタバレ・感想をご紹介しました。

エステルは、翌日の皇后のお茶会に誘われました。

そして、帰ってきた兄と一日遊んで過ごします。

悪夢を見た翌朝、キリッと自分を正してお茶会に向かう準備を始めました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!