ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ40話最新話と感想!エステルの誕生日は?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話のネタバレと感想をまとめてみました!

カルルの友人、ゼオンはもうすぐ誕生日のようです。

エステルも誕生日を聞かれたのですが、エステルは実は自分の誕生日を知らなくて?

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話のネタバレと感想をご紹介します!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ40話最新話と感想!エステルの誕生日は?

緊急会議

エステルが誕生日を分からないと発言すると、突然家族会議になってしまいました。

エステルの年齢に関しては、母親が10歳だと言っていたので間違いないようです。

誕生日の手掛かりを聞かれて、母が猛吹雪の日でとても寒い日に生まれたと話していた事を思い出します。

 

エステルが育った地域で吹雪が起こることは珍しいことでした。

すぐさま、執事が調べに向かいます。

適当でもいいと話すエステルに、いいワケがないとキッパリと公爵に言われます。

 

公爵はエステルに、寂しかっただろうと声をかけました。

否定するエステルでしたが、カルルのお祝いパーティーがあった後でもそう思えるかを聞かれて、イメージをして寂しいと思ったことを伝えます

 

頷く公爵は、今後またこういうことがあった時も、強がらずに正直な気持ちを話してほしいと伝えます。

そう言ってもらえて、エステルはホッとしながら返事をしました。

エステルと星座祭

執事が過去の天気に関する資料を持ってきました。

資料を調べて、吹雪の日が星座祭の辺りにあった事が判明します。

奇しくも公爵が名付けた〝エステル〟という名前の由来とも合っていました。

 

〝エステル〟は、星という意味でした。

執事は星座祭についても教えてくれます。

 

月も星も出来ていなかった頃、暗黒に怯える人達の為に少女が祈りを捧げたそうです。

少女の祈りを聞き入れた神が、最初の星エステルを創られました。

星座祭は、そのお祝いをする祭なのだそうです。

 

話を聞くまでエステルは、自分の名前は適当に付けられたものなのだと思っていました。

執事はどれだけ名付けに苦労したのかを力説しますが、言いすぎて公爵に睨まれてしまいます。

咳き込む執事は、エステルの誕生日は星座祭の一週間前後だと話をまとめました。

エステルの誕生日は

エステルは、星座祭はいつなのかを尋ねました。

星座祭は新年会のすぐ後の、一月十日でした。

1週間かけて、新年会よりも盛大に行われるそうです。

 

公爵に好きな日を選んでいいと言われて、エステルは熟考します。

星座祭の準備や期間中と被らずに、ちゃんと誕生日を祝ってほしいと考えたエステルは、祭数日後の一月二十日を選びました。

 

その日はもうすぐでした。

エステルは、自分の誕生日パーティーや星座祭に胸を膨らませます。

侍女達に早速誕生日を報告しました。

星座祭では

喜んでくれる侍女のジェーンに、星座祭ではどんなことをするのかを尋ねました。

星座祭では家中に星飾りを飾ったり、ごちそうを食べて踊って、今年のエステルを決めるそうです。

そして折り紙でお星さまを作って、それに願い事を書いて木に吊るすのだそうです。

 

とても楽しそうで、エステルは目を輝かせました。

去年まで寒い夜に、暗い箱の中で震えて過ごしてきた事を思い出します。

母のお客が置いていった折り紙を見たことがありましたが、それが星座祭だったのだと分かりました。

 

エステルは、ゼオンとリドルはどうしているのかが気になりました。

どうやらずっと応接間で置き去りにされていたようです。

すぐに応接間に向かうと、セオンはエステルに余計な事を聞いた事を平謝りしました。

 

笑顔で気にしないように伝えるエステルに、二人は「シャトレン」の持ち主に向いていると話します。

シャトレンとは「鍵束」の事で、家の財布を握る者になれそうだと話します。

 

ですが、エステルはなりたくないと言いました。

確かに荷が重いと、皆で笑いあいました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ40話感想

エステルの誕生日は正確な日にちまでは分からなかったようですが、逆にそれでよかったようです。

おおよその中から選ぶことが出来て、タイミングのいい日にお祝いしてもらえるように出来ました。

誕生日って、数日違っても対して変わりませんものね。

 

今回は時間がない分、来年からは盛大に誕生日を祝ってもらえるようです。

まだ年も明けていないはずですが、来年はどんな準備をするつもりなのでしょうか!?

これからカスティージョの一月は、年明け早々イベント尽くしで大忙しになりそうです!

 

そして、去年までのエステルとの差が違い過ぎて、エステルが今幸せで本当に良かったです。

公爵達とも、少しずつ絆を深めている姿が今回も見ることが出来ました。

 

星座祭は年明けよりも重要なイベントなのですね。

次回はパーティー尽くしのお話になりそうです。

幸せそうなエステルの姿をたっぷり楽しみたいです!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ40話最新話と感想!エステルの誕生日は?まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話のネタバレ・感想をご紹介しました。

エステルの誕生日は星座祭の前後だと判明しました。

日にちを選んでよいと言われたエステルは、星座祭後の二十日を誕生日に選びます。

一週間かけてお祝いする星座祭の内容を聞いて、誕生日や星座祭に胸を膨らませるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!