ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ55話最新話と感想!人間界に戻ったエステル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」55話のネタバレと感想をまとめてみました!

精霊と契約をして無事に人間界に戻って来たエステルの物語です。

精霊との契約を手放しで喜べないパパの心配とは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった55話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ55話最新話と感想!人間界に戻ったエステル

2つの精霊と契約を済ませたエステル

炎から現れたのは赤いドラゴンの形をした精霊でした。

2つの精霊と契約をしたエステルはそろそろ人間界に帰ろうとします。

すると、残りの2つの精霊が特別な精霊石をプレゼントしてくれました。

 

帰り方がわからないエステルはレンに尋ねます。

レンがエステルの肩をトンと軽く押すと闇に吸い込まれていきました。

人間界に戻ったエステル

そして次の瞬間にはエメルがしかっりとエステルを支えます。

元の洞窟に戻って来たエステルを抱きしめるパパ。

 

屋敷に戻り話を聞くと、エステルはなんと6時間も核の中にいたのでした。

精霊石を壊してでもエステルを助け出そうとしているパパを必死の思いで止めていたとエメル。

その時にあばらを負傷してしまったと話します。

 

エステルは早速、精霊との契約で手に入れた力を使って治療をしてみました。

嘘のように痛みがなくなり、改めて精霊と契約したことを再認識するエメルとパパ。

パパの本心

不服そうなパパの様子を見てエステルは精霊と契約したことが嫌だったのかを聞きます。

その通りと冷たく答えるパパに、執事長はエステルに精霊の力はいらないといっているように聞こえるとフォローしました。

 

するとパパはその本心を語り始めます。

そもそも精霊士とは狙われやすいく、その力を手に入れたらエステルに危険が及ぶのではないかと心配していたのでした。

それを聞いたエステルは表情が明るくなり、自分には2つの精霊が付いているから大丈夫とパパに抱きつきます。

 

パパも少しホッとしているとエステルはパパに精霊からもらったプレゼントを渡そうとしました。

しかしパパは受け取らず、しょんぼりするエステル。

その時、パパの剣に自分が作ったリボンがしっかりと結ばれているのが目に留まり、気持ちが晴れました。

活発になっていくエステル

エステルは今後は自分が土地の除染をするのかパパに尋ねます。

パパは周りに力のことが知れたら困るのでその必要はないと答えました。

活発なエステルに不安を抱き、パパは宝物のように育てたかったとつぶやきます。

 

エステルはこれまでの育った環境とパパに出逢ってからのことを思い出していました。

そしてもう箱入り娘はイヤと宣言をして、パパはそれを受け入れます。

 

皇帝からの通達で首都に行くパパはエステルを誘いましたが、エステルは留守番することを選択しました。

エステルはエメルに話があると伝えるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ55話感想

2つの精霊と契約ができて、エステルは精霊に少しは認められたような気がしますね。

他の精霊も特別な精霊石をプレゼントしてくれて少しホッとしました。

 

それにしても6時間も不在だったとはびっくりしましたね。

それはパパもひどく心配したのではないでしょうか。

誘拐をされてかえって来たばかりなのにまたいなくなって6時間も立っていたのですから・・・

 

精霊と契約をしたことで今後、エステルに危険が及ぶことが増えるということもパパの心配の一つだったのですね。

パパのエステルに対する愛情がとてもよくわかりました。

 

エステルがどんどん活発になっていて、パパの心配もさらに増すのではないでしょうか。

精霊が付いているから大丈夫というエステルの幼い考えに少し不安ではありますが、成長も見られてよかったと思います。

エメルと話をすることになりましたが、エメルの誤解が解けることを祈りたいと思います。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ55話最新話と感想!人間界に戻ったエステルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」55話のネタバレ、感想をご紹介しました。

精霊と契約を済ませ戻ったエステルの今後を考えパパは心配をします。

しかし、エステルは契約したことで自信をつけて心配ないとパパに告げました。

パパの愛を再確認することができたエステルはエメルと二人で話をすることになるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!