ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ66話最新話と感想!エステルの成長

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」66話のネタバレと感想をまとめてみました!

4年の月日が経ち、すっかり成長したエステルの物語です。

カスティージョとしての自覚も出てきたエステルは・・・

ある日、私は冷血公爵の娘になった66話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ66話最新話と感想!エステルの成長

4年の月日が流れた

弓の練習をするエステルはすっかりと成長して腕前も向上しています。

カルルの卒業式から4年の月日が流れました。

その間、カスティージョ家の門は閉ざされ、外部との交流は断たれたままです。

 

リリアとシャシャは社交界デビューを果たし、シャシャの縁談は白紙になりました。

エステルにも縁談の話がありましたが、それは魔導士に誘拐され値打ちが下がったのでもらってやるといった内容のものだったのです。

それらの返事を直接しにエメルが出向いて、彼らは痛い目にあったようでした。

カルルの誕生日プレゼントに悩む

成人式を迎えるカルルの誕生日プレゼントをどうしようか決めれず悩んでいるエステル。

男性は18歳で成人式を行うが、交流を断っていることもあり、敷地内の取り締まりが忙しく引き伸ばしになっていました。

エステルも15歳で成人式で、カルルよりも先に終えていたのです。

 

成人のお祝いには時計と剣とマントを普通は男性に送ります。

しかしそれらすべて最高級なものをパパが用意していました。

 

悩むエステルに下町に出かけてみるか提案するエレン。

カスティージョ家の領地内の商業地区に店があると聞き早速パパに相談をすることにしました。

下町に行く許可を取る

パパの書斎に向かいながら今までお小遣いをもらったことがないかも考えながら歩くエステル。

書斎の前まで行くとケルソンとパパの話声が聞こえます。

入りづらく覗いているとパパに声をかけられました。

 

部屋に入ったエステルは早速、パパに下町に行ってもいいか尋ねます。

理由を聞いたパパはあっさりと承諾してくれました。

そろそろ外部との交流を再開しようと考えていたパパ。

土地を浄化した理由

汚染されていた伯爵の領地が浄化されたことをエステルに伝えます。

エステルがしどろもどろになっているとパパは何か話すことがないか聞いてきました。

素直に精霊に頼んで浄化したことを白状するエステル。

 

理由を聞かれ、実際に浄化ができるのか試してみたかったと話します。

そして、伯爵領が浄化することができればチャネル川を渡ってレイモンド侯爵領を通らずに輸送ができること。

そのことで、高い通行料も払わずに済むからと答えました。

 

パパはエステルが内緒でやった割にはしっかりと考えてやっていることに感心します。

そして、反省する気のないエステルを見て怒るのは諦めました。

カスティージョとしての自覚

ケルソンはエステルのしたことでチャネル川が使えるようになり、大喜びをします。

そんなケルソンを見てエステルは苦労してきたのだと思うのでした。

しかし、浄化をするのに4年の歳月がかかり、これが遅いのか早いのかもわからないエステル。

 

そんなことを考えているとパパにやはり反省していないと釘を刺されます。

カスティージョとして成長したエステルはその言葉には動じず、自分にできることはあきらめたくないとパパに宣言するのでした。

 

退散しようとするケルソンにエステルは自分のお小遣いについて尋ねます。

実は毎月支給されていて、エステルは使いきれずに余らせていたのでした。

その額は平民の1年分の給料に相当する金額と聞き驚くエステル。

 

パパに感謝を伝えると、カスティージョであることを忘れないように改めて伝えられます。

エステルは笑顔で答えるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ66話感想

カルルの卒業式から4年が経ちエステルが少女からレディに成長していましたね。

しかし、エステルの悩みはまたしてもカルルへのプレゼントとは・・・

カルルに対する兄弟愛が見えました。

 

成長したエステルがしっかりとした考えをもって精霊士として土地の浄化をしていたことは驚きましたね。

その浄化が4年もかかるのも驚きでしたが、これが早いのか遅いのか基準はよくわかりませんでした。

 

カスティージョとして堂々としたステキな女性に成長したエステルの今後が楽しみです。

パパにも堂々と話しているエステルはかっこいいと思いました。

頑固なところは父親譲りというケルソンの意見に1票という感じでしたね。

 

パパもそこがわかっているのかエステルに強く言えない甘々なところも見られました。

成人したエステルは今後もしっかりとカスティージョの一員として活躍していくように感じました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ66話最新話と感想!エステルの成長まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」66話のネタバレ、感想をご紹介しました。

4年の月日が流れ、カルルの成人式のプレゼントを買うため下町に行こうと考えるエステル。

パパに許可を取りに行くと土地が浄化されたことを聞かれます。

しっかりした理由を話すエステルの成長にパパは怒らずに答えてくれるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!