ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ7話最新話と感想!ピンク色の目をしたエステルは公爵の娘?

ある日、私は冷血公爵の娘になった7話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

家庭教師としてハーデル先生が来て、この世界のことや公爵家のことを知っていくエステル。

これからの展開が気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった7話のネタバレをお届けします。

 

また、ある日、私は冷血公爵の娘になった7話の感想としては、公爵が現れ、エステルが本当に公爵家の娘なのか明らかになっていく、ドキドキの展開です。

では、ある日、私は冷血公爵の娘になった7話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ7話最新話!ピンク色の目をしたエステルは公爵の娘?

帰って来た公爵

公爵がお屋敷に帰ってきました。

エステルは緊張した面持ちで公爵に挨拶をします。

すると、公爵はエステルをじっと見つめました。

公爵に買われた日以来、初めて公爵と会ったエステルは、公爵に何か失礼なことをしたのではないかと心配になります。

 

すると、公爵はエステルを持ち上げ、エステルに向かって軽すぎると言いました。

公爵は、痩せているエステルを見て心配をしているようです。

その光景を見て、一人の若い騎士が笑いました。

エステルが、その男性を見つめると騎士はエステルに向かって微笑むのでした。

 

公爵は自室でソファーに座り、エステルを抱きかかえながら、執事と仕事の報告をすることに。

どうやら公爵は首都へ行っていて、侯爵たちと会っていたようです。

また、執事は魔塔の動きはどうだったか公爵に質問をしました。

 

魔塔が何かエステルにはわかりませんが、その魔塔にはエステルのことは伝わっていないようです。

ただ、2ヶ月後に行われる狩猟大会で、何か特別なことが行われることはエステルにもわかりました。

エステルは公爵の娘?

エステルがお菓子を食べながら公爵と執事の話を聞いていると、突然、ナイトを一人選べと公爵から言われました。

ナイトとは、エステルのことを守ってくれる護衛騎士とのことです。

その話をされたエステルは、家の中にいるだけだから必要ないと伝えました。

 

それを聞いた公爵は、即答でエステルに護衛の必要性を伝えました。

カスティージョ家は敵が多いこと。

その為、自分自身を守らなくてはいけないけれど、エステルは弱くて回復力がないためナイトがどうしても必要と伝えました。

 

それを聞いてエステルは涙を流します。

公爵と執事は、公爵がエステルに対し、ひどい事を言ったため泣いたのかもしれないと驚きました。

しかし、エステルが泣いた理由は、自分がちゃんと公爵の娘だということが嬉しかったからでした。

 

それを公爵へ伝えると当たり前だと公爵は言いました。

その言葉を聞いてエステルはとても安心して、さらに泣いてしまいました。

そして、わたしは一人じゃないと心からほっとしました。

エステルが選んだナイトは?

公爵が不器用に話すのを見かねたのか、先ほどエステルに微笑みかけた騎士が、公爵にエステルがなぜ不安がっていたか伝えました。

それを聞いた公爵は、赤い目をしているから娘に決まっているだろうと騎士に言いました。

エステルは、自分が赤い目と言われたことに疑問を持ちましたが、それを悟ったのか騎士はエステルに人間には赤の系統の目を持つ人はいないと説明しました。

 

そして、エステルのピンク色の目もカスティージョ家の子の証だと伝えます。

そして、公爵からも、ごく稀にエステルのような混ざった子が生まれるとエステルに伝えられます。

さらに、混ざった子は危険であることと、間違いなく公爵の娘だということも教えられました。

 

それを聞いたエステルは嬉しくなり、笑顔になりました。

そして、ナイトとして微笑んでくれた騎士を選んだのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ7話感想

公爵が現れて、エステルの事が明らかになりましたね。

また、新たに気になる点もいくつか出てきました。

まず、エステルは公爵の娘ということがわかりました。

 

ピンク色の目は混ざっていると意味深なことを公爵は言っていましたので、何か訳ありなのかもしれません。

さらに、混ざっている子は危険とも言っていました。

エステルが弱くて、回復力がないことが危険なのかなと思いますが、もしかしたら何か秘めた能力があり、危険な可能性もありますね。

 

また、まだエステルを公に紹介していないところも気になります。

エステルは公爵の娘だとわかり、安心したようですが、これから混ざっている子どもとして何か波乱がありそうです。

エステルとカルルの関係性も気になっていましたが、お互いに兄妹と明らかになったので恋愛関係になることはなさそうですね。

 

そして、エステルのナイトの存在も気になります。

今は、他の騎士に比べて若く、公爵にも物怖じせずに発言する強い青年という印象です。

エステルは彼の笑顔にときめいていたので、何か感じるものがあるのかもしれません。

 

また、エステルのナイトとなったので、これから2人で行動することがほとんどになるでしょう。

年が離れているようにも見えますが、新しい展開が予想されますね!

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった7話のネタバレと感想をお届けしました。

エステルが本当に皇帝の娘とわかり、一安心しましたね。

ただし、混ざった子という気になるキーワードが新たに出てきました。

 

ピンク色の目をした混ざった子とは、どのような特徴があるのでしょうか。

また、エステルとナイトとの関係性はどう展開していくのか、とても楽しみです。

エステルが皇帝の娘とわかり、新しい展開が予想される、ある日、私は冷血公爵の娘になった7話の感想、ネタバレでした。

-ある日、私は冷血公爵の娘になった