ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった8話最新話と感想!エステルの専属騎士エメルとは?

ある日、私は冷血公爵の娘になった8話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

公爵に正式に娘だと言われたエステル。

そして、これから行動をともにする専属騎士として一人の青年を指名しました。

これからの展開が気になる、ある日、私は冷血公爵の娘になった8話のネタバレをお届けします。

 

また、ある日、私は冷血公爵の娘になった8話の感想としては、カスティージョ家のお嬢様として正式に生活をすることになったエステルと専属騎士の仲が深まっていくという印象です。

では、ある日、私は冷血公爵の娘になった8話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ8話最新話!エステルの専属騎士エメルとは?

エステルの専属騎士が決まる

公爵は正式にエメルをエステルの専属騎士として指名しました。

公爵の言葉を聞くとエメルは跪き、エステルに挨拶をしました。

エステルもエメルに、初めてカスティージョの名で自己紹介をしましたが、緊張していたのかうまく言えませんでした。

 

すると、父親である公爵がエステルにカスティージョ家の人間なら堂々としろと言いました。

その言葉を聞き、エステルははっきりとカスティージョの名を名乗ります。

狩猟大会で何かが起こる?

公爵は執事と仕事の話を続けていました。

仕事の話の中で公爵は、狩猟大会は建前で何か目的があるだろうと勘ぐっていました。

エステルは公爵の膝の上に乗ったまま、公爵と執事の話を聞いていました。

 

真面目な内容ではないようで、公爵にすり寄ってくる人間がしつこく、この世界でいう男色家であるデゴロではないかと公爵が疑いました。

すると執事は、そんな言葉をお嬢様に聞かせてはいけないと気を利かせるのでした。

エステルは知らない言葉を耳にし、今度ハーデル先生に教えてもらおうとのんきに考えていました。

 

これ以上、エステルに話を聞かれてはまずいと、公爵はエステルを部屋へ戻しました。

公爵から離れるとエステルは、真っ先にカルルの様子を見ます。

すると、カルルはエステルに小さく手を振ってくれました。

エステルにとっては、それがとても嬉しく感じました。

エメルと深まる仲

早速、エメルと共に部屋に戻るエステル。

エメルは、自分のことはエメルと呼んでくださいと言いますが、その表情はいたずら好きな少年のようでした。

エメルはこれからずっとエステルと一緒にいることになるようです。

 

そして、エメルがこの国に5年もつかえていることを教えてもらいました。

エメルは12歳で公爵家専属の騎士団であるブラック・ウルフ騎士団、通称オオカミに入ったと話しました。

その話を聞いたエステルは、たった12歳で働き始めるなんてすごいと思いました。

 

エステルはエメルにカスティージョは敵が多いのは本当かと聞きました。

なぜならエステルが今まで過ごしてきた環境は、カスティージョ家とは比べ物にならないくらい祖末で悲惨なものだったからです。

それに比べれば、カスティージョ家は平和で安心な生活でした。

 

昔の生活を思い出したエステルは、突然、走馬灯のように苦しんでいる自分を想像し、気分が悪くなってしまいます。

顔を真っ青にしているエステルを見て、エメルは驚きました。

そんなに辛かったのですかとエステルに聞くと、エステルは笑顔で昔は辛かったけど、今は平気だと伝えました。

 

エメルにとって、そんなエステルはとても愛おしく思いました。

2人がじゃれていると、カルルが通りかかります。

カルルは、これから馬に乗りに行かないかと2人を誘いました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ8話感想

専属騎士が決まり、物語が進んでいきましたね。

公爵がエステルのことをとても可愛いがっている様子が伺えたのもとても良かったです。

気になるのは、今後行われる狩猟大会です。

 

公爵と執事は何かあるのではないかと疑っていますので、何か一波乱ありそうです。

そのような行事もあることも含めて、専属騎士をエステルに付けたのでしょうか。

また、エメルは表情が豊かで、エステルを楽しませてくれるお兄さんという印象です。

これからエステルと共に行動することになるので、どのような展開が繰り広げられていくのか楽しみですね。

 

エステルの過去も少し出てきました。

これからエステルはトラウマのように過去に捕われてしまうのではないかと不安ですが、そんな時にエメルがいたら安心ですね。

カルルもエステルのことを頻繁に気にかける優しいお兄ちゃんですね。

 

いきなり妹ができるということは、かなり複雑ですが、ちゃんとエステルを可愛がっているので安心です。

少しいじわるな面があるので、こじれることもありそうですが、不器用な部分は目をつむるしかないですね。

エステルは一人で行動することがなくなり、今までのような突拍子もない行動が制限されるので、アニーを心配させることもなくなりそうです。

 

エステルとエメルとカルルの関係性や狩猟大会、エステルの過去や前世。

まだまだ明らかにならないことが、たくさんあり、これからの展開も気になります!

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった8話のネタバレと感想をお届けしました。

新たにエステルの専属騎士であるエメルが登場しました。

エメルは12歳の頃からカスティージョ家につかえる青年で、カスティージョ家のことも詳しそうです。

 

また、カルルのこともお兄様と呼ぶようになり、一気に家族という感じが出てきましたね。

しかし、エステルはまだ過去に捕われており、これから辛い事もありそうです。

新しい家族との展開が楽しめた、ある日、私は冷血公爵の娘になった8話の感想、ネタバレでした。

-ある日、私は冷血公爵の娘になった