ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ74話最新話と感想!エメルとエステルの信頼関係

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」74話のネタバレと感想をまとめてみました!

使者に言われたことをエメルに相談するエステルの物語です。

使者のことをパパに伝えに行ったエステルは・・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になった74話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ74話最新話と感想!エメルとエステルの信頼関係

使者に言われたことを考えるエステル

使者が言っていた護衛とは誰のことなのか考え込んでいるエステル。

エメルの声で我に返ると、最後に何をいわれたのか聞かれます。

エステルは思い切ってエメルにそのことを伝えました。

 

2人がそんなやり取りをしているとケルソンが使者の言っていたプレゼントについて話し始めます。

エステルはどんなものなのか見当もつかないため、ブレスレットにヒントが確認をしてみました。

すると宝石の色が先ほどと違って見えます。

 

ケルソンがそれはソーダライトというもので太陽の光で色が変わると教えてくれました。

そのソーダライトはとても貴重でただのプレゼントにしては高価すぎるとケルソン。

どんな魔法の力があるのかをアンに調べてもらうことにするのでした。

エメルとの信頼関係を確認

ケルソンが部屋を出て行ったあと、エステルはエメルに侯爵家に行ってみようと思うと話します。

エメルは最初から話は聞かなかったことにして、行くことに反対しました。

エステルは考えてみると頭を抱えます。

 

そしてエステルは使者がなぜあんなことをいったのか理由を知っているのではないかとエメルに尋ねました。

エメルは理由を知っているがそれはいいたくないと伝えます。

しかし、エステルを裏切ったり危険な目に遭わせたりすることはないので信じて欲しいと訴えました。

 

エメルの必死な態度にエステルは不思議そうにします。

当たり前といわれエメルはホッとしてエステルに感謝を伝えました。

エステルはエメルに逃げることはしたくないと改めて意思表示します。

 

罠だったとしてもかエメルに聞かれ、自分には精霊が付いているとエステル。

心配性なエメルと話をしているとふとステファニーのことを思い出しました。

 

そして、ステファニーと同じ休みにしてあげようと考え、エメルにもっと休みが必要ではないかを聞きます。

何のことかわからないエメルは十分休んでいると答えるので、エステルはそれ以上深く、追及しないことにしました。

エステルの頼もしい姿

エステルはこれまであったことやドラゴンのことを聞くためにパパの部屋に向かいます。

すると部屋の中からアンの声が聞こえてきました。

部屋に入るとアンに何の話をしていたのか聞きますが、アンははぐらかして部屋を出ていきます。

 

パパに聞こうとするとあっさりとドラゴンのことを聞いていたと教えてくれました。

噂が本当ならばドラゴンが襲ってくる可能性もあるかもしれないと・・・

エステルはもしそうなったら自分がパパを守ると宣言します。

 

エステルは精霊に聞いてみるとできなくはないがエステルに相当な負担がかかると答えました。

しかし、パパに精霊の声は聞こえないため、エステルは出来るから大丈夫と伝えるのです。

そしてレイモンド侯爵家の使者にプレゼントがあるから侯爵邸に来てほしいといわれたことを伝えるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ74話感想

使者がなぜあんなことをいったのか考えていたエステルは素直にエメルに相談していましたね。

それはやはり、エメルを信頼しているからだと思いました。

エメルがかなり警戒しているのは誰が見ても確かなことでしたが、エステルは深く聞かずにエメルを信じていました。

 

ステファニーとエメルがカップルだと思い込んでいるエステルは親切心で休暇がもっと必要ではないか聞いていましたね。

エメルには何のことやらさっぱりわからず、エステルはそれ以上聞かないのはエステルの優しさなのでしょうか。

どうにも勘違いなきがしなくもないなと思います。

 

ドラゴンのことがパパの耳にも入ったと思いました。

しかし、エステルの頼もしい発言にパパもエステルを尊重していましたね。

 

そして気になるのが公爵邸にあるというプレゼントですね。

聞いたときのパパの表情がとても気になります。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ74話最新話と感想!エメルとエステルの信頼関係まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」74話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エステルは使者に言われたことをエメルに相談します。

エメルとの信頼関係を確認して、パパに話に行くとドラゴンのことをアンに聞いていたパパ。

エステルは精霊と共にパパを守ると宣言し、プレゼントのことで公爵邸に来るように言われたことを伝えるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!