よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ91話最新話と感想!皇子の悩み

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」91話のネタバレと感想をまとめてみました!

セザールは、二日後に迫った房事の日のことで悩んでいます。

カナリアと一緒に寝るのに耐えられそうにないセザールが、秒速で眠ってしまうために考え付いたのは…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る91話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ91話最新話と感想!皇子の悩み

太陽宮

セザールが皇帝に拝謁するため太陽宮に行くと、皇帝の主治医が帰っていくところでした。

医師は侍女に、これ以上お薬の必要はないと伝えています。

 

セザールはそれを聞いて、皇帝の病気は完治したかと思いました。

しかし皇帝の顔を見ることはできず、カーテン越しに話ができるのみです。

 

皇帝は、早く即位式を挙げたいが、まだ人前に立つのは無理だと言って咳込んでいました。

セザールは国政に関しては心配いらないと答えましたが、何かおかしいと感じています。

まるで、皇帝が意図的に即位式を先延ばししているような気がしました。

房事の日対策

セザールは房事の日を二日後に控え、頭を抱えていました。

カナリアと一緒のベッドで寝るのに耐えられる自信がないのです。

 

いっそ秒速で眠ってしまいたいと考え、二日連続で訓練をすることを考えました。

しかし、戦場で毎日戦っても疲れなかったことを思い出し、このアイデアは却下します。

 

次に、脳をフル回転させて頭を疲れさせることを思いつきました。

セザールは、一週間分の仕事を二日で終わらせることにします。

 

ラヤは理由を尋ねますが、セザールは目が泳いでおり、内緒だと言うばかり。

二日頑張れば残りの五日は休みでボーナスも出すと言われ、ラヤは仕方なく納得しました。

房事の日

カナリアは、期待してセザールを待っていました。

しかしセザールは二日徹夜したといって目の下にクマをつくり、とても疲れた様子です。

 

さっさとベッドに入って寝てしまったセザールを見て、カナリアの怒りが湧き上がりました。

セザールはカナリアが寝ようとしないのに気づき、寝る前に灯りを消してくれるようにと言います。

 

カナリアの表情から怒りを感じたセザールが自分で消そうとすると、カナリアがセザールの腕を掴みました。

我慢の限界に達したカナリアは布団をはぎ取り、セザールを押し倒します…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る91話感想

いやー、カナリアがこんなに肉食系だとは(笑)

考えたらカナリアの精神年齢は、35歳ですもんね。

もどかしくて当然です。

 

まあ、セザールにはストレートに表現しないと通じないですし、結局こうするしかないのでしょう。

セザールも我慢しなくてもいいと分かれば悩みがなくなりますし、いいことですね。

 

ラヤたちは、なぜセザールが房事の前に疲れたいのか不思議に思っているでしょう。

まさかアンケートの本が原因とは誰も想像できませんよね…。

セザールもこれから五日間仕事がないのなら、カナリアを近場の旅行などに連れて行ってあげたらいいのになあ。

 

ところで、皇帝が意図的に即位式を先延ばしにしているというのは気になりますね。

一体どんな理由があるのでしょうか。

セザールは、予定通りちゃんと即位することができるのかしら?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ91話最新話まとめ!皇子の悩み

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る91話のネタバレと感想を紹介しました!

セザールは、房事の日にすぐ眠ってしまえるようにと、頭をフル回転させて疲れることにします。

しかし待っていたカナリアはもう我慢の限界に達し、ベッドにセザールを押し倒しました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!