よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ90話最新話と感想!新しい指輪

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」90話のネタバレと感想をまとめてみました!

セザールはカナリアの行動を、結婚指輪が欲しいということだと解釈します。

夜遅く帰ってきたセザールはカナリアのいるバルコニーに登り、指輪を渡しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る90話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ90話最新話と感想!新しい指輪

夜のバルコニー

カナリアはなかなか眠れず、バルコニーから外を眺めています。

昼間、あれだけ露骨に口説いたのに動じなかった鈍感なセザールに対して、苛立ちを感じていました。

 

すると、馬車が止まってセザールが降りてくるのが見えます。

カナリアは、大声でどこに行っていたのかと呼びかけました。

 

セザールはカナリアを見て、バルコニーまで登って来ます。

そして渡したいものがあると言い、カナリアの指に指輪をはめました。

 

セザールは昼間のカナリアの行動が、新しい結婚指輪が欲しいというアピールだと考えました。

12歳の時に交換した結婚指輪は、今の指に入らないので意味がないと思ったのです。

 

カナリアはピンクの石がついた指輪がとても気に入り、大喜びしました。

そして、セザールの指にも指輪をはめてあげます。

 

二人は、熱いキスを交わしました。

セザールはすぐに帰って行きましたが、カナリアはすっかり上機嫌です。

グレイシーの訪問

カナリアはグレイシーに、ウキウキと昨夜の出来事を話しました。

グレイシーはあまり興味がなさそうに、クールな反応を返してきます。

 

カナリアは朝からメイドや騎士などほとんどの人に指輪を見せては自慢しました。

でもまだまだ自慢したいので、今度は貴族の令嬢を招待してお茶会を開こうかと考えています。

 

グレイシーはそんなカナリアを見て、指輪自慢は十分だと言いました。

カナリアは、テーブルに載せられた山のような書類に気付きます。

 

セザールはグレイシーに、カナリアが皇太子妃になるための授業を頼んだのでした。

次期皇后として、覚えなければならない仕事が沢山あります。

テーブルの書類は、今回の下院選挙に関する資料でした。

 

グレイシーの専門外の分野は、別の先生が来ることになっているそうです。

これまで暇な皇宮生活を送っていたカナリアは、これからとても忙しくなるということに気付きました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る90話感想

カナリアが嬉しくて有頂天になる気持ちは分かります。

でも、ほどほどにしないと周りにウザがられますよ…。

グレイシーの正直な反応を見て、ちょっとは注意したほうがいいですね。

 

セザールがカナリアの願い事に気付くはずはないと思っていましたが、やはり的外れな答えを出しました。

けれど結果的にカナリアが大喜びしているので、良かったです。

平和に過ごせる間に、ラブラブの新婚気分をたっぷり満喫して欲しいと思います。

 

この国の皇后は随分と大変なのですね。

でもその分、実権を持てるということですから、色々な改革ができるでしょう。

カナリアなら貴族たちにも庶民にも敬愛される皇后になって、みんなと力を合わせていい国を作っていけるでしょうね。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ90話最新話まとめ!新しい指輪

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る90話のネタバレと感想を紹介しました!

色々な人に新しい結婚指輪のことを自慢したカナリアですが、グレイシーはクールな反応です。

グレイシーは今後、カナリアが次期皇后になるための授業を担当することになっていました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!