ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第20話最新話と感想!忘れられない光景

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第20話のネタバレと感想をまとめてみました!

ついに帝都に行く事になったレイナたち。

彼女たちが見た一生忘れられない光景とは…?

「ガラスの温室の公爵夫人」第20話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第20話最新話と感想!忘れられない光景

帝都へ出発

エルはすっかり元気になったものの、高熱の原因は医者にも分からないとの事。

エドハールは、念の為生命の神殿に行く事を勧められたのだと言います。

精霊の力に目覚めた事がエルの負担になったのかもと考えたレイナは、彼の提案に従う事にしました。

 

そしてついに帝都へ出発する日。

レイナたちは帝都へ向かう船に乗っていました。

何とか穀物問題に解決の目途が立った為、無事出発する事ができたのです。

 

初めて海を見るエルはしゃいでいます。

今は見えないけど海の中にはたくさんの生物が住んでいると説明するレイナ。

すると、ウンディーネが海の中を見せてあげると微笑みました。

忘れられない光景

戸惑うレイナに、海水をまるごと持ち上げればいいと提案します。

レイナがお願いすると、突然持ち上がる波に船内の人々は大騒ぎ。

騒ぎを聞きつけたエドハールが、何事かとやって来ました。

 

ウンディーネの仕業だと察したエドハール。

先日倒れたばかりのレイナを心配します。

レイナは大丈夫だと言うと、それよりあれを見てと伝えました。

 

レイナの目線の先には、たくさんの海の生き物たちが自由に泳ぎ回っている光景が。

壮大な光景に目を奪われながら、エルはすぐに忘れてしまうだろうと呟くエドハール。

レイナは、忘れたらまた見せてあげればいいと微笑みます。

 

そうすれば自由自在にこんな風景を作り出せるようになるだろうと。

エルがそうなれるように、自分も手助けしたいと呟くのでした。

毅然とした瞳

夜風に当たっていたレイナは、昼間の事を思い出していました。

エルの手助けをすると言ったものの、本当にそんな事ができるのかと不安になるレイナ。

自分がいい母親になれる自信がないのです。

 

その時、エルが船酔いしなくてよかったと言いながらエドハールがやって来ました。

明日帝都に到着したら、そのまま皇帝に謁見に行く事。

そして皇帝は人を服従させるのが好きだから、何を言われても気にするなと伝えます。

 

エルは皇帝に会わせるつもりはないとの事。

それよりも、皇宮に行けば貴族がいるかもしれないが大丈夫かと尋ねるエドハール。

レイナは貴族と聞いただけで辛い思い出が蘇ります。

 

それでも、今の自分はあの頃とは違うから大丈夫と微笑むレイナ。

以前のレイナの瞳は常に憂鬱な色をしていました。

 

しかし、今のレイナの瞳は光を浴びて美しく輝いています。

エドハールは思わずその輝きに見とれてしまうのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第20話感想

ついにレイナたちは帝都に出発する事に。

エルも連れて行くのは、生命の神殿で見てもらう為だったのですね!

そこに行けば高熱の原因や、エルの力の事などが明らかになるのでしょうか。

 

ウンディーネの力を借り、海の中を見せるレイナ。

彼女が見せてくれた光景は、言葉で言い表せないくらい綺麗でしたね!

リアルに水族館のようで、普通に生活していれば一生目にする事のないような光景です。

 

エルの為に力になりたいと願うレイナ。

前世の事を考えれば、彼女が不安になるのも分かります。

皇宮に行けば貴族がいるかもと言うエドハール。

 

貴族に会ってしまえばトラウマを思い出しそうです。

エドハールの言い方から考えると、皇帝も曲者っぽいし…。

それでも今のレイナは以前とは違うし、きっと乗り越えられるはずです!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第20話最新話と感想!忘れられない光景まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」20話のネタバレ、感想をご紹介しました。

帝都へ向かう船の中で、エルに海の中を見せたレイナ。

エルが素敵な大人になれるよう、これからも力になりたいと願うのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!