サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ87話最新話と感想!気配が途絶えるエンド

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」87話のネタバレと感想をまとめてみました!

パパたちの元に向かったエンドから連絡がなく、途絶えてしまう物語です。

呼びかけても繋がらないエンドにエステルとアルファは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった87話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ87話最新話と感想!気配が途絶えるエンド

エメルのエステルに対する想い

イーストリア山脈では、エメルとエレンが焚火の前で話をしています。

エステルのことばかりを考えているエメルに呆れ気味でエレンは結婚でもしたらどうするのかと苦笑いしました。

エメルは真面目な顔でウルフ騎士団をやめてついていくと語ります。

 

さらに呆れた様子のエレンをよそに、エメルは何があってもエステルの一番の味方でいると宣言するのでした。

そんなエメルの様子を眺めながらエレンは屋敷に残してきたロイのことを思い浮かべるのでした。

送った人々の想い

一方、屋敷ではエステルがパパの書斎で公爵の仕事をしています。

エンドを送ってから1週間たっても連絡がなく、何もないのはいい便りだと自分に言い聞かせていました。

部屋に戻ろうと書斎を出るとロイが待機しています。

 

エステルはロイも最近眠れていないのではないかと心配しました。

アスターから不在の間の代理を任されたロイはもっと堂々としていないと上の者として失格だと反省します。

エステルはそんなロイに恋人を戦場に送った気持ちについて尋ねました。

 

2人ともナイトという立場上、初めから覚悟はしていたけれど、それでもツライものだと本音を漏らすロイ。

父親を送ったエステルほどではないといわれ、エステルは大切な人を送るのは同じだと答えるのでした。

エンドとのつながりが途絶える

部屋で眠っていたエステルは深夜に突然目覚めて、慌ててアルファを呼びます。

アルファもエステルと同じ感覚を感じていました。

エンドとのつながりが途絶えて、パパや騎士団に何かあったのではないかと不安で泣きじゃくるエステル。

 

縋りつくエステルにアルファは精霊は消滅する存在ではないと落ち着かせようとしますが、エステルはアルファに様子を見てきて欲しいとお願いします。

エステルのそばを離れることができないアルファはエステルが安心して眠れるように寄り添って優しく歌ってくれるのでした。

アルファを見たステファニー

翌朝、ステファニーの悲鳴でエステルは目覚めます。

悲鳴を上げた原因はエステルに寄り添うアルファの姿でした。

エステルは微笑み何もしないから大丈夫とステファニーに答えます。

 

そしてアルファにずっと姿を現したままだったのかを尋ねるとアルファはしばらくはこのままでいると答えるのでした。

エステルはエンドに必死に呼びかけますが、全く応答はありません。

そして、すぐに着替えをしてカルルの元へ向かうのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ87話感想

それぞれに複雑な想いを抱えている様子が描かれていましたね。

エメルはやっぱりエステルが1番なんだなと思いました。

そして、エレンとロイはそれぞれに想いあっていることがわかりました。

 

エンドからの連絡がなく、連絡がないのはいい便りと思った矢先に、つながりが途絶えてしまいましたね。

エンドやパパ、騎士団の身に何が起こったのでしょうか。

みんな無事だといいのですが・・・

 

普段、姿を消していて、エステル以外には見えないアルファが見える形になっていることも気がかりです。

エンドがいない状態でアルファがエステルから離れることもできず、様子がわからないのでエステルは歯がゆいでしょうね。

 

状況がわからないというのは一気に不安も高まるので、本当に、一刻も早く状況が知りたいと思います。

ひとまず、カルルに相談に行くようですが、何事もなくみんなが帰ってくることを祈りたいです。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ87話最新話と感想!気配が途絶えるエンドまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」87話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エメルはどこに行ってもエステルのことを考えていて、エレンとエステルの話をしていました。

一方エステルは仕事をしながらも送ったエンドからの連絡を待っています。

しかし、エンドとのつながりが途絶えてしまって、不安になり、カルルの元に向かうのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!