サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ88話最新話と感想!カスティージョらしく

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」88話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝からの伝令を受け、カスティージョらしい振る舞いをするカルルの物語です。

よりカスティージョらしくなろうとするエステルは・・・

ある日、私は冷血公爵の娘になった88話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ88話最新話と感想!カスティージョらしく

不安をカルルに相談

エンドとのつながりが途絶えたことをカルルに報告するエステル。

エンドの存在を知らないカルルにエステルは自分の精霊でパパの元に向かわせたことを説明します。

カルルは冷静にそれは父が望んでいなかったのではないかと問いかけますが、エステルはそれよりも何か起こったに違いないと慌てるのでした。

 

カルルはそんなエステルに父が精霊を斬ったのかなどとからかいます。

アルファがそれを聞いて、自分もそれは考えたが物理的なダメージを受けたのならば精霊界に返っているはずだと説明をしました。

 

カルルは内容を理解して、今は待つしかないとエステルをなだめます。

エステルはそんなカルルの様子を見てロイが言っていたことを思い出すのでした。

皇帝からの伝令

それから5日が経った頃、皇帝から伝令が届きます。

その内容は討伐隊が行方不明となり、炎のくぼみだけが残されていたというものでした。

学者によると恐らくドラゴンが行った行為であろうということです。

 

カルルが討伐令が解除となったのかを確認すると皇帝からの使者は皇帝陛下からの弔意の言葉とカルルを次期公爵に就く旨を伝えました。

カルルは、確かな証拠がない限りはまだ早いと皇帝に伝えるように使者の言葉を制止します。

 

となりで聞いていたエステルは呆然と立ち尽くし、その言葉の意味を理解しようとしていました。

カルルに声をかけられて我に返ったエステルはカルルに抱きつき泣きじゃくります。

そんなエステルにカルルは優しく微笑み大丈夫だと何度も伝えるのでした。

大人へと生まれ変わるエステル

仕事でもしないと耐えられそうにないエステルは書斎に向かう途中綺麗な夕焼けを見つめてパパのことを思い出します。

そしてカルルも大丈夫なのか心配をして、自分が支えられるようにならなければと考えるのでした。

 

エステルはよりカスティージョらしくなる決意をして、アニーたちの元に向かい、パパたちのことを伝えます。

アニーやステファニーはその報告を受け愕然とするのでした。

 

エステルはアニーに服についている装飾をすべて外してほしいとお願いをします。

そして、身の回りにある可愛いものをすべて封印して本当の大人となると誓うエステル。

服も話し方も考え方もこれまでの子供のエステルをすべて脱ぎ捨て、大人として立ち向かうのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ88話感想

カルルの対応はまさにカスティージョらしい振る舞いでしたね。

父の事を信じて、待ち続けると常に冷静な態度だったカルルは素敵でした。

そして不安で泣きじゃくるエステルを安心させるために、大丈夫といったり、からかったりする優しさはかっこよかったです。

 

エステルもそれにならって、よりカスティージョらしくなるために、子供の殻を脱ぎ捨てて、大人になることを決意しましたね。

まずが可愛いものを封印するところから入るところはなんだかエステルらしいと思いました。

 

父親が不在の成人しているとはいえ、まだ幼い兄妹が力を合わせて公爵家を守り、父の帰りを待つ、そんな姿が伺えたと思います。

悲しんでばかりでは前に進めないとも思いますので、しっかりした二人の元にパパは早く帰ってきて欲しいですよね。

 

皇帝の伝令で、パパの姿もない状態なのに、命を落としたと決めていて、さらには次期公爵にカルルに就いて欲しいというのは少しイラッとしました。

カルルの言う通り、証拠もなしに話を早く進めすぎだと感じましたね。

大人として振舞うエステルが解決してくれると信じています。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ88話最新話と感想!カスティージョらしくまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」88話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エンドと途切れて不安なエステルをカルルが慰めます。

しかし、予感は的中し、パパたち討伐隊は行方不明となってしまいました。

エステルは子供としての自分を脱ぎ捨て大人として振舞うことを決意するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!