サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ96話最新話と感想!ドラゴンの提案を受け入れるアン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」96話のネタバレと感想をまとめてみました!

アンと仲直りすることがエステルと、レニーの態度に嫌悪感を抱くエメルの物語です。

ドラゴンの提案を受け入れるアン!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった96話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ96話最新話と感想!ドラゴンの提案を受け入れるアン

アンの部屋にいるドラゴン

部屋の前で鼻血を出しているエステルを見て慌てるアン。

なぜか室内にいるドラゴンに怒りをぶつけます。

エステルはアルファが治療してくれるから心配ないとアンを落ち着かせました。

 

ドラゴンはそんなエステルの様子を見て人間の体話弱いとつぶやくとアルファも同意しだからこそ大事なのだと付け加えます。

エンドはドラゴンの顔を見て怒りがぶり返しまた悪態をついていました。

喧嘩を始めたら屋敷が壊れるとエステルはエンドを止めます。

 

ドラゴンはみんなの記憶の中のエステルは幼かったのに、実際は違って不思議そうにするのでした。

エステルはそれを聞いてみんなはまだ自分を子供だと思っていることはよくわかったと考えています。

アンとの仲直り

気を取り直してエステルは、アンにプレゼントを渡し一人で行ってしまったことを謝罪ました。

そして改めて、アンは自分の魔導士で、その力を信じていると伝えるエステル。

アンはエステルには精霊がいるからもう自分は必要ないと思っていたのです。

 

2人のすれ違いが解消し、エステルはアンのことを信頼していて、これからも傍にいて欲しいと伝えるのでした。

そのエステルの言葉を聞いてアンはドラゴンの方を向いて提案を受けると答えます。

なんのことだかわからないエステルは慌てますが、アンに信じて欲しいといわれて言い返すことができませんでした。

騎士団の部屋

場面が変わり、騎士団たちが待機する部屋。

ジンがオルタ関門のことをエメルに問いかけます。

エメルは参戦しようと思っていることをジンに伝えました。

 

そして、レイモンド侯爵が父親ということを改めて自覚します。

その横でレニーが周りの騎士にエステルの初陣についてからかわれていました。

 

顔を赤らめてエステルの様子を話すレニーにエメルは無言の視線で凄みます。

その圧力にレニーはそそくさとその場を後にしました。

廊下で話をするエステルとレニー

廊下では、エステルがアンとドラゴンに追い出されて、アンのことを心配しています。

そこに通りかかったレニーに会いました。

赤面して後ずさるレニーにエステルは何かしてしまったのか尋ねます。

 

エステルは自分のピンクの瞳のせいかと思い確認しました。

レニーは慌ててそれを否定して美しいと付け加えます。

 

そんな二人の他愛もない会話を引き裂くように声がします。

エステルが声の方に振り向くと笑顔でエメルが立っていたのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ96話感想

アンとエステルは無事に仲直りできましたね。

しかし、喧嘩というよりはすれ違いのような感じでした。

 

すれ違っていた気持ちの修正が出来たのも束の間、アンはドラゴンの提案を受けるとドラゴンに伝えましたね。

ドラゴンの提案とは一体どんなものなのでしょうか。

 

エメルの秘密にしていたことはレイモンド侯爵が父親だったということなのかもしれないですね。

他のみんなは知っていたようですが、エステルにはどうしても言い出しにくかったのではないでしょうか。

そして、確実にエステルに惚れてしまったようなレニー。

 

若い騎士が恋にうつつを抜かすことを嫌悪しているようなエメルですが、実際はどうなのでしょうか。

エメルの態度を見るからに嫉妬しているように思いますよね。

アンとドラゴンも気になるところですが、エメルとレニーの気持ちも気になるところです。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ96話最新話と感想!ドラゴンの提案を受け入れるアンまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」96話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エステルはすれ違っていたアンと気持ちを通じ合わせることができます。

するとアンはドラゴンの提案を受けることにしました。

エステルを意識するレニーに苛立つエメルは二人が話しているところに笑顔で立っているのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!