サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ97話最新話と感想!レニーを牽制するエメル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」97話のネタバレと感想をまとめてみました!

エステルとエメルとレニーの三角関係のような物語です。

エステルの想いを寄せるレニーに牽制するエメル!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった97話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ97話最新話と感想!レニーを牽制するエメル

エメルとの再会

微笑むエメルはエステルに挨拶をします。

エメルの姿を見たエステルはすぐに飛びつきあの時会ったのは夢ではなかったことを実感しました。

抱きつかれたエメルは自分の胸が高鳴るのを必死で抑えるためにすぐにエステルを引き離します。

 

不思議そうにしているエステルに自分の気持ちを感づかれないように微笑み、レニーに持ち場に戻るように指示をしました。

慌てて立ち去るレニーにエステルは挨拶をします。

エメルは二人の様子を見て少しヤキモチを焼きました。

エステルの成長を実感するエメル

エメルは改めて、無事でよかったことを伝えるとエステルは強くなったと誇らしげに語ります。

それでも、エメルはエステルの手を汚すようなことはさせたくなかったと心を痛めるのでした。

その様子を感じ取ったエステルも心が痛みます。

 

涙を見たくないというエメルにもう泣かないとエステル。

エメルが無事でよかったとまた抱きついてしまいます。

たじろぐエメルはもう子供ではないのだからと顔を赤らめ、エステルを引き離しました。

 

エメルがいない間にエステルがすっかりと大人になったことを伝えます。

みんなに変わったといわれるため、エステルは少しげんなりしているようです。

自分ではそんなに変わったとは思わないのにと考えるのでした。

夜中の散歩

早くに寝たエステルはまだ辺りが真っ暗の中で目が覚めます。

パパが帰ってきたり、ドラゴンがくっついてきたりと前日いろいろなことがあったからでした。

もう少しで夜明けかもしれないから外を少し散歩しようと考えたエステル。

 

着替えもせずにはだしのままで外を歩いていると声をかけられます。

エステルが振り返るとレニーが立っていて、こんな時間にどうしたのか尋ねてきました。

散歩をしていると答えるエステルはレニーこそどうしたのかを聞きます。

 

答えるレニーの目の先にはエステルの寝巻き姿が映り、顔が真っ赤に染まります。

そんなレニーを気に留める様子もなく、エステルは働き者だと褒めました。

自分が一番新人だからと話すレニーに何かあったら自分にいうように伝えるエステル。

 

引き留めてごめんねとその場を去ろうとするとレニーはエステルの手をしっかりと握り何かを言いかけます。

その時、それ以上は言わない方がいいと声が聞こえました。

声の方を振り向くと怒った表情のエメルが、3秒以内に消えるようにとすごむのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ97話感想

エステルはレニーとエメルの気持ちに気づいてはいないようですが、なんだか三角関係のようになってきましたね。

レニーがエステルに好意を抱いていることに気づいたエメルは嫉妬心がかなり強く行動に出ていたように思いますが、エステルは気づいていないようでした。

そして、エメル自身エステルに抱きつかれて、高鳴る鼓動を抑えるのに必死でしたね。

 

公爵の仕事をしっかりとこなしたり、大人になって来たエステルではありますが、まだまだ恋愛は子供のようで、好意を向けられても気づいていない様子です。

エステルのエメルを好きな気持ちはエメルのエステルを思う気持ちと同じものなのでしょうか。

エステル自身が気づいていないので、この二人の恋愛はまだまだ先の話なのかもしれませんね。

 

エメルの嫉妬からレニーはつらく当たられるような場面がチラホラ見られますが、自分の気持ちに正直なレニー。

新人騎士団員なので、仕方がない部分もあるのでしょうか。

 

夜中に寝巻き姿で気になる女性がいたら思わず、告白しそうになってしまうレニーの気持ちもわからなくはないですよね。

しかし、エメルもいいタイミングで入ってくる辺りはいつでもエステルの傍に控えているからなのでしょうか。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ97話最新話と感想!レニーを牽制するエメルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」97話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エステルは本物のエメルに会って無事を実感して抱きつきます。

エメルはエステルを意識してしまい、必死で平静を装います。

夜中に散歩をしていたエステルはレニーに会い、そこにエメルがやってきてレニーを牽制するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!