ある日、私は冷血公爵の娘になったのネタバレと感想を最新話まで更新中

ある日私は冷血公爵の娘になった

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の韓国名は나는 이 집 아이で英語名はI Am a Child of This House / I Belong to House Castieloです。

ある日、私は冷血公爵の娘になったのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話
43話 44話 45話
46話 47話 48話
49話 50話 51話
52話 53話 54話
55話 56話 57話
58話 59話 60話
61話 62話 63話
64話 65話 66話
67話 68話 69話
70話 71話 72話
73話 74話 75話
76話 77話 78話
79話 80話 81話
82話 83話 84話
85話 86話 87話
88話 89話 90話
91話 92話 93話
94話 95話 96話
97話 98話 99話
100話 101話 102話
103話 104話 105話
106話 107話 108話
109話 110話 111話
112話 113話 114話
115話 116話 117話
118話 119話 120話
121話 122話 123話
124話 125話 126話
127話 128話 129話
130話 131話 132話
133話 134話 135話
136話 137話 138話
139話

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

ある日、私は冷血公爵の娘になったのあらすじ

ピンクアイと名付けられ娼婦に育てられた少女。

ある日2万ゴールドで売られたのは魔族の家系のカスティージョ公爵家でした。

新たな名前「エステル」とつけてもらい新生活がスタートします。

 

寡黙なパパとお兄さまそして、イケメンの護衛騎士団たちに囲まれて生活するエステル。

赤い瞳が特徴のカスティージョ家で、エステルは自分の瞳の色がピンクで、本当に自分はこの家の娘なのか不安になるのでした。

しかし、家族はそんなエステルを優しく受け入れ、家族の絆を築いていきます。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの登場人物

エステル・カスティージョ

主人公で前世は「ユイ」という女子大生。

カスティージョ公爵が父親で、母親は娼婦だった。

幼い頃に母と暮らし、「ピンクアイ」と呼ばれ、公爵家に来てから「エステル」と呼ばれるようになります。

アイン・カスティージョ公爵

エステルの父親。

魔族の家系で、瞳の色が赤い。

周囲に冷血公爵と呼ばれているが娘を溺愛している。

カルル・カスティージョ

エステルの兄。

父親と同じく赤い瞳を持つ。

腹違いではあるがエステルにはとにかく甘い。

エメル・アストラーダ

ウルフ騎士団のマスター。

エステルが選んだ護衛騎士団。

エステルのことを一番に考えて行動してる。

ロイ

ウルフ騎士団の騎士。

金髪で明るく、エステルに対しても気取ることなく、時には意地悪をいったりしてからかう。

エレンと付き合っている。

アルファ/エンド

エステルの精霊でどちらも精霊王。

アルファは水の属性でオオカミの姿をしている。

エンドは火の属性で竜のような姿をしている。

アニー

エステルの身の周りの世話をする使用人。

エステルとは本当の親子のように過ごしています。

アン

赤い髪をした魔塔の魔導士で「13(じゅーさん)」と呼ばれていた。

レプトンの元で奴隷のように扱われていたが、事件がきっかけでエステルの屋敷で一緒に生活をすることになる。

その後、エステルの専属魔導士として手助けをするようになります。

アイリス

皇女。

幼い頃は目が不自由で表舞台に出ることはなくおとなしかった。

成長し目が見えるようになるとエステルに何かと突っかかってくる。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの結末を大胆予想!

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の結末予想ですが、エステルは大好きな人たちに囲まれて幸せになるのではないかと予想します。

何度も危機は訪れ、そのたびに、パパやカルル、そしてエメルが救ってくれ、何よりもエステル自身が精霊士として活躍するのではないかと思います。

精霊の力を使い過ぎないかは心配なところではありますが、そこはエメルやパパたちが何とかカバーしてくれ、解決できるのではないでしょうか。

 

そして、最終的にはちゃんとエメルと結ばれることができて幸せになってほしいと思います。

様々な障害を乗り越えた二人をパパとカルルもきっと祝福してくれると期待しています。

以上がある日、私は冷血公爵の娘になったの結末予想でした。

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

ある日、私は冷血公爵の娘になったの原作や作品情報

ある日、私は冷血公爵の娘になったの原作や作品情報です!

漫画タイトル ある日、私は冷血公爵の娘になった
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週  月曜日(ピッコマ)
出版 Kakao Entertainment Corp.
原作の作者 Cotton、Siya

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

error: Content is protected !!