BTS

BTSのジェイホープ(ホソク)の名言を韓国語と英語で!

BTSジェイホープ(ホソク)の名言

ムードメーカーとして知られるBTSのジェイホープ(ホソク)さん。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言は、名前通り希望を与えてくれるものばかりです。

 

インタビューなどでもBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言は、韓国語のものが多数。

アメリカの番組ではBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言で、英語のものもあります。

 

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言を、韓国語と英語でそれぞれ探してみましょう。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言に隠れたエピソードも、紹介したいと思います。

BTSのジェイホープ(ホソク)の名言を韓国語で!


2020年アメリカのビルボードでBTSの「Dynamite」がシングルチャート1位を獲得。

その時の記者会見でのBTSのジェイホープ(ホソク)さんの言葉は、メンバーも感動させるものでした。

 

デビュー当時を振り返り、人並み以上に努力を重ねたと話すBTSのジェイホープ(ホソク)さん。

当時の自分にひと言かけるならと選んだ言葉は、BTSのジェイホープさんの名言と言えます。

 

努力は裏切らなかった)というBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言の韓国語。

とにかく最高のものを見せたいという思いで、できる限りのことをするというBTS。

この言葉はBTSのジェイホープ(ホソク)さんのステージに向かう姿勢を表しています。

 

7年間一緒に努力し続けたメンバーへの感謝の気持ちも忘れないBTSのジェイホープ(ホソク)さん。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんは、メンバーに対してもこの場を借りて愛していると伝えたいと続けます。

 

ずっと一緒に頑張り続けたメンバーに対しての、BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言の韓国語は他にも。

방탄소년단은 심장이다」(BTSは心臓だ)という言葉も、BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言です。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんは、なくてはならない原動力だとBTSのことを話したこともありました。

 

BTSが「Dear Class of 2020」に参加した時の、BTSのジェイホープ(ホソク)さんのスピーチにも名言が。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言として韓国語が英語にも翻訳され、注目されました。

 

就職や専攻など決断に迫られ、これでいいのかと不安になった時に思い出して欲しい言葉としての名言。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんは、「忘れないで」と言って次のような言葉を言っています。

인생의 조타를 하는 것은 나 자신 라는 것을」(人生の舵取りをするのは私自身ということを)

このBTSのジェイホープさんの名言の韓国語は、英語では次のように訳されています。

「You are the leader of your own life」(あなたの人生のリーダーはあなた自身です)

 

英語ではYou(あなた)となっていますが、BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言は韓国語で「」(私)。

胸に手を当て同じ経験があるというBTSのジェイホープ(ホソク)さんの言葉は、多くの人が勇気付けられました。

BTSのジェイホープ(ホソク)の名言を英語で!


BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言の英語でまず思い浮かぶのは、自己紹介の場面です。

「I'm your hope. You're my hope. I'm J-Hope.」と早口言葉のような自己紹介は、だれもが知るところ。

 

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名前のホープは、そのまま希望という意味の英語から取っています。

いつも元気で周りを明るくしてしまうBTSのジェイホープ(ホソク)さんにぴったりの名前ですね。

パンドラの箱を開けた時、病や苦しみが世の中に放たれ最後に残ったのが「Hope」(希望)です。

そんな風に誰かの希望になりたいという思いを込め、BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名前に。

 

この名前についてはBTSドキュメンタリーシリーズの番組内で、BTSのジェイホープ(ホソク)さんが明かしています。

先に名前が決まり意味は後からついて来たというBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名前。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんは、「その名前が私を私にしてくれた」と話します。

 

このBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言も英語に意訳されています。

「This is how Jung Hoseok became J-Hope.」(こうしてチョンホソクはジェイホープになった)

ホープという名前がついたことでBTSのジェイホープ(ホソク)さんは、希望のような存在になれたというのです。

 

BTSのジェイホープ(ホソク)さんは、もともとそれほど英語がといういというわけではありませんでした。

BTSでは英語が堪能なことで知られるのは、リーダーのRM(ナム)さん。

海外メディアのインタビューでは、RM(ナム)さんがメンバーの通約を兼ねることも。

 

しかし「完璧な人間なんていない」とリーダーを気遣うBTSのジェイホープ(ホソク)さん。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんは、いつも頑張っているRM(ナム)さんの負担を和らげたいと英語を勉強。

 

インタビューの場面でも、BTSのジェイホープ(ホソク)さんが進んで英語を話す姿がよく見られます。

そんな中でBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言は、英語でも飛び出します。

ARMYと呼びかけた後のBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言、英語は次の通り。

Be proud.You brought us here ,and made us shine.

誇りに思ってください。あなた達が私をここに引き出し、輝かせてくれた」というような意味ですね。

いつもARMYへの言葉を忘れないBTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言は、英語でも感謝が伝わります。

まとめ

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの名言を、韓国語と英語でそれそれ見てきました。

いつも表情豊かで見ているだで楽しくなるBTSのジェイホープ(ホソク)さん。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの言葉は、温かく元気がもらえるようなパワーがあります。

 

明るい言葉とは裏腹に、厳しい練習と努力を重ね続けたというBTSのジェイホープ(ホソク)さん。

BTSのジェイホープ(ホソク)さんの言葉は、経験したことがベースにあるから人の心に届くのだと言えます。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!