BTS

BTSのV(テテ)が燃え尽き症候群だったのはいつ頃?

BTSのVは燃え尽き症候群

スポンサーリンク

美しく整った顔立ちから近寄りがたい表情を見せることもあるBTSのV(テテ)さん。

BTSのV(テテ)さんが、燃え尽き症候群を経験したというのは本当でしょうか?

また、BTSのV(テテ)さんが燃え尽き症候群だったのはいつ頃のことでしょう?

 

普段のBTSのV(テテ)さんはメンバーとふざけあったり、面白い顔をしたりと明るい印象です。

BTSのV(テテ)さんが燃え尽き症候群だとしたら、どんな心境だったのでしょう?

BTSのV(テテ)さんの燃え尽き症候群がいつ頃のことで、どう克服したのかも検証してみましょう。

BTSのV(テテ)が燃え尽き症候群だった?

2020年11月20日にBTSがニューアルバム「BE」のグローバル記者会見を開催しました。

その席でBTSのV(テテ)さんは、燃え尽き症候群を経験したことを告白しています。

BTSの作り上げてきた音楽はメッセージ性が強く、コンセプトに応じたパフォーマンスも圧巻の迫力があります。

ワールドルアーを開催するたび、BTSのメンバーは文字通り心血を注いで取り組んできたと言えるでしょう。

 

BTSのV(テテ)さんも、メンバーとともにパフォーマンスや歌の練習に日々取り組んできたと思われます。

その毎日は、BTSのV(テテ)さんにとって充実して楽しい時ばかりではなかったはずですね。

BTSのV(テテ)さんが、燃え尽き症候群だと感じたのはそんな時だったのでしょうか?

 

2017年ビルボードミュージックアワードで、BTSが「Top Special Artist」を受賞。

このことでBTSは、一気に世界中の注目を集めることになります。

2018年には「Love Yourself」のアルバムが2枚続けてビルボードで1位を獲得するなど。

注目を集めると、周りからの風当たりも強くなります。

大きなストレスとプレッシャーの中で、ワールドツアーを成し遂げたBTS。

BTSのV(テテ)さんの燃え尽き症候群は、そんな大きな達成感の後の虚脱感として苦しい経験だったのでしょう

 

BTSのV(テテ)さんは燃え尽き症候群の時のことを振り返り「正直、とても酷かった」と語っています。

「以前は、ストレートに感じてしまい心理的に辛かった」「現在は成長を感じる」というBTSのV(テテ)さん。

BTSのV(テテ)さんは、燃え尽き症候群の頃の感情を克服できたということでしょう。

BTSのV(テテ)が燃え尽き症候群だったのはいつ?


BTSのV(テテ)さんが燃え尽き症候群だったのは、いつ頃のことでしょうか?

「BE」のグローバル記者会見でもBTSのV(テテ)さんは、燃え尽き症候群だったのがいつかは明かしていません。

しかし授賞式のメンバーの言葉から、BTSのV(テテ)さんの燃え尽き症候群がいつ頃か推測できます。

 

2019年Mnet Asian Music Awards(MAMA)の受賞式でのSUGAさんの言葉が印象的です。

2019年は熾烈に生きた1年でした。

世界が壊れていくように見えても、時が経てばいい時間が訪れる。

そんな言葉が出てくるほど、必死にもがきながら頑張ったということなのでしょう。

BTSのV(テテ)さんも仲間とともに苦しみ、悩んだ時期だったのではないでしょうか?

 

BTSのV(テテ)さんは、燃え尽き症候群だった時期がいつかは語っていません。

ただ、2019年がBTSにとってのターニングポイントになったのではないでしょうか?

 

感情を曲に表すことで克服してきたという言葉から、BTSのV(テテ)さんの手がけた曲も注目されました。

Blue & Grey」は、BTSのV(テテ)さんの内面の葛藤や憂鬱を表現した曲です。

ラップのパートで、SUGAさん、RMさん、J−HOPEさんも歌詞を提供して参加。

まさに2019年、BTSのメンバーが経験した苦しい時期を表現した1曲と言えます。

しかし曲から感じるのは、苦しみを優しく包み込むような暖かさ。

 

BTSのV(テテ)さんの燃え尽き症候群がいつ頃だったにせよ、メンバーの存在が大きいと言えます。

メンバーとともに支えあうことで、BTSのV(テテ)さんも自身の感情に向き合うことができたのでしょう。

 

2020年はBTSの映像での配信がより多く、メンバーでリラックスして過ごす様子が分かります。

そして、2020年8月「Dynamite」のMV公開、9月には2回のビルボード1位獲得。

この後も続く快挙に、仲間とともに成果を喜び前進していこうとするBTSのV(テテ)さんの姿。

成長を感じるというBTSのV(テテ)さんの言葉通り、長いトンネルを通り抜けたような安心感さえ伺えます。

まとめ

BTSのV(テテ)さんが、燃え尽き症候群を経験したと公の場で語るまでどんな心境だったのか?

また、BTSのV(テテ)さんが燃え尽き症候群だったのがいつ頃のことだったのか?

BTSのメンバーの言葉や、発表した曲の内容から推察してきました。

 

しかし本当のところは、当然当事者にしか測り知ることはできません。

ただ言えるのは、BTSのV(テテ)さんが苦しく辛い経験をしても決して投げ出さなかったということ。

そこにはBTSのメンバーや関わる人たちの暖い絆があったのでしょう。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!