悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ2話最新話と感想!悪役になる!?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」2話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

大学の友達に勧められて始めた、イケメンを攻略していく「公女様のラブラブ・プロジェクト」というゲーム。

明日、午前から授業があるのに、夜中までゲームをやり続けてしまいました。

 

ノーマルモードをクリアして、次はハードモードです。

ハードモードでは、ストーリーの中の悪役、ペネロペ・エカルトの立場でゲームを進めていくことになっていました。

「悪役のエンディングは死のみ」2話のネタバレをしていきます。

 

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ2話最新話と感想!悪役になる!?

うまくいかない

ゲームオーバーになってしまって、叫ぶ主人公。

ハードモードを何度やり直しても全然クリアできません。

悪役はイケメンたちの好感度が上がりにくいのに加え、選択を1度でも間違えるとゲームオーバーです。

 

ゲームオーバーのエンディングは、決まって悪役が命を落とすというもの。

ゲームクリアが難しすぎて、主人公はとても悶々としていました。

 

ノーマルモードではペネロペ・エカルトがとても悪いやつのように描かれていましたが、ハードモードをプレイしていると、そんなに悪いやつとは主人公は思えません。

なぜ、こんなに周りから嫌われているのか不思議です。

 

ノーマルモードの隠しエンディングを無料で見るために、ハードモードをプレイし始めましたが、そんなことはもうどうでも良くなっていました。

ただ、ペネロペ・エカルトが幸せになるルート見たさにゲームをプレイしています。

ペネロペ・エカルトはゲーム上、悪役として設定されているだけで、本人は何も悪くないと主人公は思うのでした。

自分と重ねる

ノーマルモードのヒロインは、周りのイケメンたちや他の人たちから、簡単に愛されます。

それとは反対に、周りにどれだけ愛情を求めても何をしても報われない悪役のペネロペ・エカルト。

そして最後には命を落とし、幸せになることはありません。

 

過去、主人公が兄弟の兄たちにいじめられて、父親も何も気にかけてくれなかったことを思い出しました。

本当の家族ではないとひどい言葉を言われたこともあります。

過去の自分と、ゲーム内の悪役、ペネロペ・エカルトを自然と重ねてしまっていました。

 

そのこともあって、絶対にゲームをクリアして幸せのエンディングを見るという思いが主人公はとても強かったのです。

ゲームオーバーする度に、リセットして最初からやり直していました。

 

結局、朝を迎えても、ペネロペ・エカルトの幸せなエンディングは見ることが出来ず、主人公は悔しさを覚えます。

ゲームを最初からやり直そうとしましたが、主人公はずっと寝ていなかったため、いつの間にか眠ってしまいました。

ペネロペ・エカルトになる

お嬢様と呼ぶ声が聞こえます。

目を覚ますと、そこは見たことない内装をしている家でした。

そして、ゲームの中の悪役である、ペネロペ・エカルトになっていることに気づきます。

 

起き上がって、腕がとても痛みました。

腕を見てみると針に刺されたような傷があります。

 

寝てる間に、メイドが針を刺したようです。

メイドに何か言おうと思いましたが、声が出ません。

ゲームの選択肢がないと、誰とも話すことはできないようです。

 

メイドはペネロペ・エカルトのそんな様子にクスリと笑いました。

ペネロペ・エカルトは不満げですが、メイドに言われた通り大人しく顔を洗いにいくことにします。

 

そこにあったのは、ただの湯おけに水が張られているだけのものでした。

針に刺されるのも、水だけが張られているのも、このゲームにこんな細かい設定があったことに主人公は驚きます。

過去6年耐えてきた生活に比べれば、主人公にとって大したことではありません。

 

そうしていると、メイドから朝食の準備ができたと呼びかけがありました。

席に着き、並べられた食事を見てみると、カビが生えているようなパンと色の悪いスープが並べられています。

ゴミのような食事に言葉もありません。

 

メイドの方を見てみると、またクスリと笑ったようでした。

そして、発するセリフの選択肢が3つ出てきます。

それは、①料理長の場所を問う、②メイドに先に食べるように促す、③何も言わずに食べる、の3つでした。

悪役のエンディングは死のみネタバレ2話感想

私の想像通り、やっぱり主人公はずっとゲームを続けてしまいましたね!

それも朝を迎えるまで…。

私は朝早いのにゲームを朝まで続けるなんてことはしませんが、主人公は悪役と自分が重なる部分もあって、やめられなかったんでしょうね。

 

朝を迎えて眠ってしまって、授業寝過ごすぞーと思いながら読んでいましたが、目を覚ましたら主人公がゲームの中のペネロペ・エカルトになってしまっていました!

これには私もびっくりしました。

 

主人公は自分がペネロペ・エカルトになったことに、そんなに驚いてはいなかったので、ペネロペ・エカルトになることを心のどこかで望んでいたのかな?と思います。

寝てる間に針を刺されても、大したことないと思う主人公は、どんなひどい生活を送ってきたんでしょうか…。

 

しかし、自由に言葉を発することもできない、文句も言えないっていうのはキツイですね。

顔を洗うのには溜めてある水だし、食事はひどいものだし、最初からこれって今後どうなっていくんでしょう。

ペネロペ・エカルトは、ハッピーなエンディングを迎えるのが相当難しいようなので、主人公には選択肢を間違えず、命を落とさずに、ゲームの中でも幸せになってほしいです。

悪役のエンディングは死のみネタバレ2話最新話と感想!悪役になる!?まとめ

「公女様のラブラブ・プロジェクト」という攻略ゲームのハードモードをプレイしている主人公。

ハードモードは、ノーマルモードとは違い、悪役のペネロペ・エカルトの立場でゲームを進めて行きます。

何度もゲームオーバーになり全然クリア出来ずに朝を迎え、主人公は眠ってしまいました。

 

目を覚ますと、自分の家ではないこと、自分が悪役のペネロペ・エカルトになっていることに気づきます。

ゲームの中なので、選択肢がなければ自由に言葉を発することはできません。

ゴミのような朝食を出されてびっくりし、そこで3つの選択肢が出てきて、2話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!