悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ23話最新話と感想!イクリスを落札

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

奴隷のオークション会場に入った主人公。

イクリスが登場し、ショーと題して、イクリスの前に狂犬が放たれました。

「悪役のエンディングは死のみ」23話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ23話最新話と感想!イクリスを落札

ショーの結果

イクリスの前に狂犬が3匹放たれている状況に、主人公は理解が追いつきません。

イクリスは木刀を持ち、服もまともには着ていない状態です。

 

それに加え、手足は拘束されたままで自由に動かすことは出来ません。

イクリスの命が危ないと思った主人公は、今すぐにイクリスを買うと叫ぶかどうか迷いました。

 

1匹の狂犬がイクリスに襲いかかります。

イクリスはすかさず反応し、木刀を狂犬の首元に突き刺しました。

2匹目、3匹目も襲ってきますが、同様に木刀を突き刺しています。

 

狂犬の攻撃をかわしながら、上手く迎え撃っているイクリスに主人公は感心しました。

会場では拍手の音がパチパチと響いています。

 

するとイクリスは他のスタッフたちに襲い掛かろうとしました。

イクリスに電気がビリビリと流れ、イクリスは気を失います。

イクリス入札開始

50万ゴールドから入札が開始されました。

今までの奴隷とは、桁が全然違います。

ある人物が、1千万ゴールドと叫びました。

 

もう入札する人はいないだろうという雰囲気の中、主人公は1億ゴールドで入札します。

大きな金額に、会場がざわつき、司会者も一瞬固まりました。

1千万ゴールドで入札した人物もとても驚いているようです。

 

主人公は元々、最高値の10倍で落札する予定でした。

命がかかってるのですから、1億ぐらいはどうってことはありません。

イクリスは1億で落札されました。

イクリスとご対面

主人公は会場の裏へ呼ばれ、イクリスの前に案内されます。

イクリスは檻の中で鞭で叩かれ、ひどい扱いをされていました。

上半身は裸のままなので、身体は傷だらけです。

 

支払いは公爵からもらった小切手で行いました。

スタッフから主人の証である指輪を渡されます。

指輪を押すと、イクリスがつけているチョーカーから電流が流れるという魔法がかけられているようでした。

 

さっきスタッフに襲い掛かろうとしたイクリスを鎮めるために、舞台で使用したのもこの指輪です。

使いすぎると命が危ないというスタッフの言葉に、主人公は戸惑いました。

 

すると後ろから叫び声が聞こえてきます。

主人公が振り返ると、イクリスが自分の足でスタッフの首を絞めていました。

悪役のエンディングは死のみネタバレ23話感想

イクリスは手足も拘束され、真剣ではなく木刀を持ち、何もかも不利な状況でしたが、襲ってくる狂犬に対して無傷で終わりました。

イクリスは自分が不利な状況であっても圧倒的に強いんですね。

 

通常であったら、狂犬に噛みちぎられて命を落として終わるはずです。

強いからこそオークションのスタッフたちは扱いに困っているようでした…。

 

電流を流して麻痺をさせるような装置をつけているって、残酷です。

イクリスのチョーカーには魔法がかけられていて、それで電流が流れるようですが、この世界に魔法があるということを初めて認識しました。

 

前回の話では、イクリスの顔しか見えませんでしたが、23話では全身が見れましたね。

裏では鞭をたくさん打たれていたようで、傷だらけです…すごく痛そうです。

 

主人公は絶対イクリスをこんな扱いしないと思うので、イクリスを落札することができてよかったと思いました。

でも、この狂犬のようなイクリスを手名付けるのも大変そうです。

 

スタッフに襲いかかるんですよ?

でも、できれば、主人公にはイクリスに電流を流して欲しくないですね。

悪役のエンディングは死のみネタバレ23話最新話と感想!イクリスを落札まとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」23話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イクリスは狂犬を木刀で向かい撃ってショーは終わり、その後主人公が1億で落札。

オークション会場の裏に案内されて支払いを終えた後、イクリスが他のスタッフの首を絞めているところを主人公が見て、23話は終了です。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!