怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ42話最新話と感想!公女生活スタート

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」42話のネタバレと感想をまとめてみました!

裁判から一夜明け、朝食にはレスリーの好きな料理が並び、レスリーのために新しい部屋が用意されます。

幸福感に満たされるレスリーですが、公爵から契約の話が出ると冷静になりました…。

怪物公爵と契約公女42話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ42話最新話と感想!公女生活スタート

叔父からの手紙

叔父の手紙には、もし事故がなかったら今でもスペラード家でムチを打たれて生きていただろうと書いてありました。

体罰を受けても、レスリーと同様、家族に愛されたいという気持ちでいたそうです。

だから、自分でスペラード家から逃げ出し、公爵に助けを求めたレスリーを叔父は尊敬しました。

 

叔父は、今でも首都や、父、兄が怖いので出向きたくなかったそうなのですが、レスリーが必死で助けを求めているのだから、スペラード家に連れ戻されることがあってはならないと思い、裁判に出廷したとのことです。

レスリーは、涙を流しながら叔父の手紙を抱きしめました。

裁判の翌日

食堂に行くと、皆がレスリーを自分の隣に座らせようと取り合いをします。

今日は父の隣、明日はルーエンティの隣に座ることになりました。

公爵が、今日はレスリーに見せたいものや紹介したい人が沢山いる、とのことです。

 

食事の後、執事がレスリーの新しい部屋に案内しました。

図書室や寝室のほか、用途が決まっていない部屋が一つあります。

使い方は、これからレスリーがゆっくり考えることになりました。

公爵の執務室

公爵は、昨日の裁判で王子とエリーの婚約は破談になると思っていたのですが、そうはならなかったようです。

太后は何を考えているのかと不審に思いますが、自分としては守護者としてやるべきことをやるだけで、太后の考えを理解する必要はないと考えました。

 

そこへ、呼んでいたレスリーが入って来ました。

レスリーはココアを飲みながら、公爵と初めてこの場で対面したときのことを思い出しています。

 

公爵はにこやかに、レスリーの口の端に着いたココアを拭いてやりながら、話を始めました。

レスリーとの契約条件についての話です。

 

それを聞いて、レスリーは今まで浮かれていた気持ちから、冷静に戻りました。

自分がサルバトール家にいるのは契約だということを思い出したのです。

 

18になったらサルバトール家を出ると約束した契約を変えることはできないのだろうか、とレスリーは考えました。

公爵がレスリーにしてもらいたいこととは、祝福の日に公爵の娘として神殿に入ることだと言うのですが…。

怪物公爵と契約公女ネタバレ42話感想

神殿に入るというのは、司祭になる、ということでしょうか?

どういう目的なのでしょう?

守護者としての役割を考えると、国のため、ということになりますね。

 

公爵がこのような話をするというのは、多分他の家族も承知でしょうから、レスリーにとって悪い話ではないのでしょう。

でも、公爵の考えが全く分からないので、今の時点では何とも言えないです。

 

レスリーは、公爵が契約の話を持ち出したので、契約のためにレスリーを養女にとったのだと思い出し冷静になりました。

でも、家族全員がレスリーのことが可愛くてたまらないのを、レスリーは感じているはずです。

愛情がたっぷりある上での契約だということを忘れず、自信を持って欲しいです。

怪物公爵と契約公女ネタバレ42話最新話まとめ!公女生活スタート

今回は怪物公爵と契約公女42話のネタバレと感想を紹介しました!

正式にサルバトールになり幸せ一杯のレスリーですが、公爵から契約の話をされて我に返ります。

公爵は、レスリーに公爵の娘として神殿に入って欲しいと言いました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!