怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ41話最新話と感想!太后の影

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」41話のネタバレと感想をまとめてみました!

正式にサルバトールの養女になり、この上ない幸福感に浸るレスリー。

しかし、太后がレスリーについて調べ始めました…。

怪物公爵と契約公女41話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ41話最新話と感想!太后の影

太后の庭園

太后は庭園で薔薇の花を切りながら、スペラード侯爵が裁判に負けたという報告を受けていました。

傍らのテーブルではデビエンがお茶を飲んでいます。

サルバトールの使用人二人と、デビエンを侯爵側の証人につけてやったのに、と太后は思いました。

 

デビエンが、公爵はどうやって自分の証言を覆したのかと尋ねると、侍女がコンラッドの神力によるものだと答えました。

デビエンは、レスリーに「ちょっとしたいたずら」をしたのだと太后に説明します。

コンラッドは相当な苦痛だっただろう、とデビエンは言いました。

 

太后は、なぜサルバトールが養女を迎えたのか、何を企んでいるのかが気がかりでした。

わざわざ裁判に応じてまでスペラードの次女を養女にする理由が想像できません。

太后の侍女は、レスリーについて詳しく調べてみることにしました。

アイテラ公爵邸

コンラッドは、裁判で神力を使ってサルバトール公爵の味方をしたことで、父の大公から叱責を受けていました。

大公は、マディア太后がスペラード侯爵の後ろで糸をひいていたことを気にしているようです。

 

コンラッドは、自分の判断は正しかったと主張しますが、大公はレスリーの神学講師の件を許可したことも間違いだった言って怒っています。

大公は、先日貿易船が沈没したため気が立っているのだろうとコンラッドは思いました。

 

コンラッドを見つけて、弟のフリートが駆け寄りました。

幼い弟を見ていると、コンラッドの目にはレスリーが重なります。

レスリーを泣かせたくないと思ったのは、フリートと重ねていたからだろう、とコンラッドは思いました。

最高の一日

祝福の儀が終わり、レスリーは見守っていた家族と共に屋敷に戻りました。

屋敷では、みんながレスリーの祝福の名を喜んでくれています。

 

ベッドに入っても、レスリーは嬉しさのあまり疲れを忘れ、眠気も吹き飛んでしまいました。

そして、枕元に証言してくれた叔父からの手紙を置いていたのを思い出します。

レスリーは手紙をもって机に行き、手紙を開封しました。

怪物公爵と契約公女ネタバレ41話感想

コンラッド、レスリーのために裁判で痛い目に遭ったのに、またお父さんにぶたれるなんて可哀想…。

でも、冷静にきちんと自分の正当性を主張するコンラッドって、精神的にも身体的にも、見かけによらずめちゃくちゃタフなんですね。

サルバトール公爵と同じくらい、カッコいいです!

 

でもまさか、コンラッドがレスリーを助けた理由が、幼い弟と重ねていたからとは。

力の弱いものを助けたいという本能なのでしょうか。

それにしても、レスリーに対してはそれ以上の感情がありそうな気がします。

 

父のアイテラ公爵も黒幕は太后だと分かっているようです。

皇帝も、2人の公爵たちも警戒する太后とは、一体何を目的に、何をしようとしているのでしょう。

 

レスリーの闇の力のことは、ほどなく太后に伝わるでしょう。

そうしたらレスリーに何を仕掛けてくるのか…、怖いです…。

怪物公爵と契約公女ネタバレ41話最新話まとめ!太后の影

今回は怪物公爵と契約公女41話のネタバレと感想を紹介しました!

コンラッドは、サルバトール家に味方したことで父の大公から叱責を受けますが、自分の行為の正当性を主張します。

一方太后はサルバトール公爵がレスリーを養女に迎えたことを不審に思い、レスリーのことを探り始めました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!